編集部2018年4月10日

野の自然食・山菜図鑑/コゴミ(クサソテツ)

美味しい鮮魚料理 山菜図鑑

雪解けを迎えた春の渓。河畔林の足もとや山肌に目を凝らすと、芽吹きを迎えた多くの山菜を見つけられる。なかでも見つけやすく食べやすい、おすすめをピックアップ。

調理が簡単で食べやすい

写真と文◎浦壮一郎

雪解けを迎えた春の渓。河畔林の足もとや山肌に目を凝らすと、芽吹きを迎えた多くの山菜を見つけられる。なかでも見つけやすく食べやすい、おすすめをピックアップ。

070-075-sansai_cs6 (9) イワデンダ科クサソテツ属
分布:北海道・本州・四国・九州
生育地:里山から低山帯。渓流沿いの湿った地面に多い
食べ頃:4~6月(地域や標高による)


 シダ植物の仲間としては、ワラビとともに人気の高い山菜。

 正式な名はクサソテツだが、一般にはコゴミのほうがよく知られている。里山や低山帯、渓流沿いで適度に湿り気があり、かつ陽当たりのよい場所に多く見られる。先端が渦を巻いた若い芽が食用とされる。

 特徴はゼンマイやワラビのような強いアクがないこと。そのため面倒なアク抜きをしなくても食べられるのがいい。極端なことをいえば生のままでも食べられるが、一般的には軽く1~2分ほど塩茹でしたのちに胡麻和えやおひたしにする。マヨネーズを付けるだけでも充分美味しいし、味噌汁にも合う。天ぷらの場合は下茹での必要はなく、軽く水洗いすればOKだ。

 ひと株から5~8本ほどの茎が伸びているのが普通だが、採取する際は数本残しておくのがマナー。すべて刈り取ってしまうと枯れてしまうからだ。

 場所にもよるが、旬は4~6月。低山なら春の早い時期、少し標高のある場所や雪渓が残る渓沿いなどは6月初旬まで楽しむことができる。

 アウトドア用の小さなワンバーナーとすり胡麻、またはマヨネーズを持参すれば、日帰り釣行でも春を満喫することができる。

070-075-sansai_cs6 (10) 見事な群生もよく見かける


2018/4/10

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!