編集部2021年7月21日

『FlyFisher』2021年9月号 Mid Summer好評発売中!

月刊つり人ブログ PICKUP NEWS

この釣りではとかくフライパターンに注目が集まりがちですが、フライを魚に届けるためのリーダー、ラインシステムも非常に大切な要素です。同じ対象魚をねらうのでも、フィールドが違えばフライと釣り方が違います。そしておのずとラインシステムも変わります。特に対象魚のバリエーションが広がり続ける中、名手たちの現時点でのシステムを整理してみました。


名手たちのリーダー&ラインシステム図鑑

つり人オンライン=まとめ

 渓流、本流、湖、ソルト、温水。47人の工夫とこだわり。
 この釣りではとかくフライパターンに注目が集まりがちですが、フライを魚に届けるためのリーダー、ラインシステムも非常に大切な要素です。同じ対象魚をねらうのでも、フィールドが違えばフライと釣り方が違います。そしておのずとラインシステムも変わります。特に対象魚のバリエーションが広がり続ける中、名手たちの現時点でのシステムを整理してみました。

 ほか、朱鞠内湖のイトウの魅力、そして’マッドサイエンティスト’、ゲーリー・ラフォンテーンの名著『The Dry Fly』の第1章を掲載しています。

\連動動画もぜひチェックを!/
今号にて掲載している「夢を育む水 朱鞠内湖」の動画版をお届けします。

上記の動画に、杉坂さんによるフライ解説をくわえたバージョンも「FlyFisherONLINE」にて会員限定公開中です!

『FlyFisher2021年9月号 Mid Summer』 4910177470918

定価:2,200円(税込)
A4変型判164ページ

maxresdefaulta

楽天ブックスはコチラ
ヨドバシ.comはコチラ

定期購読はコチラ

CONTENTS

007 BACK CAST

010
おかげさまで300号。
これからもフライフィッシングと歩み続けます。
CS-001-FF2109


031
再燃
30年目の石井鉄工WELLSTONEリール

037
特集
名手たちのリーダー&ラインシステム図鑑
トラウト編(渓流・本流・湖)
CS-002-FF2109

CS-003-FF2109

岩井渓一郎 嶋崎 了 渋谷直人 岡本哲也 小野光興 佐々木岳大 遠藤岳雄 新藤忠伸 谷々和彦 村島徳治 矢野宏治 富田晃弘 曳地裕成 森村義博 黒石真宏 里見栄正 稲村喜久 吉田俊彦 中峰健児 安田龍司 正田博 仲野 靖 斉藤 明 杉浦雄三 柿沼健二 菅野施公詞 稲田秀彦 土谷勇次郎 森田 清 森岡 正 山口直也 戸澤 求

070
トラウト王国で磨かれる
北海道ローカルラインシステム
西井堅二=文と写真

078
名手たちの最適解 海水&温水編
クロダイ・キビレ・ミナミクロダイ・シーバス・ロックフィッシュ・トレバリー・ブリ・マダイ・シイラ・サワラ・ラージマウスバス・ライギョ・ナマズ・コイ
CS-004-FF2109

杉浦雄三 鈴木寿 坂上じろう 喜多賢治 佐古啓樹 安田陽一郎 本間偉人 稲見一郎 和氣恒久 筒井裕作 中根淳一 藤井江治 正木充 大田政宏 中山勝 丸山拓馬

106
世界を釣るラインシステムざっくり総まとめ
夷谷元宏=解説

110
結局どの方法が一番なのか? 破断実験でわかった強い結びの法則
田中誠治=解説

114
瀬戸際の渓魚たち……Special Topic 04
南九州の小渓を行く
佐藤成史=文と写真

122
里と山をまたいで。
松井伸吾=解説

126
すべては理想のレーンでナチュラルにアプローチするために
安田龍司=解説

130
渚滑川の釣り方
西井堅二=文と写真

136
フィッシングツアーの現在地
夷谷元宏=解説

138
釣れないフライがなぜ生まれるか
抄訳『The Dry Fly ―― New Angles』
ゲーリー・ラフォンテーン=文
東 知憲=文
中根淳一=イラスト
CS-005-FF2109


148
夢を育む水
津留崎 健=撮影
CS-006-FF2109


161
次号予告



おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。