魚種別釣りガイド

【動画】ダイワ鮎マスターズV3!上田弘幸さんの新釣法をドローン撮影で分析 「強制ボルダリング引き」

上田弘幸さんの優勝で幕を閉じた33回目の「ダイワ鮎マスターズ」。3度目の頂点に立った上田さんの新釣法「強制ボルダリング引き」をドローン空撮で分析しました。

編集部 2020年1月9日

年末年始にチャレンジしたい船釣りターゲット5選

年末年始の休暇に新しいターゲットに挑戦したいという方や、船釣りデビューをしてみたいという方向けにおすすめの船釣り対象魚の入門記事を集めてみました。

まさに今がシーズンのおすすめターゲット

つり人オンライン=まとめ

編集部 2019年12月30日

初心者必見 オキアミの付け方/メジナ釣りトーナメント名手が解説

『つり人』本誌でおなじみのメジナ釣りトーナメンター、友松信彦さんがオキアミの付け方を解説。大会でも誰もが真似できるシンプルなエサ使いで大型メジナを次々に釣りあげる友松さんの技をここに公開!

編集部 2019年12月17日

大阪湾のテンヤタチウオ釣り徹底解説! 道具から誘い方まで

冬の大阪湾で人気ナンバーワンを誇るのが「テンヤタチウオ」。テンヤと呼ばれるオモリとハリが一体となったフックに、エサをセットするだけの誰にでも扱いやすい仕掛けでねらえる反面、誘い方によって釣果に差が出る奥の深さが人気の理由。関西船釣り界の名物男「沖猿」こと菊池雄一さんにテンヤタチウオを1から100まで徹底解説してもらいました。

7~3月までロングランで楽しめる大阪湾の人気No.1ターゲット!

写真と文◎高崎冬樹、解説◎菊池雄一

編集部 2019年12月12日
もっと読む

美味しい鮮魚料理

【動画】ニジマスのさばき方【塩焼き】

釣り場の流しでもすぐできる! 手際よくワタを取り串を打つ方法

釣り場の流しでもすぐできる! 手際よくワタを取り串を打つ方法

つり人オンライン=まとめ

編集部 2019年5月31日

テナガエビ料理/下処理・から揚げ・鬼殻焼き

釣るだけじゃもったいない!

釣るだけじゃもったいない!

写真と文◎葛島一美

編集部 2018年5月31日

野の自然食・山菜図鑑/コシアブラ

雪解けを迎えた春の渓。河畔林の足もとや山肌に目を凝らすと、芽吹きを迎えた多くの山菜を見つけられる。なかでも見つけやすく食べやすい、おすすめをピックアップ。

軽い食感で人気上昇中

写真と文◎浦壮一郎

編集部 2018年4月16日

野の自然食・山菜図鑑/ウド(ヤマウド)

雪解けを迎えた春の渓。河畔林の足もとや山肌に目を凝らすと、芽吹きを迎えた多くの山菜を見つけられる。なかでも見つけやすく食べやすい、おすすめをピックアップ。

釣りとの相性ぴったり

写真と文◎浦壮一郎

編集部 2018年4月12日
もっと読む

全国おすすめ釣り場

北海道・標茶町/塘路湖のワカサギ釣り

岩手県岩洞湖はシーズン初期から大型ねらいが可能なワカサギ釣り場です。例年1月中旬から解禁となる氷上釣りを紹介します。

2種のネイティブワカサギが棲む湿原の海跡湖

レポート◎小林亮

編集部 2020年1月8日

秋田県・男鹿半島のメバル・プラッギングゲーム

真冬の人気ターゲット、メバル。厳しい寒さの東北エリアでおすすめのメバル釣りスポットが秋田県の男鹿半島周辺です。

極寒の果てにある楽しさ

協力◎二田誠

編集部 2020年1月6日

千葉県いすみ市・大原のメジナ&クロダイ釣り ほかマダイ、サヨリも期待大

外房エリアの磯釣りでおすすめなのが大原のママ岬。アタリは少ないものの、食ってくればデカイというメジナのほか、クロダイやマダイも期待できる好ポイントです。今回は「コスタフィッシングサービス」を営む井上宗紀さんにこの磯を案内してもらいました。

アタリは少ないものの、食ってくればデカイ

レポート◎上坂哲史

編集部 2020年1月6日

静岡県沼津市・戸田港のトップウォーターメバルゲーム

関東や東海からも大勢の釣り人が足を運ぶメバリングのメッカ・伊豆半島。そのなかでも沼津市の戸田港は港湾でありながら尺メバルがねらえる好スポットです。

トップウオーターで尺メバルがねらえる伊豆半島屈指のポイント

レポート◎伊藤 巧

編集部 2020年1月3日
もっと読む

釣り場を守る 環境レポート

ダムか遊水地か? エビデンスをもとに有効性を比較検証/レポート・暴れ川にどう備える? 後編

編集部 2020年1月10日

激甚災害・台風19号が明らかにしたこれまでの治水対策の問題点/レポート・暴れ川にどう備える? 前編

編集部 2020年1月10日

自然に人の手を加えることの是非 「手助け」でもダメなのか? :後編

人間の都合で持ってきた生きものを、同じく人間の都合で、今度は駆除する……。 外来種というのは、本当に駆除すべきワルモノなのか?

自然に人の手を加えることの是非 「手助け」でもダメなのか? :前編

人間の都合で持ってきた生きものを、同じく人間の都合で、今度は駆除する……。 外来種というのは、本当に駆除すべきワルモノなのか?

もっと読む

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!