川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

カジカ釣り/群馬県・神流川 “カジカマンション”をねらい撃ち

おすすめ時期:8~9月(解禁期間要確認)

千島克也◎レポート 
108-115kajika_cs6 (1)_1 最初は正直なところ乗り気ではなかったが、やってみると想像を越える面白さにすっかり夢中になってしまったワタシ

アユ釣りで有名な神流川。水質は良好で、釣れるアユは美味。それならカジカも美味なはず。ということで渓流&アユ釣りファンが集まり、カジカ釣りに挑戦してみた。
この記事は『つり人』2016年10月号に掲載したものを再編集しています。

アユ釣りをしていて掛かったことはあるが…


 食べて美味しいカジカを求め8月7日、群馬県を流れる神流川・南甘漁協管内へ向かった。同行者は荒井さん、松本さん、黒澤さん。荒井さん、松本さんは普段から神流川でアユ釣りをしている。アユ釣りしていてカジカがたまに釣れるという話を2人から聞いた。また、神流川は水質もよいので、カジカの味も最高では? そんな運びで神流川へ行くことになった。ポイントにはアユ釣りをしていてカジカが掛かったという宮地橋の上流を選んだ。橋のすぐ上流から川へ降りる道があり、駐車スペースもしっかりしている。

 支度をしていると釣友の関谷さん、河合さんがアユ釣りにやって来た。話をすると河合さんもカジカ釣りをチャレンジするとのことで、5人でねらうことになった。箱メガネ片手にいざチャレンジ! 左手で箱メガネを持ちながら右手には自作した全長1mのサオ。仕掛けは全長10㎝。0・3号の通し仕掛けでハリは袖の3号。オモリはガン玉3Bをハリから3~4㎝の位置にセット。エサはスーパーで買った醤油漬けイクラを一粒付けた。

108-115kajika_cs6 (2)_1 マストアイテムが箱メガネ。サオは自作で、『鰍抜 超硬1M』と名前を付けてみた

p 108-115 tackle 01 chishima

釣れるパターンを発見


 箱メガネでまず石を捜し、石裏の穴を目がけてサオ先を水中に突っ込みイクラを垂らす。10秒ほどして次の石。そして次の石……。石がたくさん積まれ、いかにもいそうなポイントを発見した。そしてイクラを垂らすと底で何かが走った!

108-115kajika_cs6 (3)_1 カジカはこのように石の隙間でジッとし、エサが近くを通過するのを待っている

108-115kajika_cs6 (5)_1 穴から飛び出してエサを捕食する瞬間は何度見ても胸が高鳴る

 その瞬間、手もとにブルブルっと手応えが伝わり、サオを持ち上げるとカジカが掛かった。全長10㎝にも満たないサイズだが、エサに食いつく瞬間、サオに伝わる手応えは、はっきりいって楽しい。そしてポツポツと釣れ、カジカは向こうアワセでハリ掛かりすることが分かった。

 さらに、直径15~30㎝ほどの石が積み重なり、あまり流れの当たらない穴がポイントと判明。そのようなポイントでは同じ場所から数尾釣れることもあり“カジカマンション”と命名。他のメンバーもいい調子で釣れている。2時間半ほど釣りをしたところで全員集合。

 釣果を聞くと黒澤さんが25尾でトップ。私は20尾で2番手であった。そして全員の釣果を合わせると70尾! 釣りをした範囲は約100m。これだけのエリアにこれほどのカジカがいるとはさすが水質のよい神流川といったところだ。

 カジカ釣りをせずにいた関谷さんはアユ釣りを楽しんだ後、カジカの天ぷらを作ってくれた。カリカリに揚げた天ぷらに塩をかけて食べると香ばしくなんともいえない旨さが口の中に広がった。今日、集まったメンバー全員が口を揃えて言った言葉。それは「今度いつカジカ釣りやる?」。完全にカジカ釣りの魅力に取りつかれてしまった1日であった。

108-115kajika_cs6 (6) アユ釣りファンの荒井さんもすっかりカジカのとりこに

108-115kajika_cs6 (7)_1 良型をゲットしたのは松本さん

108-115kajika_cs6 (8)_1 渓相が明るいのでサオをだしていて気持ちがいい

108-115kajika_cs6 (9)_1 全員の釣果。1人あたり20尾ほど釣れた

108-115kajika_cs6 (10) 108-115kajika_cs6 (11) 納竿後は全員でカジカの天ぷらパーティー!

108-115kajika_cs6 (1) 交通●関越自動車道・本庄児玉ICを下りてR462を神流湖方面へ進み、宮地橋へ
問合先●南甘漁協(℡0274・57・3464)、解禁期間=要確認



2017/8/25

つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…

最新号 2018年8月号

特集は「お手軽度100%のおいしい野遊び“テナガエビ”と“ワタリガニ”」。
水面下でスーッと動きだすウキの先に期待する手応え。
おびき寄せた相手を網でからめとるという興奮。
お手軽だが、本当はやるほど真剣になる。
今が旬、これからが旬の、川と海のハサミの持ち主は、とびきりの食味というご褒美までくれる最高のターゲットだ。
釣り方からポイント紹介まで完全ナビゲート。

第2特集は「2018アユ釣り最新動向」。
岐阜県長良川を舞台に解説する激戦区の効率的シューティング、今注目のハチハン(8.5m)ロッドのインプレッション、
永久保存版の長良川郡上アユ釣り場MAPなど充実の内容でお届け。
夏休みにおすすめの離島の過ごし方も必見!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中