編集部2017年10月26日

イイダコ料理/魚醤しゃぶしゃぶ

美味しい鮮魚料理 料理-イイダコ

魚醤の香り、好きな具材とともに小鍋でいただく一人鍋。10秒足らずで火を通せるイイダコにはちょうどよい!

小鍋でいただくひとり鍋

葛島一美◎料理・文・写真

魚醤の香り、好きな具材とともに小鍋でいただく一人鍋。10秒足らずで火を通せるイイダコにはちょうどよい!

この記事は『つり人』2016年12月号に掲載したものを再編集しています。

材料
イイダコ
いしるなど魚醤
水菜
長ネギ
昆布
七味トウガラシ


鍋に水を張って昆布1枚。魚醤は好みで濃淡を加減し、沸いてきたら準備OK。日本の魚醤は北陸のいしる、秋田のしょっつるなどがある
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (73)

下処理済みのイイダコは良型なら縦半割り。水菜は長さ5~6㎝、長ネギは薄めの斜め切りに切る。しゃぶしゃぶするのは10秒くらい。好みで七味トウガラシを振って召し上がれ
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (74)

2017/10/26

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!