編集部2022年2月10日

北海道・後志エリア ワームでねらうクロソイ

全国おすすめ釣り場 北海道 NorthAnglers クロソイ

ソイ類は低水温に比較的強く、いろいろなアプローチで攻略できるため冬にねらうターゲットとしてはうってつけ。リグの種類、シンカーウエイト、ワームカラーなど、少しの違いで釣果に差が出る。引き出しを増やすチャンスだ。ウデを磨く時季ととらえ、積極的にチャレンジしたい。

リポート=菊地正彦(札幌市)

 地元アングラーが旬の釣りをリポート。ターゲットの横顔、適合タックル、実績メソッド、そして有望ポイントを紹介していただく。さぁ、早春のフィールドに飛び出し、最高の一尾をゲットしよう!

冬の積丹で研鑽

 例年より寒さが厳しいと感じる今冬は、海岸から足が遠のいているロックフィッシャーが多いのではないだろうか? 冬もロックフィッシングは楽しめるとはいえ、アイナメは総じて活性が低く厳しい釣りになる……。


 そこで今回は、美国漁港のソイ釣りを紹介したい。同港は西寄りの風に強く、冬でも港内は波穏やかで、ロッドを振れる日が多い。近年は大型のソイ類が釣れにくくなってきているが、同地は今でも根魚の魚影が濃い。


 ソイ類は低水温に比較的強く、いろいろなアプローチで攻略できる。冬にねらうターゲットとしてはうってつけ。リグの種類、シンカーウエイト、ワームカラーなど、少しの違いで釣果に差が出る。引き出しを増やすチャンスだ。ウデを磨く時季ととらえ、積極的にチャレンジしたい。

タックル&タクティクス

 軽めのリグをメインに使うため、ライトなスピニングタックルがマッチする。ロッドは6~7フィート、ウルトラライト~ライトアクションのロックフィッシュ専用、またはバスロッド。リールは2000~2500番。ラインはフロロカーボン3~5ポンドが標準。私は4ポンドをメインにしている。


 ワームは1.8~3.8インチのホッグ系、ピンテール系、虫系など。カラーはチャートリュース、レッド、グロウ系。アングラーの多い場所ではブラックも有効だ。


 最近のロックフィッシングシーンでは、ワームを使うときのリグはジグヘッド、テキサス(ビフテキ含む)が主流。スプリットショットリグを使うアングラーをめっきり見なくなったが、もちろん現在も通用する。ガン玉とフックのみのシンプルなリグだが、魚がスレ気味の釣り場で有効な場面がある。ここでは、スプリットショットリグを中心に基本メソッドを解説したい。


 ガン玉は1~5g。底を感じ取れる範囲で、なるべく軽くするのがベター。打った位置からズレにくく、着脱容易なゴム貼りタイプがおすすめ。私はフックから10~30cm離れた位置に打つことが多い。誘い方は多種あるが、リフト&フォール、大きなカーブフォール、中層のスイミングがメイン。これらに反応がない場合はトゥイッチを入れることもある。

フィールド&アドバイス

 おすすめのポイントは、北防波堤基部の船揚場南側から延びている突堤。先端周辺はケーソンなどが砂に被らずにしっかり残り、魚が付いていることが多い。1投ごとにキャスト方向を少し変え、広範囲を探りたい。潮の流れ方によって好不調はあるとはいえ、常夜灯があるのでビギナーも楽しめる。


 先行者がいたら、北防波堤に行ってみたい。岸壁上に消波ブロックがあり、先端までは行けないが、ブロック手前辺りの海底にケーソンが沈んでいる。

この記事は『North Angler's』2022年3・4月合併号に掲載されているものを再編集して公開しています。

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。