編集部2020年7月13日

兵庫県淡路市・佐野新島のシロギス釣り

海の岸釣り シロギス 全国おすすめ釣り場 兵庫

島全体がポイントの兵庫県・佐野新島。防波堤や護岸からのチョイ投げ釣りなら初心者でも簡単にチャレンジ可能!

手持ちザオでシロギスの群れを捜す傍ら置きザオでもアタリを待つ

簡単チョイ投げでプルルッとアタリ爽快!

レポート◎高崎冬樹

島全体がポイントの兵庫県・佐野新島。防波堤や護岸からのチョイ投げ釣りなら初心者でも簡単にチャレンジ可能!

この記事は『つり人』2019年8月号に掲載したものを再編集しています。

全島がポイントのチョイ投げパラダイス

 大阪湾周辺の瀬戸内海でシロギス釣りが本格化するのは水温が15℃以上になる5月も終わりのころだ。梅雨入りとともに最盛期を迎え、秋10月ごろまで釣れ続く。大阪湾周辺では25㎝を超えるような大型は少ないが、20㎝までの中小型なら数釣れる。

 デイゲームでの数釣りなら広い砂浜から本格的な投げ釣りタックルで大遠投するのが定番だが、これは初心者には敷居が高い。そこで初心者でも簡単なタックルで本格的なキャスティング技術がなくても簡単に釣ることができるのが足もとから水深がある防波堤や護岸からのチョイ投げだ。

tba8_ph_05_01 佐野新島の北端護岸。遠くに見えるのが平和観音像

tba8_ph_05_03 まずは井手さんに。続いて大西さんにも小型がヒット

 条件としてはきれいな砂底で潮通しがよいこと。そんな釣り場に恵まれているのが、このコーナーに何度も登場する淡路島なのだ。島の南側を除いて東側(東浦)と西側(西浦)の海岸線は、ほぼ砂底が基本といってよい。そして砂浜の間にある多くの漁港や護岸が絶好のチョイ投げポイントになっているのだ。

 6月3日の午後、まるは釣具洲本店スタッフで、おなじみの井手良一さんと、さらに洲本店フレッシュマンの大西逸斗さんが連れだってチョイ投げに出かけたのが東浦の佐野新島。日本で開催されたサッカーワールドカップでイングランドチームの練習場グラウンドがあった人工島である。

tba8_ph_05_10 エサはイシゴカイ。朝夕のマヅメだけの釣りならワンパックあれば充分。仕掛けを引いて釣る場合はハリに刺したら短めにカット。置きザオの場合は1匹丸ごと刺してクネクネ。その動きでシロギスを誘惑する

tba8_ph_05_12 イシゴカイなど虫エサをハリに刺す場合に便利なのが石粉など滑り止め。釣具店、エサ店で手に入る

tba8_ph_05_09 仕掛けは全長1mまでの2~3本バリが扱いやすい

投げては引いて……数釣るならサオは手持ち

 釣り場に到着したのは午後4時過ぎで夕マヅメの時合をねらう。その後、日没からはタチウオも釣ってしまおうという欲張った計画だったが、結果からいうとタチウオのほうはポイントの防波堤先端の潮流が速すぎて、何回かのアタリを見ただけに終わった。  一方、チョイ投げのポイントは人工島北端の護岸から水道側。こちらも潮通しはよいが防波堤先端ほど潮の流れも速くなく、軽いシンカーでも問題なく底が取れる。

 エギングロッド、シーバスロッドなどにチョイ投げ用のテンビンオモリをセットし、ハリ数2~3本の仕掛けにエサはイシゴカイ。餌木をフルキャストする感じで仕掛けを投げ、着底したらゆっくりリールを巻いてシロギスの群れを捜す。別のサオにも同じ仕掛けをセットし、こちらは置きザオにしてアタリを待つ。

 コツとしては仕掛けをできるだけ絡ませないこと。投げたオモリが着水する間際、リールのスプールから放出されるラインに軽く指先を当ててブレーキをかける。こうすることでオモリよりも前方に仕掛けが真っ直ぐに伸びて着水するので、仕掛け絡みのリスクが減少するのだ。着底と同時にオモリを引けばさらに効果的だ。

 ゆっくり仕掛けを引きながらサオ先にプルプル、クククッとアタリが出てもアワセの必要はなく、しばらく同じ速度で引き続け魚がハリに掛かっていると確信してから、ゆっくり仕掛けを回収しよう。

 置きザオにしてアタリを待つ場合はミチイトを張りすぎず少し緩めておくのが食い込みをよくするコツ。アタリが分からない場合も多いが、時おり仕掛けを回収しエサの有無を確認。これでシロギスが掛かっていたことが、この日も何度か。サオ1本で楽しむなら常時手持ちで仕掛けを引いて探り、どんどん方向や距離を変えて投げ返すのがおすすめだ。

tba8_ph_05_05 「これ、ちょっといいサイズです」と大西さん。18㎝ぐらいかな?

tba8_ph_05_08 「もっぱら和歌山まで出かけて釣っていました。これだけあれば天ぷらに空揚げもイケます」という大西さんは奈良県出身。アジングなどライトゲームなどが大好き

tba8_ph_05_07 ハリを飲み込まれたらエラブタに指を入れてハリスを強く引く。これでズルズルっと外れることが多い


イチオシアイテム
ザッピー『潮き~るシンカー』
tba8_ph_05_kakomi01 エギングロッドやシーバスロッドなどでチョイ投げする場合におすすめなのがザッピー『潮き~るシンカー』というテンビンオモリ。ナマリと硬質発泡の一体成型ボディーにアームが付いており海底で立つ姿勢を保つので根掛かりが少ない。また本体にキールが付いているので仕掛けを接続するアームが潮下を向く。12、18、26gの3サイズ。2本バリ仕掛け2組がセットになった『ファミリー投げ 潮き~るシンカー付』もある


ショップ
まるは釣具洲本店
tba8_ph_05_kakomi02
住所=兵庫県洲本市下加茂1-656
営業時間=月~金曜9~22時、土曜4~22時、日曜・祝日4~20時。年中無休
TEL0799・23・1075
http://www.anglers.co.jp/anglers_shop/m_sumoto/

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。