編集部2019年7月26日

2019 THE WILD CARD霞ヶ浦戦のウイナーは村川勇介選手!

Basser バス釣り

ミッドサマーのバスを追いかけ唯一のリミットメイク&5㎏オーバーを達成 バス釣りの専門誌バサーが、バス釣りのテクニックから道具、試合の最新情報、初心者のバス釣り入門までバスフィッシングのすべてを公開しています。

ミッドサマーのバスを追いかけ唯一のリミットメイク&5㎏オーバーを達成

サイト・ビー=まとめ

7月26日に霞ヶ浦で行なわれた2019 THE WILD CARDは村川勇介選手が5尾5015gをウエイインし、オールスター本戦への出場を決めました。

試合当日は出場16名中ノーフィッシュが4名、リミットメイクは村川選手のみと非常に厳しいコンディションとなりました。

関東が梅雨明けしたのはつい数日前。

まだ状況が完全なサマーパターンには移行しきっていない霞ヶ浦で村川選手が追いかけたのは、季節の変わり目に敏感に反応し、いち早く動き出す大型の個体でした。

具体的にねらっていたのは本湖の沖にあるマンメイドストラクチャーや、流入河川の上流域など水通しのいいエリアやスポット。

しかし、直前のプラクティスで桜川などの流入河川の水質が悪化していることに気づき、本湖のマンメイド撃ちをメインに据えました。

dsc_0384
使ったのはフォールクロー2.5inのダウンショットリグやフォールクローラー5inのスナッグレスネコ。これらをストラクチャーにタイトにフォールさせ浮いたバスをねらいました。

この釣りで2尾のグッドフィッシュをキャッチした村川選手が次に向かったのは境川下流の竹のレイダウン。

ここはプラの段階からエビが目視できたりそれを追うボイルが頻発していたりしたストレッチでした。

本番では「普段ならそんな奥までは入れない」というほど濃いカバーの奥の奥にエスケープツインのチェリーリグをねじ込み、3尾のバスをキャッチ。

唯一のリミットメイクを達成したのです。

murakawa02
村川選手は2011年にW.B.S.のAOYを獲得し、翌年のオールスターに初出場。

そこから2年連続で準優勝に輝きましたが2017、2018年は出場がかなわず「いつかまた必ずオールスターに出場する」という強い気持ちを抱き、長年勤めた職場から再就職を決めるなど私生活でもトーナメントの参戦環境を整える努力を続けてきました。

「オールスタークラシックに優勝という名の忘れ物を獲りに行く」と決意を語った村川選手。

2019年のBasser Allstar Classicの出場枠に、熱く闘志を燃やす選手がさらにひとり加わりました。

murakawa01
村川選手の釣りのさらなる詳細、また全選手の釣りは後日サイト・ビーやBasserにてお伝えします。お楽しみに!

◆表彰式インタビュー

◆村川選手コメント


■RESULT
shugo
1位  村川 勇介選手  5尾5015g
2位  千葉 恒太選手  4尾4985g
3位  平本 直仁選手  4尾4350g
4位  高山 陽太郎選手 3尾2915g
5位  内山 幸也選手  3尾2325g
6位  市村 修平選手  4尾2320g
7位  黒田 健史選手  2尾1810g
8位  篠塚 亮選手   2尾1415g
9位  上杉 真琴選手  1尾1120g
10位 安達 真秀選手  1尾1065g
11位 大高 哲也選手  1尾965g
12位 竹内 一浩選手  1尾740g
13位 江尻 悠真選手  0尾0g
13位 蛯原 英夫選手  0尾0g
13位 小田島 悟選手  0尾0g
13位 草深 幸範選手  0尾0g


Basser2019年9月号 7月26日発売! hyo1
表紙をクリックすると試し読みができます

 今号の特集は「濁り」。バスの活性を著しく上げ、時に下げることもあるこの現象を掘り下げます。
 過去に濁りに見舞われた取材でのケーススタディーに始まり、水温や流入量による濁りの立体的な捉え方、良い濁りと悪い濁りの違い、濁り始めから濁りが抜けるタイミングまでの釣りの切り替え方、ルアーローテーションの具体例、科学的見地から考える濁りへの対処など、注目トピックが満載です。
 モデルとなるフィールドは八郎潟、桧原湖、霞ヶ浦、利根川、亀山湖、津久井湖、琵琶湖、七色貯水池、そしてアメリカなど多岐にわたります。
 また、JBTOP50レポートでは最年長優勝記録を「59」に更新した沢村幸弘さんの強さの理由を詳報。試合後の追加取材では、フィジカルを維持するための日々のトレーニングや、メンタル強化に繋がるゴルフへの取り組み、ボートデバイス(魚探)の選定理由などを明かしてくれています。









2019/7/26

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。