編集部2021年8月27日

バス釣り用バズベイト入門  その4(最終回)~おすすめバズベイトのカタログ&インプレッション・後編~

河川/湖沼 ブラックバス Basser バス釣り バズベイト

 各メーカーから発売されているバズベイトを紹介。編集部が現場で実際にキャストした際のインプレ付きで紹介します。使ってみたいバズベイトが見つかるハズ!後編です!

よりどりみどり!水面狂騒者大集合!

写真と文◎編集部

各メーカーから発売されているバズベイトを紹介 。編集部が現場で実際にキャストした際のインプレ付きで紹介します。使ってみたいバズベイトが見つかるハズ!

 

この記事はBasser2020年9月号に掲載したものを再編集しています。

 

buzzbait-impre (6)

 

インプレ時の条件

 

1.ヘッドウエイト3/8ozクラスのバズベイトはミディアム、1/2ozクラスのバズベイトはミディアムヘビーパワーのロッドでキャスト。

レングスはどちらも6ftin前後で、リールも共通のものを使用。ラインはどちらもフロロ14Lbを使用。

 

2.無風時のフィールドでキャスト&検証。

 

3.リーリングは各バズベイトのペラが水をしっかりと噛む速度(モデルによるが、基本は中速)で行なった。

※注

インプレ時の「音質」は新品状態のルアーをキャストしたときのものなので、モデルによっては使用中に音質が変化したり、スクイーク音(金属同士がこすれる音)が増加したりする可能性がある。

とくに「キュルキュル」というスクイーク音は非常に高音で、水面を引いている際には聞き取りづらいので、よほど大音量で聞こえない限りは音質のインプレからは省いている(空気中でペラを回転させれば聞き取れるものがほとんど)。

水中では程度の差こそあれ、スクイーク音が発生していると思われる。

 

カタログ&インプレッション 中編

 

バズベイト(BAKSYN)

buzzbait-impre (41)buzzbait-impre (42)

■ヘッドウエイト
3/8oz3/4oz

 

■ペラのタイプ

センターバランスタイプ

 

■インプレッション

後方にウエイトを持たせて飛距離を稼ぎ、浮き上がりを早くするためのカップ部を持たせたヘッドデザイン、滑らかに安定して回りながらもビーズとの接触により音を発するペラなどこだわりが詰め込まれたバズベイト。このプラスチックビーズは取り外し可能で、金属製のものに交換すればより高音に、取り外せば音を消すこともできる。速巻き~低速巻きまで対応。ペラの音質は「ジョボボボボ」。また、「スライド式ブレイドロックシステム」が飛行時のペラの回転を止めることで、さらなる飛距離を得られるようになっている。ライトターン、レフトターンの両方をラインナップ。

 

 

 

クリスタルS・ボルケーノⅡ(ノリーズ)

buzzbait-impre (43)buzzbait-impre (44)

■ヘッドウエイト

3/8oz

 

■ペラのタイプ

センターバランス

 

■インプレッション

センターバランスペラながら、大きくあいたアームホールの効果で回転軸がズレ、強いバイブレーションを生む。また、ロアアームをショート化(ヘッドをペラに近づける)ことで、ペラ目掛けたバイトも高確率でフックアップに持ち込むことができる。音質は「キュルキュル」と「シュポポポ」の複合。コンパクトなデザインで、ねらった場所に撃ち込むアキュラシーキャストがしやすい。

 

 

 

ボルケーノグリッパー(ノリーズ)

buzzbait-impre (45)buzzbait-impre (46)

■ヘッドウエイト

3/8oz1/2oz

 

■ペラのタイプ

オフセットタイプ

 

■インプレッション

その名のとおり、水を力強く噛む「グリッパーブレード」が特徴。フロントの小さな2枚羽がより早く水を掴むことで素早い浮き上がりを実現。そのオフセットかつ大きなブレードサイズが強いバイブレーションと波動を生む。滑らかに回りにくい傾向があるオフセットタイプながら、安定した回転が得られ、一定速のリトリーブがしやすい。使い込むほどに増してくる大きなスクイークサウンドも魅力。「ジュポポポ」と「キュルキュルキュル」の複合音

