川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

テナガエビ釣り
利根川下流域

足もとがよく消波ブロックも多数

編集部&葛島一美◎文・写真
駅近のテッパン釣り場もあり!ハイシーズン到来の今が大チャンス!
都会の水辺に遊ぶテナガフィールドガイド。
ビギナーでも通いやすい駅近の釣り場を中心に、ビビンとキックバックが味わえるオススメ河川をご案内。


この記事は『つり人』2016年8月号に掲載したものを再編集しています。

手賀排水機場前


 千葉県印西市の手賀排水機場は、手賀川が利根川に注ぐ地点にあり、流れ出し周辺の護岸帯前にはテナガエビの格好の付き場となるテトラポッドが無数にある。釣り場が広く足もともよいため、ピクニック気分でのテナガエビ釣りにもおすすめだ。

 テナガエビは護岸帯とテトラポッドの間のすぐ手前から釣れる。1.2 mクラスの短いサオで充分楽しめ、深い部分は1m以上あるが、深場よりも水中に沈んだテトラポッドでカケアガリになっている部分を、ウキ下50 ㎝ほどでねらっていくとアタリがよく出る。深場にこだわらずエビの反応のある場所を捜していくとよいだろう。

 全体的に中小型が多いが、例年7月、8月になればサイズアップしていくと地元のベテラン。釣り場の周辺に自動販売機やトイレはないので、食事や水分補給の飲み物は忘れずに事前調達したい。とにかく釣り場のキャパシティーが広いので、のびのびとサオをだせる。(編集部)

116-119-tenaga-field_cs6 (1)
116-119-tenaga-field_cs6 (4)_1ここのエビは中小型が多いので、タナゴ仕掛けのオモリをやや多めにしたものでねらうと数が伸ばせる

116-119-tenaga-field_cs6 (6)_1地元ファンはタナゴ仕掛けで次々とヒット

116-119-tenaga-field_cs6 (5)_1機場の下流側は延々とポイントが続く。複数のサオを並べる人も多い

116-119-tenaga-field_cs6 (33)エビを生かしておけるポンプが付けられるバケツを用意しよう(写真は谷山商事の彩限)

  
 

 

 渓流、湖、里川、河口などさまざまな釣り場の魚種に応じた釣法&仕掛けがわかる川釣り仕掛け入門の決定版!

 

川釣り仕掛け入門




2017/6/25

最新号 2018年3月号

“春、心を癒す谷あそび”と題して今月の特集は渓流解禁。実釣では長野県・雑魚川、埼玉県・荒川を取り上げている。これから渓流釣りをやってみたいという人向けにはエサ釣り、テンカラ、ルアーフィッシング、フライフィッシングの入門記事を掲載。そのほかウエアやウエーダーの選び方、カワムシの取り方、全国の主要漁協を網羅した解禁情報など解禁を強力にサポートする内容になっている。また巡ってきた春。祝、渓流釣り解禁! “寒の季節の安・近・短 ワカサギ&タナゴ”も必見。霞ヶ浦の寒タナゴ、グルテンの使い方、今大注目の神奈川県・津久井湖のワカサギ釣り、紅白サシのエサ実験を掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中