編集部2022年4月27日

『一生幸せになれる料理147お魚イラストレシピ大百科』の魅力 最終回(全2回)

美味しい鮮魚料理 料理-タチウオ

長引くコロナの影響もあり、いっそう注目されている「家食(いえしょく)」の充実。小社から発売中の『一生幸せになれる料理147 お魚イラストレシピ大百科』が好評だ。釣りファンはもちろん、一般のお客さんに日々接している書店員さんからも「これは楽しいです」と多くの引き合いをいただいている。手に取れば〝幸せになる〟その特徴をご紹介したい。

イラストで楽しめる魚料理の本。

こちらの記事は月刊『つり人』2022年6月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

長引くコロナの影響もあり、いっそう注目されている「家食(いえしょく)」の充実。小社から発売中の『一生幸せになれる料理147 お魚イラストレシピ大百科』が好評だ。釣りファンはもちろん、一般のお客さんに日々接している書店員さんからも「これは楽しいです」と多くの引き合いをいただいている。手に取れば〝幸せになる〟その特徴をご紹介したい。

 

①釣りたくも食べたくもなる魚たち13 種+αを掲載

釣って楽しく、食べて美味しい魚は13 種+αを掲載。

 

アジ、タチウオ、アマダイ、イサキ、イナダ、アカイサキ、クロダイ、カワハギ、ウマヅラハギ、マダイ、カサゴ、イシモチ、マハゼ、トラギス3 兄弟(オキトラギスなど)、サプライズ3 兄弟(カイワリなど)で、全147 のレシピのほかに、各魚の釣りの対象魚としての特徴や、食材としての魅力を分かりやすくユーモラスに紹介。

oogaki122-123 (5)

oogaki122-123 (4)

②手書き文字、イラスト、写真の3つで楽しく読める

各魚を手際よくさばき、美味しく調理するためのコツは、読みやすい手書き文字とイラストで分かりやすく解説。

 

そして盛り付けも参考になる完成した料理は、シズル感たっぷりで思わず食欲がそそられるきれいな写真で見られる。

 

oogaki122-123 (7)

oogaki122-123 (6)

oogaki122-123 (9)

oogaki122-123 (8)

oogaki124-125 (1)

複雑な色味を再現する印刷工程では国内の工場で熟練のオペレーターが細かな調整を実施

 

③魚料理ビギナーにも分かりやすい丁寧なアドバイス

「どこをどんな料理に使うのが基本?」

 

「見えない骨はどこにある?」

 

といった、これから魚料理を楽しみたい人に必要な基礎ほど丁寧に描写。

 

実践的で役立つ内容が盛りだくさん。

 

また、包丁ではなくキッチンバサミを使って、効率よく手軽にさばく方法なども積極的に紹介。

 

魚料理を楽しむためのハードルを下げてくれるアドバイスも随所に盛り込まれている。

oogaki122-123 (11)

oogaki122-123 (10)

 

 

 

  • 1
  • 2
  •  

 

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。