川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

ヤマメ釣り/山形県・真室川

食わず嫌いだったソ上ヤマメの川。今年も行きたいベスト渓谷

文◎我妻徳雄 写真◎浦壮一郎
039-051best keiryu_cs6 (1)_1 増水時後の引き水時に手にした33cm のヤマメ

わがつま・とくお
1960 年生まれ。山形県米沢市在住。サクラマスをはじめとする本流釣り、源流のイワナ釣りが大好き。テンカラ釣りも楽しむオールラウンダー。山岳渓流釣倶楽部群遊会所属

この記事は『つり人』2017年3月号に掲載したものを再編集しています。

秋の爆釣でハイポテンシャルを実感


 2016年初めて訪れた山形県の真室川。ヤマメ釣りがたいへん面白くそして印象的だった。今年は徹底的に釣り歩きたい川である。

 真室川はサクラマス釣りで有名な鮭川の一大支流だ。私が初めてサクラマスを釣ったのも鮭川である。以来幾度となく訪れているが、その上流の真室川には行ったことがなかった。地元の人によれば昔はかなりの数のサクラマスが真室川にもソ上しており、現在もその姿は見られるという。サクラマスがソ上する川にはヤマメが多い。当然、大型も有望。しかし真室川に行け(行か)なかったのは、移動距離の長さと情報の少なさによる。私の住む米沢から真室川まで片道3時間ほど掛かる。

 そんな真室川を訪れたのは2016年の秋だった。米沢周辺は台風の影響で増水。「降雨の少ない県北部ならば釣りができるだろう」と、足を運んだ。

 サオをだした区間は奥羽本線の釜淵駅の辺りから田代集落までの間である。この間は奥羽本線と県道が上流部まで沿って走っているため、地図では入渓しやすいように見える。しかし、実際は奥羽本線を横断できる踏切等が少なく、線路を越えるのがまず大変だ。そして深く切れ込んだ谷筋のため、入渓点も限られる。

 初めて訪れた河川である。どこに魚が集まるかなど分かるはずもない。とにかく入渓しやすい場所に入り、サオをだした。落差が少ない平川だが瀬と淵が交互に現われる。川幅もまずまず広く、本流と渓流の中間といった感じ。サオは6~7mがよい。立ち込めば6mでほぼカバーできる。

 川は両岸にヨシが密生しているため、ポイントの移動は大変。また石にはヌルヌルの苔が生えてとにかく滑る。釣行当日は増水気味でニゴリがあった。しばらくは手のひらサイズのヤマメに遊ばれていたが、釣り続けると徐々にニゴリが薄れ、水量も減り出した。それからは33㎝の雄ヤマメを筆頭に良型を連発する。鮮やかなパーマークが並び、薄っすらと婚姻色に染まったプロポーション抜群の魚体である。

 特筆すべきはその引きの強さである。鍛えられた流線形の美しい魚体がハリから逃れようと疾走を繰り返し、ワクワクドキドキさせてくれる。釣りをしたのは半日だが、いずれのポイントも良型が姿を見せてくれた。

 その日は増水からの減水で、魚の活性が高かったのかもしれない。しかし、多くの川を釣り歩いた経験から、好条件を差し引いても、真室川のポテンシャルは非常に高いと感じた。

 解禁当初ならヨシも成長していないのでソ行は楽だ。この時期に川全体の状況を把握し、できれば大ものの付き場をイメージする。雪代が収まりフジの花が咲く5月下旬からが大ものは本番だろう。目星をつけた場所を集中的に探ればきっと面白いようにヒットする。この川は40㎝クラスも潜んでいるはず。

039-051best keiryu_cs6 (2)_1 落差の少ない平川だが淵と瀬は交互に現われる

039-051best keiryu_cs6 (3)_1 変化に乏しい流れは見送り、瀬の落ち込みから続く深みなどにねらいを絞る

039-051best keiryu_cs6 (4)_1 田園の横を流れる区間もあり、黄金の稲穂とのコントラストはいかにも里川の風情。6mのサオで充分に探れる流れである

039-051best keiryu_cs6 (5)_1 「これはいるゾ」と思うポイントに仕掛けを振り込むと面白いように良型がヒット。その引きはパワフルで素晴らしい

タックルデータ
サオ:シマノ『弧渓ZM H61』
天井イト:0.8 ~ 1号= 2.6 m
水中イト:0.3 ~ 0.6 = 3.5 m
オモリ:B ~4B
ハリ:グラン「きじブドウ虫」3号、「川虫ハードタイプ」3号
エサ:キヂ、現場採りの川虫
039-051best keiryu_cs6 (1) ●管轄漁協:最上漁協(℡ 0233・62・2078)
●交通:山形自動車道から東北中央自動車道に入り東根IC で降りる。R13 を新庄方面に走り県道308 号を左折。県道35 号を右折して釜渕方面へ

2018/1/25

つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…

最新号 2018年9月号

特集は『お手軽「テンカラ釣り」、「川泊まり」ノウハウ満載 ひんやり楽しい、夏休みの渓谷』。
例年にない早い梅雨明けのあと、高気圧が列島にダブルで覆いかぶさっている今夏。おすすめはなんといっても、涼しい山への積極的な逃避。渓沿いの歩きは、下界と違って汗が釣果に結びつく。少しのクールダウンのあとは、無垢なイワナと存分にやり取り。歩いて、泊まって、釣って遊ぶ。素敵な夏休みはいかが?
第2特集は『始め方&激ウマ料理が分かる! 
テクニカルに楽しむ真夏の重量級 タコエギングをやってみよう』。東京湾でも一気に浸透してきた、関西流の餌木を使ったマダコ釣りの基本と、さらに酷暑を乗り切るお手軽レシピをまとめて紹介。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中