川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

アオリイカ釣り/三重県尾鷲市・海野漁港 

穴場スポットで秋アオリ

レポート◎川井英嗣
tokai (5) シャローに入っているアオリイカは捕食モードに入っているため、勝負が早い

レポート◎川井英嗣
昭和47年生まれ。愛知県在住。フィッシングエリアは、三重県尾鷲から熊野、福井県敦賀湾、伊勢湾、遠州灘。ソルトウオーターのルアーフィッシング全般を楽しむが、エギングが得意

この記事は『つり人』2017年1月号に掲載したものを再編集しています。

有名港近くの穴場釣り場


紹介する海野漁港は紀伊長島港の西に位置する。紀伊長島港には劣るものの魚影は濃い。紀伊長島港があまりにも有名なため、海野漁港は陰に隠れがちで、立ち寄るアングラーは比較的少ない。漁港の位置も奥まった所にあるため少し分かりにくいのもアングラーが少ない理由の1つかもしれない。

この時期ねらえるターゲットはアオリイカだ。ポイントとしては堤防沖向きのテトラ帯と左右のシャローがポイントになる。この時期になると、気温とともに水温がじゃっかん下がり気味になるため、シャローでの釣りは条件が整わないと厳しい。好天が続き、温かい日がねらいめだ。

メインポイントは堤防沖向きのテトラ帯だ。水深もあるので、アオリイカの寄りもよい。とても高い堤防だが、先端に向かうと階段があり、そこから上部へ上がる。テトラはやや大きめだが、足場のしっかりした場所を確保できるように確認してから進みたい。テトラが大きいということは、荒れた時には波も大きいということ。事前に天候を確認して釣行していただきたい。

堤防はカーブ状になっており、先端に行くと沖堤防がある。沖堤防との間は根も複雑であるが、やや浅めのため中間のテトラ帯が変化している所がねらいめだ。

シャロータイプで根掛かり回避


餌木は3.5号のノーマルがよいが、浅場を釣る場合はシャロータイプがよい。底質は沖が砂地、手前は根絡みのポイントのため、手前のテトラ際までチェイスしてくることも多い。手前までシャクってきたらすぐにピックアップせず、少しステイさせてようすをみよう。

手前で底を取ると根掛かりの確率が多くなる。沖では底を取ったほうがよいが、手前ではカウントをして根の上を釣るようにしたい。上に跳ね上げるイメージでシャクるとよいだろう。

この時期に釣れるサイズは800g程度まで。昼夜問わず釣れるが、テトラ帯は足場が悪いので避けたい。その代わり、夜間はシャローに差してくるイカがいるので、そちらをねらおう。

サーフに磯が絡むポイントのため、シャロータイプの餌木で少しでも深い所をねらいたい。シャローに差してくるイカは食い気がある場合がほとんどだ。夜間であれば、イカがいれば比較的簡単に釣れる。シャクリ方は何でもよいが、フォール時間を長くするためにテンションフォールがベストだ。

この漁港は足場が悪いので、スパイクシューズとライフジャケットを装備して釣行していただきたい。特にテトラ帯は高所であるため、夜間は控えて安全に釣行しよう。

tokai (6) 堤防沖のテトラ帯がメインポイント

交通●紀勢自動車道・紀伊長島ICを下り、R42を熊野方面に南下。県道581号線に入り、10分
問合先●つりエサ市場 尾鷲店(℡0597・23・1089)


2017/11/24

つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…
釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店


つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…
釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店

最新号 2019年9月号

特集は「やってみたい釣り、行ってみたい川、全部これでOK 夏の川釣り超入門!」。 どんよりとした梅雨が明ければ、いよいよ夏の日差し。最近は困った猛暑も多いが、ひんやりとした流れに浸り、川を棲み処とするたくさんの生きものと触れあえば、大人も子どもも分け隔てなく眩しい季節の一部になれる。テーマはずばり「川ガキに戻ろう!」。ちょっと乱暴なその呼び方には、忘れたくない溌剌さ、元気、夢中で遊び回る大切さが込められている。ターゲットはヤマメ、アマゴ、イワナ、アユ、カジカ、オイカワなど。そのほか、天然ソ上が好調な日本側のアユ釣り最新情報、読めばクールダウン間違いなしの水辺の怪談、釣りエサのひみつなどをお届け。 
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中