編集部2018年5月31日

テナガエビ料理/下処理・から揚げ・鬼殻焼き

美味しい鮮魚料理 料理-テナガエビ

釣るだけじゃもったいない!

釣るだけじゃもったいない!

写真と文◎葛島一美


この記事は『つり人』2017年7月号に掲載したものを再編集しています。

◆関連記事
テナガエビの釣り方/釣りビギナーにも簡単に釣れるテナガエビ入門

テナガエビの下処理

077-081tenaga_tech_cs6 (22) テナガエビにはたっぷりと粗塩を振りかけ、ざっくりとかき混ぜてヌメリや汚れを取り除く

077-081tenaga_tech_cs6 (23) 流水下できれいに洗い流す

077-081tenaga_tech_cs6 (24) ザルの水を切った後、油の中で飛び散らないようにペーパータオルに包んで十二分に水気をふき取っておく

テナガエビの唐揚げ

小麦粉をまぶして余分な粉を叩き、170℃くらいの中温で揚げ、赤く染まって表面に浮かべばできあがり。器に盛って塩を振って召し上がれ!

077-081tenaga_tech_cs6 (20)

テナガエビの鬼殻焼き

大きめのテナガエビを選び、焼き網に乗せて素焼きに。ある程度火が通ったらしょう油を絡め、再び焼き網に戻して焦げ目が付くくらいに焼き上げる

077-081tenaga_tech_cs6 (21)

 
月刊『つり人』のベテラン筆者が圧倒的な釣り場情報をギュッとまとめた1冊!


2018/5/31

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!