編集部2020年9月30日

ルアーパラダイス九州TV最新話、AbemaTV釣りチャンネルにて9月30日(水)夜21時00分放送

釣り番組 ルアーパラダイス九州

AbemaTV釣りチャンネルにて毎週水曜夜21時00分から絶賛放送中の『ルアーパラダイス九州TV』! 9月30日(水)放送は、古賀章太さん、上原和彦さん、丸屋忠史さん出演の『長崎県平戸の夏マサジギング』と後藤恭典さん、永松繁さん出演の『玄界灘のスーパーライトジギング』との2本立てでお送りします!

『長崎県平戸の夏マサジギング』と『玄界灘のスーパーライトジギング』との2本立て

ルアパラ九州=文

 AbemaTV釣りチャンネルにて毎週水曜夜21時00分から絶賛放送中の『ルアーパラダイス九州TV』! 9月30日(水)放送は、古賀章太さん、上原和彦さん、丸屋忠史さん出演の『長崎県平戸の夏マサジギング』と後藤恭典さん、永松繁さん出演の『玄界灘のスーパーライトジギング』との2本立てでお送りします!

見逃しが心配な方には視聴予約が便利です。AbemaTV釣りチャンネルの番組表で番組名をタップし、「通知を受け取る」を選択してください。放送開始前にスマートフォン/タブレットに通知が届きます。

◆視聴予約はこちら
長崎県平戸の夏マサジギング

玄界灘のスーパーライトジギング


21時00分より
出演:古賀章太(こがしょうた)、上原和彦(うえはらかずひこ)、丸屋忠史(まるやただふみ)
ロケ地:長崎県平戸沖玄界灘
ターゲット:ヒラマサ

内容:夏のヒラマサをジギングでねらったのは福岡県在住の古賀章太さんと佐賀県在住の上原和彦さん。遊漁船は丸屋船長の一栄丸。海域は長崎県北部の平戸島の沖の玄界灘。9月前後はヒラマサの食いがいったん渋くなるのが例年の傾向で、前半は予想どおり厳しい状況にハラハラさせられたが、終盤に一気に盛り返し、振り返ると最高の1日にまとめた。春の産卵を終えたヒラマサはスマートな体型をしており、ハリ掛かりするとパワーとスピードを全開にして抵抗する。アングラーはこれを夏マサと称し、平戸沖はその好釣り場だが、8月末から9月初旬はいったん食いが渋くなる難しい時期に当たる。そこに挑んだ古賀さんは終盤に10kgに届くかという良型をキャッチし、上原さんにいたっては10kgオーバーを出した。2人が1日をどう釣っていったか。これはきっと秋にも参考になるはずだ。



01-IMG_2763
これがあるからやめられない、と逆転の1尾とも呼べる良型を終盤にキャッチした古賀さん


21時30分より
出演:後藤恭典(ごとうやすのり)、永松繁(ながまつしげる)
ロケ地:福岡県福岡市博多湾沖玄界灘
ターゲット:ヒラマサ、根魚、アマダイほか

内容:夏もお盆を過ぎると風向きが変わり、ほんの少しだけ秋に向けての変化が見られるのが玄界灘の毎年の傾向だ。とはいえまだまだ残暑が厳しいなか、玄界灘に出たのは後藤さんと永松さんのコンビ。SLJ、ジギング、キャスティングという万全の準備で挑んだ。30〜60mの水深に対して2人が用意したのはSLJ、ジギング、キャスティングの3アプローチだった。前半は永松さんが150gのロングジグを用いたバーチカルアプローチでなんとかヒラゴを引きずり出すという厳しさだったが、後半はSLJで怒濤の巻き返しに転じた。特に後藤さんのマハタ、永松さんのアマダイは注目に値する釣果だ。渋いときに釣果をこじ開ける最善策は、「ルアーは海のなかにないと釣れない」という信念で釣り続け、一瞬のチャンスを逃さないことだ。情報交換はもちろん、互いに励まし合えるコンビだからこそ釣り続けられ、コンビのよさが光った釣果でもあった。



01_DSC6278
最後は後藤さんのレンコダイに永松さんのアマダイ(左)のWキャッチで締めくくった

◆AbemaTV釣りチャンネルの「ルアーパラダイス九州TV特設ページ」はこちら! 過去の放送もAbemaTVビデオで見ることができます
https://abema.tv/video/title/236-4

九州のルアーフィッシングを発信する地域密着型釣り雑誌『ルアーパラダイス九州
ルアーパラダイスKyushu 2020年秋号(NO.38)好評発売中!
9784864475327
今後九州で動きが活発になると思われる中深海の釣りに対し、「ようこそ九州の中深海へ」と題してフォーカスした。 第1部は実釣ルポで実際に中深海の現場を訪ね、現状をレポート。 第2部は中深海最新タックル。 第3部は中深海に案内している九州の遊漁船ナビ。 第4部はこれから中深海をやるアングラーにむけた中深海の釣りのQ&A。 特集を読めば、すぐに始められる内容にしている。


◆オフィシャルFacebookはこちら

 

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。