カテゴリー

クマの被害が増加中! つり人として必要な心構えは?

編集部 2019年11月11日

今年度はクマに襲われる被害にあった人数がすでに昨年度の2.5倍に上っているとのニュースがありました。

第2回 気仙沼ロックフィッシュ・フェスタ 大会結果

編集部 2019年11月5日

2019年11月3日(日)宮城県・気仙沼大島にて気仙沼ロックフィッシュ・フェスタを開催いたしました。

ワカサギ釣り/ドーム船で釣果を伸ばすための道具立てとテクニック

編集部 2019年10月30日

関東屈指の人気フィールドである山梨県・山中湖。盛期になると、どのドーム船も満船となる人気ぶりだ。「FISHING HOUSE なぎさ」のスタッフであり、がまかつフックモニターの尾崎 渚さんは若手ながらベテランからも一目置かれる存在。そんな彼に山中湖のテクニックをお聞きした。

関東屈指の人気フィールド山梨県・山中湖を例に

尾崎渚=文

60年間東京湾に潜り続けてきたダイバー・尾崎幸司さんの書籍が発売!

編集部 2019年10月23日

NHK「ダーウィンが来た!」をはじめ、さまざまなTV番組に映像を提供するなど、水中カメラマンの第一人者として活躍を続ける伝説のダイバー=著者が、「故郷の海」東京湾に棲む生物を紹介する。

好評発売中!『なるほど!THEワカサギ大全2019-2020』

編集部 2019年10月15日

「ドーム、ボート、氷上 鈴なりを作る最新スタンダード」をぎっしり詰め込んだ『なるほど!  THEワカサギ大全 2019-2020』が発売になりました。

好評発売中!『ロックフィッシュ地獄2019-2020』

編集部 2019年10月15日

冬から春にかけて盛り上がるメバル、夏から秋にかけてアングラーを魅了するハタ、そして北の海の主役で主役を張るアイナメ、ソイ。すべてのロックシーンの最前線がこの一冊に凝縮されています。

9月26日発売!『Gene of morethan ジーン・オブ・モアザン』

編集部 2019年9月24日

ニッポンが誇るシーバスのルアーフィッシング。創生期から先陣を切ってこの釣りを切り拓いてきたダイワの歴史は、そのまま「モアザン」というブランドに注ぎ込まれ、今なお進化の頂を尖らせ深化のすそ野を伸ばし続けている。

「幸せになれるシーバス釣り」を提案します!

編集部 2019年9月19日

シーバス釣りをしている皆さんは、一日釣りをして、どれぐらい釣れたら満足されていますか? 3匹ですか? 5匹でしょうか? 

『シーバスライフ』創刊号、9月13日発売!

編集人 RIVER-WALK 若林 輝

日本で唯一のシーバス釣り専門誌『シーバスライフ』が本日発売となりました!!

編集部 2019年9月13日

日本で唯一のシーバスフィッシング専門誌『シーバスライフ』がいよいよ発進!! 「シーバス釣りのある生活」を、今もっと楽しく魅力的にする一冊。 特集は「水面に誘え!」。

マダコ、ヒラメ釣り/ビギナーでも安心の人気ターゲット

編集部 2017年6月25日

タコ釣りに初挑戦のみっちぃ。6ハイの好釣果であった。ビギナー・ファミリーでも楽しめる釣りレジャー番組「J:COM釣りたいっ!」。 今回はロケの模様も交えて東京湾の人気ターゲットであるマダコとヒラメやカサゴなど高級魚がねらえるカタクチイワシ五目に挑戦!

おすすめ時期:6~7月

山口 充◎レポート

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!