編集部2019年11月8日

キャストができなくてもルアーでメバルを釣る方法

メバル 魚種別釣りガイド

LEON加来匠さんの著書『ライトゲームアカデミー』から、キャストができなくてもメバルが釣れちゃうテクニックを紹介します。

LEON 加来匠著『ライトゲームアカデミー』より

つり人オンライン=まとめ

IMG_4380 

メバルをはじめとする小型魚をルアーでねらうライトソルトゲーム。堤防や漁港など足場の良いスポットでも楽しませてくれるターゲットなので、最近でははじめての釣りがライトソルトだったというアングラーも増えてきているのではないでしょうか?

ですがルアーフィッシングはキャストが必要。なかなか遠くまで飛ばせなかったり、ねらったところに落とせなかったりして釣果が伸び悩んでいるビギナーの方や、キャストができない彼女や子供に釣らせてあげたいと思っているベテランアングラーも多いのではないでしょうか?

そこで今回は、LEON加来匠さんの著書『ライトゲームアカデミー』から、キャストができなくても釣れちゃうテクニックを紹介します。
img07434
本書の中で加来さんが解説しているのは、テクニックといっても超簡単。

岸壁ギリギリに軽めのメタルジグを落として、ゆっくり巻き上げてくる。1mごとにストップしてロッドをチョンと動かして待つ、というものです。

金属でできているメタルジグですから、遠くへ投げて、もっと激しく動かさないと魚をだませないのではと思いがちですが、加来さんはこう言います。

重要なのは、そのルアーで何を(どんなベイトを)模した演出をするかであり、場合によっては下手に動かさないほうがずっとよく、あたかも活きエサで釣っているかのようなスローアクションが有効な場面が多々あるのです。

※『ライトゲームアカデミー』p36より


冒頭のメバルは、この記事を書いているつり人オンライン担当スタッフ(私)が、内房の人気ポイントでこの釣り方をマネしてキャッチしたものです。私は群馬県出身で、バス釣り経験はありますがメバリングは初めて。ですが簡単に釣れてしまい驚きました。

ちなみに、メタルジグではなくジグヘッドでも同じように釣れました。ぜひ試してみてください。

IMG_4383
カサゴもつれました


『ライトゲームアカデミー』には、このように目からうろこの考え方やテクニックが満載です。Kindle版もありますのでぜひチェックしてください!

ライトゲームアカデミー

Kindle版あります!
001_cover

定価:本体1600円+税
著者:LEON 加来匠
A5判並製176P

固定観念を捨て、昨日までの不可能を可能性に変える! ライトゲームカテゴリーを網羅した一冊です! 大人気のアジング・メバリングは、すべての情報をバージョンアップ。 さらに従来のライトゲームのイメージにとらわれることなく、ターゲットはより広く、攻略法はより深く、まさにソルトルアーフィッシングにおけるライトゲームのバイブル的な内容に仕上がっています。 ライトゲームを今まで以上に広く・深く・自由に楽しむための重要なヒントを、第一人者の著者が語り尽くします!



アジング・メバリングがある日突然上手くなる

001_cover

定価:本体950円+税
著者:LEON 加来 匠
四六判並製144ページ

 釣れる人、釣れない人の狭間に存在しているのはちょっとしたコツ。それを知っているか、知っていないかで釣果は大きく変わってくる。悩める「自称中級」者たちに贈る、目からウロコの上達ヒント集です。LEON加来匠さんが解説する六つの扉を理解して繰り返し実践すれば、アジング・メバリングが「突然上手くなる」を実感する日は必ず訪れる! 壱ノ扉:ソルトライトゲームの超メカニズム/弐ノ扉:それでいいのか? タックル大検証/参ノ扉:「自称中級」が落ちる穴/四ノ扉:錯覚と苦手意識を持たないためのルアー考察/伍ノ扉:リアル中級者への階段/六ノ扉:さらなるステップアップのためのヒント



ルアーフィッシング ブルーオーシャン戦略&レッドオーシャン戦略

001_cover



001_cover



定価:本体1,500円+税
A5判並製カラー112P

 『ブルーオーシャン戦略』はマダイ、キジハタ、スジアラなどの新しいターゲットを中心に、『レッドオーシャン戦略』はシーバス、タチウオ、アオリイカなど、激戦の人気ターゲットを中心に釣果直結の基本とキモを詳解。自分の釣りたいターゲットの要点がすぐ分かる、今までにないコンセプトのターゲット別・海のルアー釣り解説書。最初の見開きに「3大要素」「基本タックル&釣法」「ルアーセレクト」を収載。これだけでその釣りのアウトラインはOK! 付箋表示で「岸から? 船から? シーズンは?」もひとめで分かる! その先は必要に応じてステップアップ等のさらなるキモを追加。ビギナーから経験者まで役に立つ、まさに「基本を知り、応用を知れば百戦危うからず」の内容です。


■掲載記事の一部をこのサイトで読むことができます
カサゴの釣り方とタックル&ルアーの選び方
ルアーフィッシングの基礎/トレブルフックとシングルフック。それぞれの長所は?

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!