カテゴリー

バス釣り用ルアー使い方&タックル解説 クランクベイト(シャロークランク)編 適したロッドは? リールは?

編集部 2021年9月24日

この記事では、バスフィッシング初心者のために、よく使われるルアーをタックルの選び方から使用法まで基本を詳しく解説します。今回はクランクベイトのなかでも潜行深度の浅いタイプ「シャロークランク」について紹介します!

タックルの選び方から使用法まで!

写真と文◎編集部 

『Basser』2021年11月号 9月26日発売!!

編集部 2021年9月24日

今号の特集はキャロライナリグ。1.5mというロングリーダーシステムを使いこなし、食わせとリアクションふたつの要素を生み出す伊藤巧さんのヘビキャロ実釣に始まり、シンプルなシステム・操作方法を提唱する松本幸雄さんは関東のハイプレッシャーレイクで20尾超の釣果を叩き出します。。

『つり人』2021年11月号、9月25日発売!

編集部 2021年9月24日

今月号はサーフ特集!シロギスはもちろん。青物、アジ、コロダイ、ハマフエフキ、サメなどサーフの釣りを多角的に紹介。関東、関西近郊の釣り場案内も必見だ。投げ釣り旬魚4種7レシピも掲載しているので釣った後も楽しむ方法も知ることができる。読み終わったころにはサーフの知識が幅広く見に付く1冊。秋のボート太刀魚釣り、水中ドローンを用いた三保半島・水中散歩など内容盛りだくさん。

『釣り糸の結び「完全」トリセツ』9月下旬発売!

編集部 2021年9月24日

釣りの仕掛け作りに必須の「結び」を、分かりやすいイラストで解説。海川の数ある結びをただ羅列するのではなく、読者の釣りキャリア、注目度の高いジャンル等に応じてSTEP順に掲載!巻末には代表的な釣りものの仕掛けと、各部に必要な結びを明記。仕掛けと必要な結びが一度に両方分かる、超便利な一冊です。

【対談】イカ&タコ釣りの魅力と驚き 水中カメラマン・尾崎幸司×釣り名人・宮澤幸則

編集部 2021年9月14日

イカ&タコのサイエンス本『イカ・タコは海の魔術師(マジシャン)である!』が好評発売中です。この記事では、世界中の海を60年以上も潜り続けてきた伝説的な水中カメラマンで本書の著者の尾崎幸司さんと、イカ・タコの釣り名人の宮澤幸則さんとの対談を公開します。宮澤さんは、どのような心境とどのような努力を重ねて、イカ・タコと勝負して来たのか、そのコツを伺いました。

ディープフォレスト・菅沼史朗さんに訊く、わがままが生んだオリジナルフロッグロッド「GLOK」

編集部 2021年9月10日

鬼形毅さん、今井亮介さん、菅沼史朗さんにご自身が手掛けられたフロッグ専用ロッドの設計思想を伺ったインタビューを公開します! 今回は菅沼史朗さんによるオリジナルフロッグロッド「GLOK」に込められたこだわりを教えてもらいました。

コンパクトフロッグのキャスト精度を究極まで高めたい

解説◎菅沼史朗

ロッドデザイナー・今井亮介さんに訊く、フロッグロッドのテーパーと弾性率の関係性

編集部 2021年9月9日

鬼形毅さん、今井亮介さん、菅沼史朗さんにご自身が手掛けられたフロッグ専用ロッドの設計思想を伺ったインタビューを公開します! 今回は今井亮介さんによるダイワのフロッグロッドの弾性率とテーパーの関係性についてです。

中弾性素材には“への字テーパー”を、高弾性素材にはしなやかなティップを

解説◎今井亮介

レジットデザイン・鬼形 毅さんに訊く、ワイルドサイド・フロッグスペシャルの設計思想

編集部 2021年9月8日

鬼形毅さん、今井亮介さん、菅沼史朗さんにご自身が手掛けられたフロッグ専用ロッドの設計思想を伺ったインタビューを公開します! 今回は鬼形毅さんによるレジットデザイン・ワイルドサイドのフロッグスペシャルについてです。

荒野を開拓したショート・フロッグスペシャリティー

解説◎鬼形 毅

バス釣り「ポッパー」のフェザーフックを巻く 前編

編集部 2021年9月7日

「フェザーフックって、もっといろいろパターンがあっていいのでは?」と新たな可能性を提示してくれたのは、フライフィッシングのエキスパート・嶋崎了さん。フェザーフックに応用可能なフライマテリアルやタイイング法も教えてもらいました。

ポッパーのフェザーフックの効果は? 巻き方は?

解説◎嶋崎了

クロマグロ採捕禁止、遊漁者の声を届けるためには? 水産資源学の専門家に質問!

編集部 2021年9月6日

今回のクロマグロ採捕禁止措置に対して水産庁には「遊漁者には理不尽な措置だ」という意見が多く寄せられている。釣り人はどう対応していくのがよいか? 水産資源学を専門にしている東京海洋大学准教授・勝川俊雄さんに話を伺った。

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。