編集部2019年10月10日

『ロックフィッシュ地獄』で気仙沼ロックフィッシュ・フェスタのウイナーを取材!

月刊つり人ブログ

10月15日に発売となる弊社ムックロックフィッシュ地獄2019-2020』。メバル、ハタ、アイナメ、ソイなどあらゆるロックフィッシュゲームの最前線を網羅している1冊です。

今年のトーナメント参加者も募集中! 令和のロックスターは君だ!

つり人オンライン=まとめ

 10月15日に発売となる弊社ムック『ロックフィッシュ地獄2019-2020』。メバル、ハタ、アイナメ、ソイなどあらゆるロックフィッシュゲームの最前線を網羅している1冊です。

rock2019-banner

 九州から北海道まで日本各地のロックシーンを紹介しており、「北海道・東北・北陸 ロックの本場から」と銘打った特集では、昨年気仙沼大島で開催した気仙沼ロックフィッシュ・フェスタの優勝者・熊谷捷紀さんを取材した記事も掲載しています。

 生まれも育ちも気仙沼という熊谷さんに日を改めて同行取材。ロコアングラーならではのビッグアイナメ捕獲メソッドを掲載しています。

img05372
img05373
 そして2019年も11月3日(日)に第2回 気仙沼ロックフィッシュ・フェスタが開催予定!

 もちろん今回も優勝者の釣りを取材させていただきます。

 ただいまトーナメント参加者を募集中です! 先着順となりますので、お早めにご応募ください!

◆第2回 気仙沼ロックフィッシュ・フェスタの詳細はこちら
https://web.tsuribito.co.jp/officialblog/2019rockfishfesta

参加申し込み方法
イベントプラットフォームサイト「e-moshicom(イー・モシコム)」にて申し込みフォームを開設いたしましたので、下記リンクボタンよりお申し込みください。
※申し込みには「e-moshicom(イー・モシコム)」のアカウント登録が必要です






ロックフィッシュマニアに捧げる至高の一冊 001_cover
 息を呑む絶景あり、惚れ惚れする魚体あり、膝を打つアイデア満載のリグや機能あふれるタックルの紹介あり、そして綺羅星のごとく輝くロック界のスターフィッシュたちが勢ぞろい。冬から春にかけて盛り上がるメバル、夏から秋にかけてアングラーを魅了するハタ、そして北の海の主役で主役を張るアイナメ、ソイ。すべてのロックシーンの最前線がこの一冊に凝縮されています。

定価:本体1,500円+税
A4変型判132ページ


2019/10/10

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。