編集部2020年1月6日

秋田県・男鹿半島のメバル・プラッギングゲーム

メバル 全国おすすめ釣り場 秋田

真冬の人気ターゲット、メバル。厳しい寒さの東北エリアでおすすめのメバル釣りスポットが秋田県の男鹿半島周辺です。

極寒の果てにある楽しさ

協力◎二田誠


◆関連記事
キャストができなくてもルアーでメバルを釣る方法


 

真冬の東北でも果敢にバイトしてくる

 メバリングは手軽な釣りの代表格であるが、極寒の東北においてはそうはいえないかもしれない。それでも釣り物がめっきり少なくなるこのオフ期にはなくてはならないターゲットで、吹雪さえも物ともしないファンも多い。逆に寒さや風の強さなどさまざまな障害が1尾の価値が高め、釣った時の喜 びは大きくなる。

 1尾の価値というとあまり釣れないような印象を持つかもしれないが、実際には入れ食いなることも少なくない。誰もいない漁港で1人ほくそ笑むファンも少なくないが、できれば事故防止のため単独釣行は避けたいところだ。

 真冬から3月上旬までは25㎝以上の良型はあまり出ないが、それでもたまに28㎝クラスも釣れるので気は抜けない。ゲストフィッシュとして30㎝を超えるようなクロソイのアタックもあり、スリルがあって面白い。時間帯は、やはりメバルの活性が高まる夕方から夜がベスト。

tba3_ph_02_09
雪に覆われた男鹿半島

tba3_ph_02_10
凍っている場所もあるので要注意

tba3_ph_02_13
夜の漁港。常夜灯があったほうが安心であり、常夜灯周りは有望ポイントだ

ライトゲームアカデミー
固定観念を捨て、昨日までの不可能を可能性に変える! ライトゲームカテゴリーを網羅した一冊です! 大人気のアジング・メバリングは、すべての情報をバージョンアップ。 さらに従来のライトゲームのイメージにとらわれることなく、ターゲットはより広く、攻略法はより深く、まさにソルトルアーフィッシングにおけるライトゲームのバイブル的な内容に仕上がっています。 ライトゲームを今まで以上に広く・深く・自由に楽しむための重要なヒントを、第一人者の著者が語り尽くします!



風を考えたライン選び

 ロッドは活性の低いメバルのバイトや、軽量ジグヘッドの重みの変化を捉られる感度はもちろん、風の影響も避けやすいようにある程度長さがあるものが理想。海面にラインを近づけやすくかつシャキッと張りがあり、軽量な物がよい。また、その軽量さを活かせるようにリールもできるだけ軽いものがよい。

 季節的に風が強いことから、ラインへの抵抗が掛かるとレンジキープが難しくなる。通常は低伸度で感度もよく、ライトラインの中でさばきやすいPEラインでよい。だが、風が強い状況によっては比重のあるフロロカーボンかエステル系ラインが有効になるので、異なるラインを巻いた替えスプールを持っておくと安心だ。

 寒さで手がかじかみリーダーも結べない状況も考えて、あらかじめリーダーを組んでおくか、リーダーなしの直結でもいけるラインを巻いておきたい。

tba3_ph_02_01
このサイズが出ると寒さも吹き飛ぶ

tba3_ph_02_12
協力者の二田さん。幅広い釣りに明るい

tba3_ph_02_02
基本的に向こうアワセだが、微妙なアタリもありわずかな変化に集中してねらっていく

ねらいはドシャロー

 基本的には風が強く波が高い季節なので、釣りが成立する風裏エリアでかつ雪が積もっても足もとが比較的安全な防波堤や岸壁を選びたい。水温が軽く10度を切る季節となるとねらうは深場、と考えがちだが、実はおすすめなのが水深1m未満のドシャロー。これ は、人があまりやらないことと、浅場にいるということはそれだけやる気のある個体がほとんどということ。また、レンジを刻まなくてよいなどの要因で勝負が非常に早い。もちろん、砂底のようなドシャローは望み薄だが、テトラ、岩盤、海藻などがしっかり入っているなら有望だ。

 そのドシャローを効率よくねらえるのがミノープラグ。特にリップ付きのフローティングミノーなら、初心者でもとりあえずキャストができればただ巻くだけでヒットレンジを一定に引くことができる。

 基本はフルキャストしてから底を拾わない程度のデッドリトリーブ。明確なバイトはほぼ向こうアワセで掛かってくれるので難しくないが、フッとわずかにテンションが抜けるような微妙なバイトはきっちり合せないと掛からない。これを見分けるにはタックルの性能はもちろん、慣れが必要。釣果が劇的に変わるのでぜひマスターしたい。

 手軽でありながら、かなり奥深いメバリング。ぜひとも極寒をものともせずフィールドに通っていただきたい

ジップベイツ『リッジ35SS』 tba3_ph_02_kakomi01
飛距離と感度に優れたスローシンキングミノー。男鹿磯のような流れのあるポイントで藻場をサスペンドさせるのに最適。大型ねらいのアングラーは必携だ


tba3_ph_02_03
根に潜られないように素早く寄せて、最後は抜き上げる

tba3_ph_02_05
身体の大きさに似つかわしくない力強い引きをみせるメバル

tba3_ph_02_04
シャローエリアをデッドスローリトリーブでねらうのがおすすめだ

tba3_ph_02_07
魚の反応を見ながらミノープラグを使い分けていく

tba3_ph_02_08
カブラも有効

tba3_ph_02_06
寒さと荒波にもまれて育った男鹿半島のメバルは体高がありサイズ以上に大きくみえる

tba3_ph_02_14
クロソイもヒットする

ディスカウントショップドジャース・本館 tba3_ph_02_kakomi02-1
住所=秋田県秋田市山王臨海町4-37 営業時間=9時半~19時半 問合先=℡018・864・0621


map3_02_out
交通●秋田自動車道・昭和男鹿半島ICからR101を北西方向へ道なりに進む。船川港比詰交差点で左折し、県道59号へ進む。昭和男鹿半島ICから男鹿半島まで約30㎞。車で約40分



協力◎二田誠
釣り具も豊富に扱う、秋田市内のディスカウントショップ「ドジャース」スタッフ。これまでさまざまな釣りをこなしてきたが、近年はアユ釣りにドップリ。今年からはタコ釣りも始めた


この記事はつり人2019年3月号でも読むことができます



 

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!