編集部2019年11月14日

本日発売『シーバスライフ』第二号、特集テーマは「ルアーを流せ!」

月刊つり人ブログ PICKUP

日本で唯一のシーバスフィッシング専門誌。リニューアル第二号の特集「ルアーを流せ!」は、秋から冬の最盛期に効果絶大のドリフトテクニックを解説。

始めるなら今! コンディション抜群のシーバスが狙えます

編集人 RIVER-WALK 若林 輝

seabasslife02-kokkuti (11)a

 日本で唯一のシーバスフィッシング専門誌『シーバスライフ』の創刊第二号、特集テーマは「ルアーを流せ!」です。「え? ルアーって引っ張って動かすものじゃないの?」と思われる方も多いかと思います。ところがシーバスは、ルアーを流す釣り、いわゆる「ドリフト」の釣りが抜群に効果的なんです。そして一年の中でも、この「ドリフト」が最も有効な時期こそが、まさにシーバス釣りのハイシーズンである秋~晩秋なのです。

seabasslife02-kokkuti (2)

 流れと言えば川。晩秋の川といえば、落ちアユのシーズンです。落ちアユとは夏場、上流の瀬を泳いでいたアユが、やや下流の瀬に落ちてきて集まり、産卵を行うことです。また、アユは一年魚ですから、産卵を終えたものは弱ってフラフラとさらに川を下っていきます。ボリュームたっぷりの美味しいアユが、どんどん流れてくる時期なわけです。

seabasslife02-kokkuti (22)

 そこでシーバスは定点に位置取り、流れてくるアユをバンバン食べて太っていきます。そんなシーバスを狙うための釣り方がドリフト、というわけです。

seabasslife02-kokkuti (14)

 もっともドリフトが効く場所は川だけではありません。ベイエリアの水路や磯の水道、サーフの離岸流、干潟のスリットなどなど。そして川でもアユを食べているシーバスだけはなく、さまざまなベイトフィッシュを流れのなかで待ち受けるシーバスにはドリフトテクニックが有効となります。

seabasslife02-kokkuti (23)

 今回の特集では、ドリフト名手たちのちょっとしたコツに焦点を当てて、詳しく話を聞いているほか、ドリフトの釣りを理解するための基本的な考え方もわかりやすくまとめてあります。



今月も臨場感のあるシーバスフィッシングの写真が満載!!

seabasslife02-kokkuti (7)

 そして今号も『シーバスライフ』ならではの、カッコよく臨場感あふれるシーバスフィッシングのグラビアが満載です。読み応えもたっぷり。「幸せになれるシーバス釣り」を提案する一冊は、今号も保存版の仕上がりとなっています。ぜひ一冊、手元に置いて、気になった時にパラパラと読みこんでみてください。あなたのシーバスフィッシングライフをよりいっそう豊かなものに……そんな願いで今号もお届けします!

seabasslife02-kokkuti (1)


img07676
定価:本体1,400円+税
A4変型判116ページ



【お詫びと訂正】

■P8~9にて掲載いたしましたルアーセレクトに関する記述に一部誤りがありました。謹んでお詫びするとともに下記のように訂正させていただきます。

【誤】P8右端見出し「沖堤セレクト」,P9左端見出し「河川セレクト」

【正】P8右端見出し「河川セレクト」,P9左端見出し「沖堤セレクト」

 

P81にて記載いたしました「フィッシングショーOSAKA2020」開催日に関する記述に一部誤りがありました。謹んでお詫びするとともに下記のように訂正させていただきます。

【誤】220日(土)9:0017:00

2月21日(日)9:0017:00

【正】28日(土)9:0017:00

2月9日(日)9:0017:00


CONTENTS

013
特集
ルアーを流せ!

014
バイトチャンスを与えることが
ドリフトの真骨頂
郡司和福

CS2_361

022
磯でも川でも「流れ」があれば利用できる力
浮き沈みはすべてこの力のコントロール次第
揚力を使ったドリフトの理解
山本典史

CS3_360

026
こっそり正しておきたいカン違い
ドリフトを理解するうえで注意すべき基本

029
オヌマンが明かす「流し」のロジック
ドリフト問答
小沼正弥

特別企画
036
この魚がいる限りオレは貫く
ジンセイとシーバス
嶋田仁正

052 ダイワの新シーバスタックルをチェック
NEWラテオR+バリスティックインプレッション

056 ハイエンドと言われるゆえんを徹底検証!
シマノ エクスセンス
現代シーバスロッドのテクノロジーを聞く

060 A NEW VISION
量産精度の高いウッドルアーとは?

062 タフ&クールなシーバスアングラーに。
2019年秋、NEWフロッグマンが登場!!

連載
005 生活をシーバスとともに。若林 輝
第二回 シーバス釣りに抱える矛盾

007 あの時、あの瞬間。 松本賢治
第二回 シーバス報道の責任感

008 This mouth’s LURE BOX Vol.02
山内勝己の11~12月の河川&沖堤防での一軍ルアー

CS1_359

042 湾奥ゼミナール 大野ゆうき
Vol.02 河口域の足元というポイント。

CS4_358

046 新連載
船長直伝! 東京湾ボートゲーム誌上ガイド
ON BORT!
シーズナルパターンの要点
須江一樹
第1回 コノシロを意識したハイシーズンパターン

050 Shall We PHOTO? カッコいいシーバス写真の撮り方 松本賢治
第二回 かっこいい「シーバスの置き」写真ってナニ?

064 New Items Picks
今月の気になるシーバス用新製品情報
メガバス/カゲロウ155F、コアマン/RJ-10ほか

068 STEP by STEP forシーバスフィッシング 冬のパターンを読む!
冬の湾奥ゲーム必釣! 虎の巻
三宅善洋

072  STEP by STEP forシーバスフィッシング 美しい魚を釣りたいからこそ!
釣り人が気持ちのいいシーバスへの接し方
SEABASS Life編集部

076  STEP by STEP forシーバスフィッシング ナイトゲームが楽しくなる!
夜が待ち遠しい釣り向きライトを手に入れよ
SEABASS Life編集部

080 必修シーバス釣りのか行。

081 今月のピックアップNEWS

083 Time to Release シーバスのための自由な時間の過ごし方 松本賢治
第二回 ALL PLAY CONNECTED 福井悠太 「ガサガサ」からシーバスまで。

092 BIG BAIT BRIEFING ビッグベイト、真実の報告。
第二回 衣川真吾 楽しむためのスタンス

CS5_356

101 新連載
キャスティングプレゼンツ!
旬のシーバスルアーインプレッション
キャスプレ!
第1回 東京湾のオープンウォーター攻略

108 ベースラインを感じたい 若林 輝
第二回 荒川水系(埼玉県) 泥水の中からすくいあげるプラチナ

表紙デザイン=草薙伸行(プラネットプランデザインワークス) 表紙写真=松本賢治

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!