 

 

 

ジャマイカボア(メガバス)

buzzbait-impre (47)buzzbait-impre (48)

■ヘッドウエイト

1/2oz

 

■ペラのタイプ

左右非対称のオフセットかつノッカータイプ

 

■インプレッション

アメリカのトーナメントシーンから開発が進んだバズベイト。安定した飛距離と大型のオフセットペラが生む強い波動とバイブレーションで広範囲のバスにアピールできる。フロント部が水を受けるヘッドデザインで浮き上がりも早い。音質は「カンカンカン」というノッカー音と「ジョボボボ」というバブリーな水噛み音の複合

 

 

 

マスタブラスタ(レイドジャパン)

buzzbait-impre (49)buzzbait-impre (50)

■ヘッドウエイト

12

 

■ペラのタイプ

センターバランス

 

■インプレッション

大型のペラを搭載しながらもキャスタビリティーに優れている。水を受けるヘッドフロント部のデザインで浮き上がりの早さも◎。しっかりとした引き感(≒水押し)はありながらも、そのサウンドは「シュポポポ」と以外にも甘く控えめなものに「ヒョルヒュル」という、やはり甘めの金属音が合わさったもの。直径1.4㎜の極太ワイヤーは根掛かりした際やバスを釣った際も開きづらい。

 

 

 

ハンマーヘッドバズ(グリーンフィッシュタックル/魚矢)

buzzbait-impre (51)buzzbait-impre (52)

■ヘッドウエイト

1/4oz3/8oz

 

■ペラのタイプ

センターバランス

 

■インプレッション

ノッカータイプのバズベイト。「カンカンカン」という甲高い音と、「ショポポポ」という甘い音が同居。低速リトリーブにも対応した。ワイヤーをやや開けばノック音を消すことができ、食わせのバズベイトとして機能する。

 

 

 

スウィンギングシュガーバズベイト(ストライクキング/魚矢)

buzzbait-impre (53)

buzzbait-impre (54)

■ヘッドウエイト

1/2oz

 

■ペラのタイプ

センターバランスタイプ

 

■インプレッション

ヘッドとフック部分がアイで接続されフリー状態になっている特殊な形状のバズベイト。フッキング後、バスが暴れてもフックアウトしづらい……のかもしれない。控えめな「チュポチュポ」という音と「キュルキュル」というスクイーク音を発生する。

 

 

 

ブリーディングベイトプロモデルバズベイト(ストライクキング/魚矢)

buzzbait-impre (55)buzzbait-impre (1)

■ヘッドウエイト

1/4oz

 

■ペラのタイプ

オフセット

 

■インプレッション

1/4ozのヘッドウエイトながらコンパクトでしっかり飛ぶ。バイブレーションの強いオフセットペラを採用。音質は「ジュポポポ」と「キュルキュル」の混合。直進性が高いのが魅力。

 

 

 

ミニプロバズ(ストライクキング/魚矢)

buzzbait-impre (2)buzzbait-impre (3)

■ヘッドウエイト

1/8oz

 

■ペラのタイプ

オフセット

 

■インプレッション

非常にコンパクトな見た目だが、騙されてはいけない。ペラが発するバイブレーションはここで紹介しているバズベイトの中でダントツに強い。まるでチャター系を引いているような振動が手もとに伝わる。キャスタビリティーも高く、通常のベイトタックルで充分扱える。音質は「ジョボボボ」という低い水噛み音。直進性は高め。

 

 

 

ポンドマジックバズ(ブーヤー/魚矢)

buzzbait-impre (4)buzzbait-impre (5)

■ヘッドウエイト

1/8oz

 

■ペラのタイプ

センターバランス

 

■インプレッション

ミニプロバズと同サイズのタイニーバズベイトだが、センターバランスペラを搭載したこちらは控えめなバイブレーションと「シュパパパ」という軽めの水絡みが特徴。直進性が高い傾向にあるコンパクトサイズのなかではトレースコースが逸れやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。