<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=170559842213036&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

カテゴリー

エギングロッドおすすめ16選|初心者から上級者まで!コスパ最強はどれ?【2024年】

編集部 2024年4月12日

この記事では、アングラーに人気のおすすめエギングロッドをご紹介!エギングロッドのおすすめ製品情報とともに、初心者や上級者にも役立つ購入時の選び方や比較方法についても解説しています。

...

【2024年】釣り用偏光サングラスおすすめ人気ランキング15選

編集部 2024年4月12日

この記事では、アングラーにおすすめの釣り用偏光サングラスをランキング形式で紹介!偏光サングラスは水中が見やすくなることはもちろん、紫外線や予期せぬ怪我から目を保護するためにも、釣りの際にかけたいアイテム。

釣りを始めたばかりの方はもちろん、そうではない方にも参考となる内容になっていますので、ぜひ偏光サングラスの購入を検討してみてください。最強と言える偏光グラスが見つかりますように。

...

ANAグループの第3ブランド「エアージャパン」でタイ王国に釣りに行ってきました!

編集部 2024年4月3日

成田ーバンコク間で新たに就航したANAホールディングスグループの新航空会社「Air Japan(エアージャパン)」。最安値5万円台でバンコクまで往復できる同社のフライトで、タイ王国の釣り旅に行ってきました。その様子をレポートします。

峯村祐貴さんのスイミングキャロ。クイックチェンンジャーが支えるウエイト調整の極意とは!?

編集部 2024年4月3日

スイベルキャロというメソッドをご存知だろうか? 通常のキャロライナリグと違いシンカーを背負わせず、スイベルの重さのみでワームを沈めるというもの。主にライブソナーを駆使した中層攻略に用いられる釣りだ。このスイベルキャロは、ワンタッチで簡単にウエイトを変えられるTGグレネードクイックチェンンジャーを用いるとさらに有効性が増すという。峯村さんに実践してもらった。

2024 JB TOP50第1戦、七色ダム戦結果! 吉川永遠選手が初優勝!

編集部 2024年3月29日

2024JB TOP50開幕戦七色ダム、優勝は吉川永遠選手。水位変動の激しい状況の中、予選2日間で安定して4kg以上を計上しスコアを重ね、最終日に60cmアップを含む3尾合計5295gというビッグウエイトを叩き出しました。

【琵琶湖・南湖のナナマル詳細!】ガイド前田のゲストがスイムジグでキャッチした6,610g!!

編集部 2024年3月29日

2024年3月27日、琵琶湖・南湖でガイド前田こと前田純さんのガイドを受けていたゲストの廣田さんが70cmオーバー、6,610gのモンスターをキャッチした。ヒットルアーはスイムジグ。ビッグバスレイクの琵琶湖といっても滅多にお目にかかれる魚ではない。廣田さんは18年間栃木から年に2度、ガイド前田に通い続けこの魚を手にしたという。どんな釣りでキャッチしたのか、この時の状況を前田さんに聞いた。

『鮎釣り2024』好評発売中!

編集部 2024年3月29日

...

2024 JB TOP50第1戦、七色ダム戦予選が終了!藤田夏輝選手がナナマルをキャッチ! 暫定トップは吉川永遠選手!

編集部 2024年3月28日

奈良県七色ダムで開催されているJB TOP50開幕戦予選が終了しました。2日間のウエイトでは吉川選手が9,905g、藤田選手が9,734g。この2名が9kg台で頭一つ抜き出た展開です。

2024 JB TOP50第1戦開幕! 七色ダム戦初日、井上泰徳選手がトップに!

編集部 2024年3月27日

2024JB TOP50開幕!3月27日から29日、奈良県七色貯水池にてTOP50開幕戦が行なわれますトップウエイトは井上泰徳選手の4805g(3匹)。1匹平均1600g! そして望月輝選手、吉川永遠選手、宮嶋駿介選手が4kg超え。

2024年バスマスタークラシック決勝! 3日間終始独走したジャスティン・ハムナーが優勝!

編集部 2024年3月25日

オクラホマ州グランドレイクで開催された2024B.A.S.S.バスマスタークラシックの決勝が終了しました。初日から首位に立っていたアラバマ州出身の33歳、ジャスティン・ハムナーが終始独走して優勝を果たしました!

記事検索

  • 検索フィールドが空なので、候補はありません。

月刊つり人 最新号

つり人 2020年5月号

列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。