魚種別釣りガイド

クロダイ(チヌ)は足もとにいる!ヘチ釣り入門その3(全3回)

近年個体数が増えたのか、身近な存在になってきたクロダイ。全国で楽しまれている落とし込み釣りの中でも堤防際にエサを落とすヘチ釣りは東京湾が発祥。特有の道具を使ったり、エサにこだわったり、と魅力は数多くあるが、足もとという距離の近さで大ものが釣れる可能性があることが何よりの魅力。身近な釣り場で、シンプルな道具立てで、クロダイが釣れる。

接近戦がおもしろい!ヘチ釣りを始めよう

文◎高木翔太 写真◎編集部
こちらの記事は月刊『つり人』2021年8月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

編集部 2022年5月25日

クロダイ(チヌ)は足もとにいる!ヘチ釣り入門その2(全3回)

近年個体数が増えたのか、身近な存在になってきたクロダイ。全国で楽しまれている落とし込み釣りの中でも堤防際にエサを落とすヘチ釣りは東京湾が発祥。特有の道具を使ったり、エサにこだわったり、と魅力は数多くあるが、足もとという距離の近さで大ものが釣れる可能性があることが何よりの魅力。身近な釣り場で、シンプルな道具立てで、クロダイが釣れる。

接近戦がおもしろい!ヘチ釣りを始めよう

文◎高木翔太 写真◎編集部
こちらの記事は月刊『つり人』2021年8月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

編集部 2022年5月25日

クロダイ(チヌ)は足もとにいる!ヘチ釣り入門その1(全3回)

近年個体数が増えたのか、身近な存在になってきたクロダイ。全国で楽しまれている落とし込み釣りの中でも堤防際にエサを落とすヘチ釣りは東京湾が発祥。特有の道具を使ったり、エサにこだわったり、と魅力は数多くあるが、足もとという距離の近さで大ものが釣れる可能性があることが何よりの魅力。身近な釣り場で、シンプルな道具立てで、クロダイが釣れる。

接近戦がおもしろい!ヘチ釣りを始めよう

文◎高木翔太 写真◎編集部
こちらの記事は月刊『つり人』2021年8月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

編集部 2022年5月25日

東京都/旧江戸川 ハードルアーで釣る河川のクロダイ(チヌ) その3(全3回)

「旧江戸川では季節を問わずクロダイが釣れます」と言う加藤さん。使いこなすルアーはプラグやメタルのハード系がほとんど。それはなぜか? 根が荒い釣り場でクロダイが口を使うレンジのキープ、スピードの調整をしやすいからだ。そしてなんと、この大都市河川で60cm オーバーも手にしている。ロクマル、いや70cm という衝撃の魚を夢見て使うハードルアー。その使用法に迫った。

流れのある河川でクロダイ(チヌ)を釣るには、ハードルアーが有利!

写真と文◎編集部
こちらの記事は月刊『つり人』2021年8月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

編集部 2022年5月24日
もっと読む

全国おすすめ釣り場

和歌山県/串本大島のアオリイカを釣って食べる!食べる編

冬の終わりから春の始まりにかけては海の中が大きく変わろうとするタイミング。 産卵のため捕食のため岸寄りに集まるターゲットの数と種類が増える。 そしてこれから初夏にかけてますます身が美味しくなる魚もいる。 適度なキープで海の恵みを美味しくいただきます!

食いしん坊ルアーマンが実釣!実食!

レポート◎岡 隆之
こちらの記事は月刊『つり人』2021年6月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

編集部 2022年5月23日

和歌山県/串本大島のアオリイカを釣って食べる!釣る編

冬の終わりから春の始まりにかけては海の中が大きく変わろうとするタイミング。 産卵のため捕食のため岸寄りに集まるターゲットの数と種類が増える。 そしてこれから初夏にかけてますます身が美味しくなる魚もいる。 適度なキープで海の恵みを美味しくいただきます!

食いしん坊ルアーマンが実釣!実食!

レポート◎岡 隆之
こちらの記事は月刊『つり人』2021年6月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

編集部 2022年5月23日

神奈川県/城ヶ島・水っ垂 三浦半島で見つける穴場 シケ日に輝く 小磯のクロダイ その3(最終回)

都心から1 時間で本格的な磯釣りが楽しめる三浦半島。休日になるとメジャー釣り場はよほどの悪天候でない限り満員御礼となってしまう。そこで三浦をホームグラウンドにするベテランの穴場捜しを拝見!

穴場を見つける思考法

写真と文◎上坂哲史

こちらの記事は月刊『つり人』2021年6月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

編集部 2022年5月18日

神奈川県/城ヶ島・水っ垂 三浦半島で見つける穴場 シケ日に輝く 小磯のクロダイ その2(全3回)

都心から1 時間で本格的な磯釣りが楽しめる三浦半島。休日になるとメジャー釣り場はよほどの悪天候でない限り満員御礼となってしまう。そこで三浦をホームグラウンドにするベテランの穴場捜しを拝見!

穴場を見つける思考法

写真と文◎上坂哲史

こちらの記事は月刊『つり人』2021年6月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

編集部 2022年5月18日
もっと読む
もっと読む

美味しい鮮魚料理

『一生幸せになれる料理147お魚イラストレシピ大百科』の魅力 最終回(全2回)

長引くコロナの影響もあり、いっそう注目されている「家食(いえしょく)」の充実。小社から発売中の『一生幸せになれる料理147 お魚イラストレシピ大百科』が好評だ。釣りファンはもちろん、一般のお客さんに日々接している書店員さんからも「これは楽しいです」と多くの引き合いをいただいている。手に取れば〝幸せになる〟その特徴をご紹介したい。

イラストで楽しめる魚料理の本。

こちらの記事は月刊『つり人』2022年6月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

編集部 2022年4月27日

『一生幸せになれる料理147お魚イラストレシピ大百科』の魅力 第1回(全2回)

長引くコロナの影響もあり、いっそう注目されている「家食(いえしょく)」の充実。小社から発売中の『一生幸せになれる料理147 お魚イラストレシピ大百科』が好評だ。釣りファンはもちろん、一般のお客さんに日々接している書店員さんからも「これは楽しいです」と多くの引き合いをいただいている。手に取れば〝幸せになる〟その特徴をご紹介したい。

イラストで楽しめる魚料理の本。

こちらの記事は月刊『つり人』2022年6月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

編集部 2022年4月27日

絶品を釣る!冬のおすすめ魚料理 ~長崎県男女群島・アラの空揚げ編~

冬になると思い出すあの味。寒さが極まるほど旨くなる魚。この時期ならではの釣りの楽しさ。とっておきの寒の味はまさに十人十色。今回は佐賀県鹿島市の「マブナのふなんこぐい」をご紹介します。

旨味を含んだ脂が口一杯に広がる上品な味わい

解説◎常岡絋次(つねおか・こうじ)
この記事は月刊つり人2021年3月号の記事を再編集しています

編集部 2022年1月11日

絶品を釣る!冬のおすすめ魚料理 ~ 佐賀県鹿島市・マブナのふなんこぐい編~

冬になると思い出すあの味。寒さが極まるほど旨くなる魚。この時期ならではの釣りの楽しさ。とっておきの寒の味はまさに十人十色。今回は佐賀県鹿島市の「マブナのふなんこぐい」をご紹介します。

脂が乗った上身とポン酢の相性抜群!薬味のニンニクで箸が止まらない

解説◎田代俊一郎(たしろ・しゅんいちろう)
この記事は月刊つり人2021年3月号の記事を再編集しています

編集部 2022年1月10日
もっと読む

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。