編集部2017年10月26日

イイダコ料理/魚醤しゃぶしゃぶ

美味しい鮮魚料理 料理-イイダコ

魚醤の香り、好きな具材とともに小鍋でいただく一人鍋。10秒足らずで火を通せるイイダコにはちょうどよい!

小鍋でいただくひとり鍋

葛島一美◎料理・文・写真

魚醤の香り、好きな具材とともに小鍋でいただく一人鍋。10秒足らずで火を通せるイイダコにはちょうどよい!

この記事は『つり人』2016年12月号に掲載したものを再編集しています。

材料
イイダコ
いしるなど魚醤
水菜
長ネギ
昆布
七味トウガラシ


鍋に水を張って昆布1枚。魚醤は好みで濃淡を加減し、沸いてきたら準備OK。日本の魚醤は北陸のいしる、秋田のしょっつるなどがある
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (73)

下処理済みのイイダコは良型なら縦半割り。水菜は長さ5~6㎝、長ネギは薄めの斜め切りに切る。しゃぶしゃぶするのは10秒くらい。好みで七味トウガラシを振って召し上がれ
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (74)

2017/10/26

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。