川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

ヤマメ・イワナ釣り/早春の里川攻略10の心得 :後編

おすすめ時期:早春

文◎望月竜也 写真◎編集部
046-049saotgawa-teku2_cs6 (5)a 瀬脇の緩流帯にある深みや石の前がポイントになる

解禁初期の渓流釣りは平野部の流れ、里川エリアが有望ポイント。特に源流部が低い山で雪代の影響を受けにくい川ほど渓魚の活性が高い。ここでは富士川や大井川水系をホームにする望月竜也さんが早春の谷を攻略する10の心得を説く

046-049saotgawa-teku2_cs6 (3) 望月竜也さんは1970年生まれ。山梨県南部郡在住。盛期は大ものを求めて本流に通い、南アルプスの源流域に単独でアクセスするなど幅広いフィールドで渓流釣りを楽しんでいる

この記事は『つり人』2018年5月号に掲載したものを再編集しています。

前編はこちら

心得6
定番エサでも釣れる


 エサはイクラ、キヂと匂いの強いものが活性の低い魚にもアピール度が高い。また視覚的なアピールに優れるブドウムシも効果的だ。キンパクやヒラタといった川虫も強力なエサだが、確保するのに時間が掛かるので私は定番のエサで釣行することが多い。

渓魚の目先を変えるエサローテ

まだ水温の冷たい時期はイクラ、キヂと匂いが強いものを主体に使い、定番エサで出ない場合や先行者がいる場合には川虫を使う。水深のある流れの緩やかなポイントではイクラとキヂ、流れもあり水深も浅ければ外れにくいキヂ、ブドウムシで探り始める。ようすを見てアタリが出なければいくつかエサを試して当たりエサを早めに見つけ出す。時間帯で食性が変わることもありエサを換えて確認する。1ヵ所で数尾釣れる場合は魚の目先を変えるためにいくつかのエサをローテーションして使う。

046-049saotgawa-teku2_cs6 (12) イクラは2つ3つと多めに付けることが多い。イクラのエキスは寄せエサの効果もある

046-049saotgawa-teku2_cs6 (11) ブドウムシはハリスまでこきあげるくらいのイメージで装餌

046-049saotgawa-teku2_cs6 (13) 046-049saotgawa-teku2_cs6 (14) キヂはミミズ通しを使うとフッキングしやすい

心得7
ポイントは深みがほとんど


 早春の低水温時は流れの強い瀬に入って活発にエサを追わない。ある程度流れの緩い石周りに潜み、エサが目の前に流れて来るのを待っている。障害物のある深みがポイントの目安。なかでも深い淵や堰堤下などの落ち込みは本命である。見落としやすい岸際の深みも流れが緩やかで石裏にエゴがあるなら魚は着いている。

046-049saotgawa-teku2_cs6 (6) 流れの緩むカケアガリでヒット

心得8
アプローチは木化け石化け


 アプローチは細心の注意を払い、身を潜めて近づく。いわゆる木化け石化けの精神である。太陽の向きにも注意してなるべくサオや身体の影を映さないようにしたい。つまり太陽を背にする立ち位置は極力避ける。

046-049saotgawa-teku2_cs6 (2) 石化けしてアプローチする望月さん。基本は下流から上流に向かってアプローチする

 注意したいのは物音である。石が転がる音はポイントを潰しかねないので気を配る。振り込む前には頭上の木や対岸の枝との距離を確認して仕掛けを絡ませないように注意する。木々が被さる深みは見るからにサオ抜けのスポットだ。サイドスローで振り込むのだが、この時サオ尻ではなくサオ尻から30cmほど上を持って振り込むと、サオの重心が変わり軽い力で振り込みやすくなる。

心得9
エサをゆっくり流す


 基本は重めのオモリで魚の鼻先にエサがなびくようにゆっくりと流していく。低水温では魚の動きも悪い。ナチュラルな流しではアタリが出にくいことが多々ある。瀬に定位している魚を見かけたら、表層の流れよりも少し遅く流れるようにオモリを調整する。

 淵等の大場所では4B~5Bといった重いオモリをハリから50cmくらい離して付け、仕掛けの送り込みを止めてエサをスイングさせるのも効果的だ。

心得10
時には逆転の発想を


 渓流釣りは釣り上がりが基本である。魚は流れに頭を向ける。だから下流からアプローチしたほうが魚を脅かしにくい。しかし場所によっては釣り下ることが効果的なこともある。トレースラインが変わり、仕掛けを送り込む操作(スイング誘い)がしやすくなるからだ。またアタリが出ない場合に対岸からアプローチすると釣れる場面も多い。この釣りは流れに乗せて仕掛けを流す。川の形状や石の配置によって当然流れの筋は変わる。魚の鼻先にエサを届けやすい筋は立ち位置ひとつで大きく変わるのである。





2019/3/27

つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…
釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店


つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…
釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店

最新号 2019年8月号

特集は「今、都市河川が熱い! 夏は「川」クロダイ」。ピンと立った背ビレは、ライオンのタテガミのごとし。鉛のような銀鱗は武士の甲冑のようでもある。そんな風格漂う磯・堤防釣りの王様、クロダイが身近な都市河川で釣れている。それも手軽な釣法で、キャッチ率も高いというから驚きだ。なぜクロダイは川に入るのか? いかなる時がチャンスなのか? 各地のデータを集め、多角的に調査したところ、盛期は「夏」。憧れの1尾に出会える熱い川は、すぐそこを流れている!
そのほか、アユ解禁1ヵ月後の釣果倍増計画、ライトなアユ釣りの提案、鬼怒川の解禁速報、全国アユ河川解禁情報パート3など旬な情報をお届け。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中