川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

イナダ料理/2色丼

2種類の味が楽しめるお手軽どんぶり

石井ちか江◎講師、山口充◎写真
kakomi_main_MG_9373_FD_1604
今回はお手軽に釣れて魚屋さんでも手に入りやすいブリの子ども「イナダ」を使って料理。2種類の味が楽しめるお手軽2色丼!

この記事は『つり人』2016年6月号に掲載したものを再編集しています。

イナダの刺身となめろうの二色丼

材料

イナダ(ブリの切り身、柵でも可能)
お醤油
味噌
砂糖
ごま油

すし酢
ご飯
小ねぎ


kakomi_01_MG_9196_FD_1604 kakomi_01#_MG_9212_FD_1604 イナダのウロコを落とし、三枚に下ろす。身が厚いので背骨に沿ってなぞるようにしていくときれいに取れる


kakomi_02_MG_9256_FD_1604 腹骨をすきとり刺身にしやすいように柵取りする


kakomi_03_MG_9265_FD_1604 中骨に残った身をスプーンなどで削ぎ取る。頭の部分などにも身があるので無駄なく取る。これが「中落ち」になる


kakomi_04_MG_9270_FD_1604 kakomi_04#_MG_9337_FD_1604 柵にした身の皮を剥がし、お刺身状の切り身を作る


kakomi_05_MG_9312_FD_1604 中落ちの身に、味噌、醤油、ごま油、砂糖を足して叩く


kakomi_06_MG_9353_FD_1604 酢飯を作り、刻みのりを散らし身を載せていく


kakomi_07_MG_9361_FD_1604 卵黄を載せて小ネギを散らして完成

114_119_sabakikata_cs6 (84) 解説=石井ちか江
神奈川県横浜市在住。東京湾や相模湾で釣りを楽しみながら、釣った魚の美味しい料理法を日々研究。和洋中の枠にとらわれず、限られた時間でも簡単に作れたり、子どもが喜ぶ家庭料理を得意にしている

2017/4/25

最新号 2018年5月号

特集は「“野営”と“川釣り”道具学 山里キャンプ」。
焚き火は見つめる人の心をピュアにする。
薪がはぜる音、揺れる炎の持つ不思議なほどの安らぎ。
その暖かさの横で聞く、川のせせらぎもまた格別だ。
自然を五感で味わう、おそらくもっともぜいたくな野営スタイルの1つ。
今号では、本州最南渓の古座川でのキャンプ、アウトドア・コンシェルジュに訊く
自分流キャンプの作り方、最新アウトドアグッズ、早春の里川渓流攻略10の心得、
泊まりで行きたい春渓流……などを取り上げている。
そのほか、乗っ込みの好機到来のクロダイ、マブナ、
沖釣りではマダイ、カサゴ、タチウオなど旬の釣りをお伝え。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中