川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

野の自然食・山菜図鑑/コシアブラ

軽い食感で人気上昇中

写真と文◎浦壮一郎
雪解けを迎えた春の渓。河畔林の足もとや山肌に目を凝らすと、芽吹きを迎えた多くの山菜を見つけられる。なかでも見つけやすく食べやすい、おすすめをピックアップ。

070-075-sansai_cs6 (5) ウコギ科ウコギ属
分布:北海道・本州・四国・九州
生育地:里山など低山帯の比較的陽当たり
のよい場所。山林の中にも自生
食べ頃:春から梅雨前まで


 タラノキと同じくウコギ科ながら樹高は高く、ときに20mに達することもある。食用とされるのはタラノキ同様新芽の部分。まだ伸びていない(開いていない)ものが食べ頃とされる。新芽の葉はよく見ると5枚に分かれていて、細い茎が5本束になっている。

 付け根部分が太いタラノメとは対照的に全体が細く、食べてボリューム感があるのはタラノメ、コシアブラは軽い食感が特徴だ。さわやかな香りとほろ苦さに特有の美味しさがあり、両者に優劣は付けられない。近年は「コシアブラのほうが好き」という人も増えている。

 かつては積極的には採らない地域もあったらしい。岩手県では山菜の王様であるタラノメに対し、まるで偽物であるかのように「ウソッポ」と呼ぶこともあるが、それでも近年の人気ぶりはタラノメを追い越す勢いだという。

 タラノメと同様に陽当たりのよい明るい斜面などに自生しているが、意外にスギ林のなかなどでも見かけることがある。採取時期はタラノメと同じか少し後。山林内の生長が遅いものはタラノメが終わった頃でも採取できる。

 調理方法は天ぷらが一番人気。醤油やみりんとともに茹でたものを刻み、混ぜご飯にしても美味しい。

070-075-sansai_cs6 (6) 育つとこのような枝になる


2018/4/16

最新号 2018年8月号

特集は「お手軽度100%のおいしい野遊び“テナガエビ”と“ワタリガニ”」。
水面下でスーッと動きだすウキの先に期待する手応え。
おびき寄せた相手を網でからめとるという興奮。
お手軽だが、本当はやるほど真剣になる。
今が旬、これからが旬の、川と海のハサミの持ち主は、とびきりの食味というご褒美までくれる最高のターゲットだ。
釣り方からポイント紹介まで完全ナビゲート。

第2特集は「2018アユ釣り最新動向」。
岐阜県長良川を舞台に解説する激戦区の効率的シューティング、今注目のハチハン(8.5m)ロッドのインプレッション、
永久保存版の長良川郡上アユ釣り場MAPなど充実の内容でお届け。
夏休みにおすすめの離島の過ごし方も必見!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中