編集部2019年9月30日

10月4日(金)、上州屋東陽町店にて大野ゆうきさん来店イベントが開催!

月刊つり人ブログ

10月4日(金)19時より、東京都江東区の上州屋東陽町店にて、大野ゆうきさんによるサイン会とトークライブのイベントが開催されます。

新刊ムック『Gene of morethan ジーン・オブ・モアザン』発売記念

つり人オンライン=まとめ

10月4日(金)19時より、東京都江東区の上州屋東陽町店にて、大野ゆうきさんによるサイン会とトークライブのイベントが開催されます。

このイベントは弊社の新刊ムック『Gene of morethan ジーン・オブ・モアザン』の発売を記念したもの。

日本のシーバスフィッシングをけん引し続ける「モアザン」ブランドのDNAを余すところなく解き明かす同書の誌面で、自身の「マッチ・ザ・バイト」理論の解説や、モアザンロッドの徹底インプレッションをしてくれた大野さん。

今回のイベントでは、同書の内容にふれながら自身がプロデュースしたルアーの使用方法や、これからの季節のルアーローテ術などをテーマにトークしていただく予定です。

■タイムテーブル
19:00~20:00 サイン会・フリータイム
20:00~21:00 トークライブ
21:00 トークライブ終了後、ジャンケン大会
その後、フリータイム
22:00  終了

◆アクセス方法など詳細は上州屋東陽町店のイベントページでご確認ください。

◆上州屋東陽町店
〒135-0016
東京都江東区東陽7-5-4
tel03-5632-1152



Gene of Morethan ジーン・オブ・モアザン

hyoushi 定価:1,500円+税
出版年度:2019
A4変形114P



 ニッポンが誇るシーバスのルアーフィッシング。創生期から先陣を切ってこの釣りを切り拓いてきたダイワの歴史は、そのまま「モアザン」というブランドに注ぎ込まれ、今なお進化の頂を尖らせ深化のすそ野を伸ばし続けている。

 本州・四国・九州の広範囲にわたりベイエリア、大河川、干潟、サーフ、磯……とさまざまなフィールドで展開し、デイ&ナイト問わず楽しめる身近でエキサイティングなシーバスフィッシングは、確固たる人気を誇るメイド・イン・ジャパンの王道ルアーフィッシングと言えるだろう。

 そのDNAすべてに刻まれるGene of Morethan――モアザンの遺伝子を知ることは〝ニッポンのシーバス釣り〟を読み解くことなのだ。

CONTENTS


006
プロローグ
強烈なる前進の遺伝子~Gene of morethan~

10-11
014
モアザンが作り上げたシーバス釣り。

14-15
016 マッチ・ザ・バイト×大野ゆうき
022 マッチ・ザ・バイトのゲーム理論 大野ゆうき
030 大野ゆうきのタックル論
034 レバーブレーキ釣法×小沼正弥
040 パワー&フィネス×高橋慶朗
046 テクニカルシャロー×山内勝己
052 リバーランカー×及川太一

52-53
058 進化するヒラスズキゲーム×山本典史
064 MORETHAN COLUMUN 
レジェンド中井一誠が語るニッポンのヒラゲーム黎明期


065 モアザンにいたるタックル進化の歩み
特別鼎談 シーバス年代記
村越正海×大野ゆうき×高橋慶朗

65
66-67
078 テスターがここに驚いたモアザンの技術革新

78-79
086 注目のモアザンロッド徹底インプレッション 大野ゆうき

86-87
094 俺のベイトシーバススタイル 小出 慎/松成修一

100 存在理由を知って装備せよ!
モアザン全ルアーカタログ

100-101
108 ベイトパターンで考える勝負ルアーとその操作
藤田知洋/橋本隆志/松永昌己

表紙写真=Tabuse Hiroshi
表紙デザイン=Kusanagi Nobuyuki



2019/9/30

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。