編集部2021年9月20日

ノリーズ田辺哲男さんが語る、影響を受けたルアー・タイニークランクベイト編

ブラックバス Basser バス釣り

 小さいから釣れるというのはあながち間違いではない。ではなぜ小さいから釣れるのか? ノリーズ代表の田辺哲男さんに、影響を受けたタイニークランクベイトについて伺いました。

タイニークランクが釣れる本当の理由とは!?

 

小さいから釣れるというのはあながち間違いではない。ではなぜ小さいから釣れるのか? ノリーズ代表の田辺哲男さんに、影響を受けたタイニークランクベイトについて伺いました。

 

この記事は「俺たちのヘビロテBASSルアー大全」を再編集しています

 

norio-tanabe

田辺哲男(たなべ・のりお)

1958年生まれ。日本のバスフィッシングを牽引してきたプロフェッシ
ョナルアングラー。米国ツアー参戦を経て現在は日本のレンタルボート文化を構築し、年々
難易度が高くなるブラックバスと真っ向から向き合う。ノリーズ代表

ノリーズ https://www.nories.com/

 

こちらの記事は 「俺たちのヘビロテBASSルアー大全」に掲載されています。バスプロ、ルアービルダー、釣具店の方々が自信を持っておすすめするヘビロテルアーを忖度なしで大掲載!!!本当に釣れるルアー教えます↓↓↓

 

タイニークランクが釣れる本当の理由

 日本人がアメリカンルアーに抱いていたイメージは無骨で大きい、動きが派手、カラーがコミカル、音がうるさいといったところ。しかしながら、なかには繊細とはいえないまでもフィネスなハードベイトが存在したことも事実。最も脚光を浴びたのがノーマンルアーズのディープ タイニーNだろう。

 

ノーマンルアーズ/ディープタイニーN
deepn

リック・クランがシークレットにしていたルアーのひとつ。アメリカン=大きいのは間違いで、その状況で捕食しているベイトこそが最大のキーということを、彼は何十年も前から理解し実践していたのだ

 

「実は俺自身そこまで使い込んだルアーではないんだよ。テキサス州のサムレイバンかどっかの試合でリック(クラン)がディープタイニーNで勝ってるはず。その時ではないけれど、ある時リックと湖上で遭遇しておそらくディープタイニーNと思われる、豆みたいなクランクを 太いグラスロッドで投げていたんだ。俺も真似してみたらたしかによく釣れた。当時の俺は単に小さいから釣れるんだろうくらいにしか思ってなかった。甘かったね」

 田辺がディープタイニーN の存在を知ったのはB.A.S.S.トーナメントに参戦中、ノリーズが発足して間もない頃のこと。お世辞にも美しいとはいいがたいディープタイニーNのサイズ感を「あり」と見込み、自分なりのテイストで作り上げたのがノリーズの初期作品、ワーミングクランクショットだ。ディープタイニーNよりもほんの少しだけスリムではあるが、浮力をもたせたぶん障害物の回避力は高く、深いレンジまで潜る。このルアーの出現で日本にもタイニークランクの文化が根づいた。

 

ノリーズ/ワーミングクランクショット
worming-crunk

小型ボディーゆえの視覚的ハンディはダブルラトルで補い、ビッグフィッシュを想定しオーバースペックなフックを搭載。「サイレントもあるけど、小さいから目立たせて気づかせるっていうのが重要なんだよ」

 

「最近投げる機会が減ったのは事実。そこにはやっぱりキャスタビリティーという課題がある。その当時は俺も分かってなかったんだけど、タイニークランクの出し時っていうのがあったんだよ。それをリックは理解していたんだ。さすがだよな」。

 小さいから釣れるというのはあながち間違いではない。ではなぜ小さいから釣れるのか? これが最も大事な部分ということに気付かされたのだ。

「とくにマッディウォーターだよね。冬だろうが真夏だろうが時期は関係ない。いちばん大事なのはそこにシャッドや小型のベイトフィッシュが絡むということ。とくにベイトが産卵でシャローに入ってきた時がタイニークランク最強の出し時なんだ。産卵床になるスタンプに当てながら巻いてると、でかいブリブリのバスを食わせられる、とかね。日本ではなかなかそういうシチュエーションがないんだけど、アメリカでは今でもそういう場面はあるだろうね。それに代わるチャター系とかスピナベとか、ほかの選択肢が増えたから出番が減っただけなんじゃないかな。ポップRもそうだけど、ウォルマート(アメリカ最大級のショッピングセンターチェーン)のワゴンで2〜3ドルで売ってるようなルアーでも、ちゃんと理解して使えば最強の相棒になりうる。そういう意味で俺は、この2つからルアーとは何かっていうことを教えてもらったよ」

 

  • 1
  • 2

 

 

 

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。