編集部2013年5月15日

タナゴ釣りは今が面白い!

月刊つり人ブログ

魚の中には産卵期に入ると 魚体の色が変色するタイプがいます。 これを婚姻色といいます。

タナゴ釣りは今が面白い!

つり人編集部=写真と文


魚の中には産卵期に入ると
魚体の色が変色するタイプがいます。

これを婚姻色といいます。

人間の場合、おめかしを一生懸命するのは女性ですが
魚の場合は、たいていオスのほうが婚姻色が鮮明に表われます。

婚姻色で有名な魚がタナゴです。

タナゴといってもヤリタナゴ、バラタナゴ、カネヒラ、カゼトゲタナゴなどなど
さまざまな種類がいます。

中には秋に産卵期を迎える種類もいますが
多くは春産卵で、今はまだ婚姻色が鮮明のものが多く釣れます。



タナゴ釣りファンのバイブルとされる
タナゴ ポケット図鑑は、似たように見えるタナゴの種類の見分け方が、分かりやすく説明されています。

タナゴ釣りというと
和竿で楽しむ向きが多いです。



最近は、釣りメーカーも積極的にカーボンやグラスでタナゴザオを作るようになりましたね。

ルアーメーカーの中にも、タナゴザオを作っているところがいくつかあります。

ルアーフィッシングのような動きのある釣りではありませんが
ルアーフィッシングにはない楽しさもあります。

今の季節、オススメです!

(山根)

2013/5/15

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!