川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

野の自然食・山菜図鑑/フキノトウ

北国に春を告げる味わい

写真と文◎浦壮一郎
雪解けを迎えた春の渓。河畔林の足もとや山肌に目を凝らすと、芽吹きを迎えた多くの山菜を見つけられる。なかでも見つけやすく食べやすい、おすすめをピックアップ。

070-075-sansai_cs6 (2) キク科キク亜科フキ属
分布:北海道・本州・四国・九州
生育地:低山帯の田畑付近のあぜ、渓流沿い、陽当たりのよい場所に多い
食べ頃:3~5月(地域や標高による)


 渓流釣り解禁当初の東北や北陸。釣り人は残雪がそこかしこに見られる中でサオをだす。木々の芽吹きはもう少し先。周囲を見上げてもまだ本格的な春を感じることはできないが、同じ頃、足もとでいち早く春の訪れを告げるのがフキノトウだ。 

 雪の多い地域では、残雪の中で淡い黄緑色のつぼみが光る。まだ気温が低い山間部の渓流でも、柔らかなフキノトウが頭を出しているのを見ると、「これから日一日と暖かくなるのだな」と感じさせてくれる。

 味覚に関しても、「フキノトウを食べないと春を迎えた気がしない」という釣り人は多い。ほろ苦い味わいはたくさん食べるようなものではないだろうが、スッと花に通る香りと苦みはくせになる。一般的にはまだつぼみが開いていないものが食べ頃とされるが、開いていても充分に食べられる。

 定番は天ぷら。アク抜きする必要がないので簡単なうえ、ほんのりと残る苦みが美味しい。アク抜きのための下茹でをしたフキノトウは、酢味噌和えやおひたしもいいし、細かく刻んで味噌汁に入れるだけでも春の味わいが楽しめる。

 アク抜きは塩を入れた熱湯で茹でたあと、すぐに冷水にさらすだけ。水を切って冷凍し、使う際に自然解凍させることで長期間その味を楽しむこともできる。

2018/4/5

つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…

最新号 2018年8月号

特集は「お手軽度100%のおいしい野遊び“テナガエビ”と“ワタリガニ”」。
水面下でスーッと動きだすウキの先に期待する手応え。
おびき寄せた相手を網でからめとるという興奮。
お手軽だが、本当はやるほど真剣になる。
今が旬、これからが旬の、川と海のハサミの持ち主は、とびきりの食味というご褒美までくれる最高のターゲットだ。
釣り方からポイント紹介まで完全ナビゲート。

第2特集は「2018アユ釣り最新動向」。
岐阜県長良川を舞台に解説する激戦区の効率的シューティング、今注目のハチハン(8.5m)ロッドのインプレッション、
永久保存版の長良川郡上アユ釣り場MAPなど充実の内容でお届け。
夏休みにおすすめの離島の過ごし方も必見!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中