編集部2017年9月25日

ハゼ釣り/千葉・江戸川放水路

ハゼ 全国おすすめ釣り場 河川/湖沼 千葉

ハゼは都市部でも気軽に楽しめるターゲット。足場がよく良型もねらえる首都圏のチョイ投げ釣り場をセレクト。歩いて探る、置きザオで構える、どちらもよし。次の週末は童心に返れる心地よいアタリを堪能しよう。

東西線の鉄橋下に広がる護岸帯が釣り場。干潮時は干潟が露出する

ボート釣りのメッカでチョイ投げも

時田眞吉◎文・写真


ハゼは都市部でも気軽に楽しめるターゲット。足場がよく良型もねらえる首都圏のチョイ投げ釣り場をセレクト。歩いて探る、置きザオで構える、どちらもよし。次の週末は童心に返れる心地よいアタリを堪能しよう。

この記事は『つり人』2016年10月号に掲載したものを再編集しています。


 夏のハゼ釣り場として知られ電車で気軽に遊びに行ける江戸川放水路。ただ、10月の声を聞くと陸っぱりからの釣果はガクンと落ちる。理由はノベサオでは届かない深場にハゼが落ちるからだ。しかし、軽くチョイ投げでねらえば、まだまだ充分に釣果が得られる。

 おすすめは新行徳橋と東西線の鉄橋の間。周囲はボート店が軒を連ね、足場のよい護岸が広がる。ボート店ではアオイソメなどのエサに釣り具、また飲み物なども購入できる。

 干潮時は護岸の先が干潟となるので立ち込んでねらう。満潮時には護岸ギリギリまで水位が上がってくるので、足場のよい護岸からサオがだせる。

 ボート店で購入できる片テンビンに、2~3号のナス型オモリを装着し、自動ハリス止メにハリス付き袖バリの3号前後を15㎝ほどを引っ掛けてセット完了。エサはアオイソメ、キヂを短めのタラシでハリ付けする。

 当地はボート釣りのメッカ。川面を渡る心地よい風に吹かれて、のんびり水面に浮かんでの釣りも面白い。急にボートからの釣りがしたくなった場合も、道具は店でレンタルできる。また、ボートの発着する桟橋でも有料ながらサオがだせる。

047-048-choinage-tsuriba_cs6 (9) 秋が深まるほど釣れるハゼはサイズアップ!

047-048-choinage-tsuriba_cs6 (4) ●交通:東西線・妙典駅から徒歩15 分
●近隣の釣具店:上州屋江戸川店(℡ 03・3677・7157)


2017/9/25

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!