川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

【レポート】猛毒のソウシハギ、東京湾に本格的に進入か?

海水温上昇で南方系毒魚も北上中!?

つり人編集部◎レポート
soushi-02猛毒を持つソウシハギ。伊豆大島の磯で釣りあげられた

 3月17日(日)、伊豆大島の岡田地区で磯釣りをしていた男性が、見慣れない魚を釣った。ウキ下3m、オキアミエサに食いついてきた魚は全長40cmほど。ウスバハギやウマヅラハギに少し似ているが、魚体の模様が明らかに異なる。色合いからして南方系の魚みたいだ。同行の編集部員が記憶を頼りにネット検索したところ、猛毒を有することで知られるソウシハギだった。居合わせた地元漁師の白井友貴さん(60)も
「子どもの頃から半世紀以上、大島の海を見てきたけど、初めて見る魚です。これがあの、ソウシハギですか~」と驚きを隠せない。

soushi-shiraiソウシハギに驚く地元漁師の白井友貴さん

soushi-okadaソウシハギが釣りあげられた伊豆大島の岡田地区の磯

 ソウシハギはフグ目カワハギ科ウスバハギ属に属し、フグ毒「テトロドトキシン」の数十倍の毒性がある「パリトキシン」という猛毒を内臓に含んでいる可能性が高い。元来は熱帯の海域に生息する魚だが、流れ藻などの浮遊物につく習性がある。東京湾や相模湾の生態系に精通する神奈川県水産技術センターの工藤孝浩さんによると、東京湾でも幼魚の姿は以前から見られたという。しかし、いわゆる死滅回遊魚であり、冬場を乗り越えられずに死んでしまうと考えられていた。

soushi-01
 水産庁の釣り人専門官の川上賢治さんにも確認したところ、ソウシハギの成魚が東京湾~伊豆大島にかけて生息しているという情報は水産庁には今のところ入ってきていないという。

 後日、白井さんが地元のダイバーに確認したところ、大島のダイビングでは2、3年前からソウシハギの成魚の姿を普通に見られるようになったとのこと。

 やはり、海水温の上昇が影響しているのかと白井さんにたずねたところ

「間違いないでしょうね。今は大島でタカベを採る網に、あのグルクン(タカサゴ)がたくさん入るんですから。ちなみに、大島のグルクンは脂が乗っていて旨いんですよ笑」

 と衝撃の一言。

image1 大島周辺でも網にかかるようになったというグルクン

 伊豆大島は伊豆諸島の中で最も北の相模灘に位置し、東京湾の目と鼻の先にある。大島にそれだけ生息しているということは、相模湾や東京湾にもすでにいると考えるのが普通ではないだろうか。

 海水温の上昇により相模湾では10年ほど前からキハダが回遊するようになり、北海道でもブリの魚群が押し寄せるようになった。しかし、ソウシハギやヒョウモンダコといった毒を有する生物も北上しているようなので、見慣れない魚が釣れた際には不用意につかんだり食べたりしないように。

2019/3/20

<< 2019/3 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
つり人社の刊行物
カワハギHyper極意伝
カワハギHyper極意伝 本体1,200円+税 A4変型判96ページ
さらなる1尾を手にするための こだわり満載最新カワハギ本が新登場!! テクニカルな釣趣でファンを魅了するカワハギ釣り。 今ではタックルが劇的に進化を遂げたことで、さらなるテクニックや方法論が確立され、よりエキサイティングなゲームが楽しめる…
つり人社の刊行物
すぐに身につく!釣れる『船釣り』最新テクニック 人気13魚種の基本とコツを三石忍が徹底解説
すぐに身につく!釣れる『船釣り』最新テクニック 人気13魚種の基本とコツを三石忍が徹底解説 本体1,600円+税 B5判128P
国内で唯一の総合釣り雑誌、月刊『つり人』誌上にて、2016年から現在まで掲載されている、女性プロアングラー・三石忍さんの船釣りテクニック解説を単行本化。当代のアングラーの中でも、男女を通じて人気・実力ともにトップクラスと誰もが認める〝忍ねえ…
つり人社の刊行物
カワハギHyper極意伝
カワハギHyper極意伝 本体1,200円+税 A4変型判96ページ
さらなる1尾を手にするための こだわり満載最新カワハギ本が新登場!! テクニカルな釣趣でファンを魅了するカワハギ釣り。 今ではタックルが劇的に進化を遂げたことで、さらなるテクニックや方法論が確立され、よりエキサイティングなゲームが楽しめる…
つり人社の刊行物
すぐに身につく!釣れる『船釣り』最新テクニック 人気13魚種の基本とコツを三石忍が徹底解説
すぐに身につく!釣れる『船釣り』最新テクニック 人気13魚種の基本とコツを三石忍が徹底解説 本体1,600円+税 B5判128P
国内で唯一の総合釣り雑誌、月刊『つり人』誌上にて、2016年から現在まで掲載されている、女性プロアングラー・三石忍さんの船釣りテクニック解説を単行本化。当代のアングラーの中でも、男女を通じて人気・実力ともにトップクラスと誰もが認める〝忍ねえ…

最新号 2019年5月号

特集は『タナゴ マブナ クロダイ ウミタナゴ カレイ……春のワクワク釣り場完全ガイド「堤防・小磯」&「湖沼」』。春タナゴ&乗っ込みマブナ入門、乗っ込みマブナ釣り場、タナゴウキの浮力実験、アジのカゴサビキ釣り入門、アジ釣り場紹介、三浦半島ドローン釣り場……などを掲載。陽光が日ごとまぶしさを増す季節。身近な海や水郷のあぜ道に繰り出せば、きらきらと銀鱗を輝かせる元気な魚たちが、春の目覚めとともに命の躍動を伝えてくれる。家族と、友人と、たっぷり遊んで満ち足りる一日。貴方・貴女の「行きたい!」はどれですか? そのほか、バチ抜けシーバス入門、桂川支流鶴川のヤマメ釣り、渓流ファン5人による解禁レポートなどをお届け。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中