編集部2022年6月14日

『SEABASS Life NO.13 夏号』 6月15日発売!

月刊つり人ブログ

今回の特集は【マッチ・ザ・ベイトの新常識】。シーバスが捕食するエサに合わせてアプローチを組み立てるマッチ・ザ・ベイト。言葉では分かっていても、どこをどのように合わせるのか、何を似せることが重要なのか? 

【特集】マッチ・ザ・ベイトの新常識

maxresdefaulta

定価:1,540円(税込)
A4変型判116ページ

 今回の特集は【マッチ・ザ・ベイトの新常識】。シーバスが捕食するエサに合わせてアプローチを組み立てるマッチ・ザ・ベイト。言葉では分かっていても、どこをどのように合わせるのか、何を似せることが重要なのか? すべてのアングラーが知りたいこの釣りの新常識を深掘り。会心ゲームを満喫するためのヒントをクローズアップします。このほか特別企画として「短い時間で楽しむシーバスフィッシング」「夏こそ雨後が面白い」「夏の湾奥河川の釣り」など、新たなシーバスライフを楽しむための最新情報満載でおとどけします。

SEABASS Life NO.13 夏号
B09ZCX82Y8


楽天ブックスでのご注文はこちら!
ヨドバシ.comでのご注文はこちら!

コンテンツ

012
特集 マッチ・ザ・ベイトの新常識
CS-001-SEABASS13

014
マッチ・ザ・ボトムベイト 遠藤真一
CS-002-SEABASS13

023
水面引き波の『アガケ』一本勝負 田上明茂

031
フォールとスライドの相互関係 橋本康宏
CS-003-SEABASS13

038
ベイトに合わせた捕食モードの存在 福井悠太

040
プレッシャーを与えにくいマッチ・ザ・サイズ 木暮 颯

042
ベイトの何にマッチさせるのか? 浅川和治

046
涸沼水系のマッチ・ザ・ベイト 檜山敏崇
CS-004-SEABASS13

053
『シーバス釣りすごいベーシック53』がなぜベイトフィッシュの紹介にここまでのページを割いているのか?
CS-005-SEABASS13

特別企画
056
ランカーハンターの相棒 久保田剛之

060
妥協なき掛け心地とレンズクオリティー

連載
005 生活をシーバスとともに。若林 輝
第十三回 近道できて長く楽しめる入門書

007 あの時、あの瞬間。 松本賢治
第十三回 自然界と同期して人間力をアップ

008 SEASON LURES5
この時期、釣る人が用意する厳選ルアー
VOL.5 5〜6月のシラスパターンを制するルアー 森 大介

062
HOW TO DO BIG BAIT SEABASS イチからビッグベイトシーバスをはじめるために。 衣川真吾
第5回 チューンをする前に知っておくべきこと

068  STEP by STEP forシーバスフィッシング 
雨の日がチャンスである理由を読み解く!
夏の雨がプラスに働くメカニズム
米澤弘通

072  STEP by STEP forシーバスフィッシング
カジュアル&スタイリッシュに短時間の釣りを楽しむ
夏のライトスタイルシーバスゲーム 前田大介

076  STEP by STEP forシーバスフィッシング
各地のショップがロコなベイトパターンを紹介
釣れる夏のマッチ・ザ・ベイトパターン
各地のショップ担当者

080 今月のピックアップNEWS

083 LUNKER IS HERE! Vol.08
ブレーキの掛かるペンシルの正体
STOP AT RIPPLES 宇津木善生×濱本国彦

090 ビッグベイト、真実の報告。
BIG BAIT BRIEFING
第13回 橋本隆志
ターゲットはテリトリー意識の高い個体

098 湾奥ゼミナール 大野ゆうき
Vol.13 夏の港湾と川の釣り

102
ON BOAT!
第12回 天候で激変する夏のヒットパターン
須江一樹

107
キャスティングプレゼンツ!
旬のシーバスルアーインプレッション
キャスプレ!
第12回 夏こそデイゲーム! マイクロベイトから大型ベイトまで多彩に攻略

112 Shall We PHOTO? カッコいいシーバス写真の撮り方 松本賢治
第十三回 
動き回るアングラーとシーバスにどうピントを合わせていくのか?
ピントを合わせる位置
ピントを合わせる意味
カッコいいシーバス写真は
ピントにも意味がある

※連載「Time to Release シーバスのための自由な時間の過ごし方」今月お休みとなります。


おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。