編集部2021年12月21日

北海道・後志エリア 海サクラ・海アメのルアーフィッシング

全国おすすめ釣り場 北海道 アメマス NorthAnglers サクラマス

12月になるとサクラマス釣りのシーズンが到来。初冬はせたな方面を始め、渡島エリアの道南日本海が有名だが、近年は積丹でもけっこう釣れている。今回は積丹半島の基本タクティクス、有望フィールドを紹介したい。

リポート=蛯子真秀(泊村)

 地元アングラーが旬の釣りをリポート。ターゲットの横顔、適合タックル、実績メソッド、そして有望ポイントを紹介していただく。さぁ、初冬のフィールドに飛び出し、最高の一尾をゲットしよう!

12月になるとサクラマス釣りのシーズン到来

 12月になるとサクラマス釣りのシーズンが到来。初冬はせたな方面を始め、渡島エリアの道南日本海が有名だが、近年は積丹でもけっこう釣れている。今回は積丹半島の基本タクティクス、有望フィールドを紹介したい。

 ハシリの時期で良型はなかなか釣れないが、ルアーへの反応はよく、50㎝クラスがヒットすることもある。海アメも釣れるので楽しい。

 サクラマスはファイトが格別だが、食味も最高。おすすめはシンプルな塩焼き。私はワサビ醤油をつけていただくのが好き。ハシリの小ぶりな魚は丸焼きでき、切り身で焼いたときと味わいが異なる。

タックル&タクティクス

 私のタックルは次のとおり。ロッドは10フィート7インチ、ルアーウエイトMAX45gのソルトウオーター用。スピニングリールはエキストラハイギアの4000番。ラインはPE1.2号、ショックリーダーはナイロン25ポンド。ルアーは28~42gのジグ、120~170㎜のミノーが中心。釣り場にいるベイトを確認できたら、それに合うボディーサイズを選ぶようにしたい。

 魚が高活性な朝マヅメは、ジグで表層から中層を探る。タダ巻き中心で、ロッドアクションはときおりトゥイッチを入れる程度。反応が遠い場合はミノーにチェンジ。ロッドティップを斜め前方にし、ティップの反発とリーリングのメリハリで動かす感じのソフトなジャークでねらう。

 サクラマスは口が弱く、ヒットしても口切れしてバレやすいといわれる。たしかに口先こそ弱いが、カンヌキにフッキングが決まれば、そう簡単にはバレない。その点、ソフトなジャークは、魚がルアーを食い損なうことが少ないのか、よい場所にフッキングしやすい。

フィールド&アドバイス

◎積丹川河口周辺

 右岸側が好ポイント。右に進むと消波ブロック帯。その付近には根があり、群れが回遊しやすいと思われる。海サクラの気配がなければ、野塚海岸のサーフで海アメをメインターゲットに切り替えるのも面白い。

◎余別川河口周辺

 右岸側の公衆トイレ前に駐車可。あとから来るアングラーを考慮し、一台でも多く停められるよう綺麗に並べて駐車したい。河口周辺はどこも可能性があり、広く探るのが肝心。右岸側の岩場は好ポイントとはいえ水深が浅い。ルアーを沈ませすぎると根に引っ掛かるので要注意。

この記事は『North Angler's』2022年1・2月合併号に掲載されているものを再編集して公開しています。

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。