川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

マダラ釣り/青森県三戸郡・追越漁港出船 

近場で楽しむマダラジギング

協力◎坂下利助
092-103_zenkokutsuriba04-2_cs6 (17) 航程15分ほどの浅場で良型マダラがねらえる

この記事は『つり人』2017年4月号に掲載したものを再編集しています。

釣り場まではわずか15分


 この時期、東北の太平洋側では冬に産卵を終えたマダラが浅場に接岸しねらいやすくなる。本州北端・青森県においては、下北半島東岸の尻労沖や白糠沖が有名釣り場だが、近年は岩手県境に位置する階上沖も注目されている。地元の「さかした釣具店」店主・坂下利助さんによると、同地ではメタルジグを使用したジギングが年齢問わず人気が高まっているとのこと。

 この時期の階上沖の最大の魅力は、水深50~60mラインという浅場で深海魚のマダラがねらえること。さかした釣具店・第三浩丸の出船港である追越漁港からはわずか15分ほどで釣り場に到着する。

092-103_zenkokutsuriba04-2_cs6 (18) 陸地がすぐ見える場所がポイントだ

092-103_zenkokutsuriba04-2_cs6 (19) 第三浩丸船長の坂下利助さん

 マダラは底の根に着く魚。岩礁や人工魚礁などが入ったポイントをねらうため、根掛かりが怖いところではあるが、それほどタイトに底をねらわなくても釣れる。タックル設定や釣り方の基本を押さえられればほとんど仕掛けをロストすることもない。

 アベレージサイズは60~80㎝。この時期のマダラは産卵後とあって痩せている個体が多いものの、中にはその名の通りベイトフィッシュを鱈腹食っていてコンディションがよい個体や、産卵が遅れて白子や卵を持っている個体もいる。

092-103_zenkokutsuriba04-2_cs6 (21) 「ファイト中の重量感が堪らないです」とハマってしまう釣り人も多い

タックルはスロージギング用で


 近年は疲れにくく、やり取りを楽しめ、ゲーム性が高いライトタックル系のスロージギングが主流になってきている。

 ロッドは、適合ルアーウエイトが200g程度のスロージギング専用の物が望ましいが、パワー重視タイプよりはやや軟らかい掛け調子のものがバラシも少ない。リールはベイトタイプ、スピニングタイプともにロッドに合った小~中型の物を使用する。

 メインラインは、水流の抵抗の少なさと強度、耐摩耗性を両立するバランスを考慮するとPEの2号(リーダーは8~10号のフロロカーボンを5~10m結束)がベスト。これより太いラインを使用すると水中で受ける抵抗が大きくなる分ジグが流され、他の人と絡みやすくなってしまう。逆に細号だと、同船者同士でオマツリした時にラインブレイクする可能性が高まる。特に、マダラは群れていることが多く、2人、3人と同時ヒットしやすいだけにその可能性が高いので注意が必要だ。

092-103_zenkokutsuriba04-2_cs6 (2) 092-103_zenkokutsuriba04-2_cs6 (22) 基本的に高活性のため、ジグの形状、カラーにはそれほどこだわらなくてもよいが、シルバー&夜光、ゴールド&夜光のゼブラ系、シルバーグリーンバック系などが定番

メタルジグの使い分けとアクション


 メタルジグは水深や潮流の速さに合わせるため200gを基準に150~250gまで幅広く揃えておきたい。

 フックは、メタルジグのフロントとリアにダブルの段差式アシストフックを付ける。長さは2~5㎝でフロントが長めでリアは短めにする。フックの大きさは1~1/0番。底の起伏が激しく根掛かりしやすいような場所ではフロントのみのセッティングにしてもよい。

 釣り方は、メタルジグを着底させたらゆっくりとリフト&フォールで誘う。しばらくそれを続けてアタリがない時、またはベイトフィッシュの群れが入りマダラが浮いている時は、1ピッチ1ショートジャークで底から10m以上誘い上げてから再度着底させるとよい。

 この時期は基本的に底さえしっかり取れていればヒットしやすい。ポイントが港から近い浅場であることも含めてビギナーにおすすめの釣りだ。

 この浅場でマダラが釣りやすいシーズンは3月下旬頃まで続く。2月中旬時点で、釣果はやや低調。1人1~5尾とのこと。ターゲットの大きさを考えればこれでも充分だが、例年であれば5~10尾釣れるそうなので今後はさらに好釣果が期待できるだろう。

イチオシギア
まるふじ トリックベイトスリム(90mm、夜光) 092-103_zenkokutsuriba04-2_cs6 (24) メタルジグ単体で釣果が伸びない時のお助けアイテム。メタルジグの動きを損ねない細身タイプで、ジョイントリグのような動きとボリュームアップによりアピール度が高まる。また、バイトマーカーにもなりフッキング率も高めてくれる。フックは、適度な強度があり、万が一根掛かりした時に伸びて回収しやすいオフセットタイプを使用している。


092-103_zenkokutsuriba04-2_cs6 (20) お土産にぴったりの美味魚ウスメバルもヒット

さかした釣具店 092-103_zenkokutsuriba04-2_cs6 (25) 住所=青森県三戸郡階上町
道仏浜久保20
営業時間=5~19時
問合先=℡0178・89・2252


092-103_zenkokutsuriba04-2_cs6 (8)
交通●八戸自動車道・八戸JCT から八戸久慈自動車道へ。八戸南IC から先は無料開放区間となり、終点から国道45 号線を経由し県道1号線を大蛇駅方面へ進む。八戸JCT から約30 分
問合先●さかした釣具店(問合先、住所は右枠参照)、出船時間=7 時、沖上がり=14 時頃、料金= 6000円

協力◎坂下利助
第三浩丸の船長。伝統漁具のマスナタを使ったヒラメ釣りをはじめ、カレイやアイナメなどのエサ釣りに精通。ライトソルト系など新しい釣りを積極的に取り入れている

2018/3/1

つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…

おすすめ記事

最新号 2019年3月号

2019年の渓流釣りもいよいよ開幕。今月のつり人の特集は「夢空間の“ルート”&“釣り方”を一挙公開! いつか釣りたい百名山の渓」。身を置くだけで心が洗われるような日本の渓流。その環境を育むのは、列島に連なる数多くの山々だ。冬を終え、木々も生きものたちも目覚め始める春からの川。とびきりの魚たちと、今シーズンも出会いたい。百名山の渓流ガイド、郡上本流のアマゴ術、大ヤマメ・大アマゴハンターの大ものの心得、山ナイフの勘どころ、2019年渓流解禁情報などをお届け。
そのほか、堤防メジナ釣り、厳寒期のコマセワーク、渚クロダイレポート、寒タナゴ釣り、グルテンエサの勘どころといった旬の釣りも充実。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中