編集部2015年12月2日

釣りはフナに始まりフナに終わる

月刊つり人ブログ

「釣りはフナに始まりフナに終わる」 という格言があります。 サオ、イト、ウキ、オモリ、ハリ、エサを釣りの六物などと言いますが 昔は、それらを使った最も身近な釣りがフナ釣りだったわけです。

釣りはフナに始まりフナに終わる

つり人編集部=写真と文

「釣りはフナに始まりフナに終わる」
という格言があります。

サオ、イト、ウキ、オモリ、ハリ、エサを釣りの六物などと言いますが
昔は、それらを使った最も身近な釣りがフナ釣りだったわけです。

子どもの頃にフナで釣りの楽しさを覚え
大人になり行動範囲が広がると、海や渓流に足を運ぶようになって
フナから遠ざかっていきます。

で、老いてきて遠出が難しくなってくると
また近所の小川でフナを釣るというわけです。

若かった頃は
荒磯でイシダイやヒラマサを釣り
人跡稀な渓流にヤマメやイワナを追い
沖でマダイやブリをたくさん釣ったけれど
釣りの六物を使った素朴なフナ釣りの魅力を
晩年になって再認識するわけです。

「やっぱり、釣りはフナに始まってフナに終わるんだな」
と。

残念ながら
水辺環境の悪化でフナは都市部から姿を消し
現在は身近な入門ターゲットではなくなってしまいましたが
フナ釣り自体が楽しめなくなったわけではありません。

今でも、フナがいるところには、信じられないくらい多くの人たちが
出会いを求めて集まってきます。

フナ釣りの超初心者向けレッスン動画が
Honda釣り倶楽部にアップされていますので
興味のある方はチェックしてみてください!






2015/12/2

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!