川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

夏場に実績ある関東の定番磯釣りポイント 神奈川県三浦市周辺

浅ダナねらいで攻略する三浦の一級磯

レポート◎上坂哲史
tba7_ph_03_09 この日の最大は35㎝クラス。荒れ気味の日やマヅメ時には大型が食ってくることもある

 三寒四温の春が終わり水温が安定し始める初夏。関東エリアでは5月下旬ごろから、浅場の磯周りでクロダイやメジナたちが楽しませてくれるようになる。なかでも実績があるのが三浦半島西岸の諸磯エリアだ。

これから面白くなる浅場の釣り


 今回、案内役を買って出てくれたのは、JR相模線の番田駅近くに店を構えるフィッシング相模屋の小澤淳さんである。

tba7_ph_03_02 小澤淳さんはダイワグレマスターズで全国決勝大会へ出場したこともあるエキスパート。磯釣りのほか船釣りにも明るい

「冬場は伊豆など水深のある釣り場のほうが有利ですが、水温が上がるにつれて三浦半島などの浅場がおもしろくなってきます。ウチのお客さんで海外(かいと)周辺の浅場に通っている人がいるのですが、このところは特によく釣ってきますね」

 連休明けの情報では、メジナの釣果は下火ながらクロダイはよく釣れているという。小澤さんと相談した結果、三浦では一級の地磯とも称される諸磯へ出掛けることにした。

tba7_ph_03_01 黒鯛込は湾の奥まった場所に位置する小磯。その名のとおりクロダイの実績は数知れず。波っ気のある日が好条件だ

 諸磯は三浦半島西岸に突き出た岬で、オードロと呼ばれる磯場を中心に古くから釣り人に親しまれてきた場所だ。クロダイやメジナを中心として、メバル、ウミタナゴ、季節によってはサヨリや回遊魚などがねらえる。過去には大型のイシダイの実績もある。諸磯青少年センター脇の磯場からオードロ方面を見ると、すでに数人の釣り人が入っていた。「せっかくならばのんびりサオをだしたいよね」とのことで、海外方面へ回り込んだ黒鯛込の磯へ入った。平日ということもあって先入者はおらず、我々の貸し切りであった。

tba7_ph_03_03 諸磯青少年センターの有料駐車場そばにはきれいなトイレがある

tba7_ph_03_04 諸磯青少年センターのすぐ脇が入磯口。歩行時間は10分ほどで、特に危険な箇所はない

tba7_ph_03_05 海底の所々に海藻帯がある。クロダイやメジナ、メバル、ウミタナゴといった磯魚のほか、春はアオリイカもおもしろそうだ

浅ダナねらいに変更


 この日は無風ベタナギ。釣りは非常にしやすかったのだが、潮は底が見えるほど澄んでおりクロダイはやや期待薄。小澤さんは軽めの仕掛けを遠投し、メジナを中心にねらう作戦に出た。

 エサ取りはさほど多くない。付けエサのオキアミが時々取られる程度で、いかにも春磯らしい雰囲気だ。ウキにアタリが出れば良型と期待するも、食ってくるのはアイゴ、カサゴ、キュウセンなど。アイゴは引きが強く、四国や九州では専門にねらう人も多いが、関東では外道という認識が強い。アイゴはヒレに強い毒を盛っており、刺されるとひどく痛む。釣れたら注意深くハリを外してリリースしたい。

tba7_ph_03_07 この日はアイゴがよく食ってきた。引きが強くやり取りは楽しいが、ヒレの毒には注意が必要

 外道のオンパレードに業を煮やした小澤さんは、ウキ下を浅く設定して活性の高いメジナだけをねらう攻めに変更した。これが功を奏し、小さいながらもメジナが食ってくるようになった。午後からは雨の予報だったので午前中に勝負を決めたい。あの手この手でねらい、昼近くになって三浦では良型ともいえる35㎝クラスをどうにか釣りあげることができた。

tba7_ph_03_06 底近くをねらっているとキュウセンが食ってきた。淡泊な白身は美味で、近畿以西では特に珍重される

tba7_ph_03_08 ウキ下を浅くするとメジナが食ってきた。この日の魚影はさほど濃くはなかったが活性はまずまず

 諸磯へ車で釣行するときは、必ず諸磯青少年センターの有料駐車場に停めること。周辺は釣り人の迷惑駐車が原因で取り締まりが非常に厳しくなった。マナーを守って楽しくサオをだしたいものだ。

tba7_ph_03_10 寄せエサは生オキアミにメジナ用の軽い配合エサを混ぜ込んだもの。付けエサも生オキアミがメイン

tba7_ph_03_11 寄せエサのオキアミは細かく刻まず、多少粒を残しておく。「少し食わせること」が食い気のスイッチを入れるのである

練りエサ tba7_ph_03_kakomi01 これから水温が上がるにつれて増えてくるのがエサ取り。ものの数秒でオキアミが取られてしまうような時に効果的なのが練りエサだ。エサ取りが多い時ほど大きくハリ付けするとよい。余っても再冷凍して保存できるのもうれしい。
tba7_ph_03_12 小澤さんのウキケース。-00から1号負荷までくまなく揃っている。ウキ下をしっかり取ってねらったこの日は、B~2Bを多用した

tba7_ph_03_13 ハリはグレ4~5号を中心にローテーション。防水ケースに分別収納しておくと必要なものを取り出しやすく、雨に濡れてもサビにくい

フィッシング相模屋上溝番田店 tba7_ph_03_kakomi02 住所=神奈川県相模原市中央区上溝407-1
営業時間=10~21時(年中無休/棚卸し等で臨時休業あり)
問合先=℡042・778・4995


map07_03_out_ [更新済み].eps 交通●三浦縦貫道・林ICより国道134号を南下。「引橋」信号より県道26号線に入り、「宮川入口」のひとつ先の信号を右折して道なりに進むと諸磯青少年センターの有料駐車場に出る。



レポート◎上坂哲史
昭和42年生まれ。神奈川県茅ヶ崎市在住。好きな釣りは磯の上物釣りとアユ釣り。興味を持った釣りにはすぐ手を出すが、いずれにおいてもセンスはゼロ。売れないバンドマン、釣り雑誌の編集部勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中



この記事はつり人2018年7月号でも読むことができます



 
つり人2019年7月号 5月25日発売!


第1特集は「これなら釣れる! ドライフライ・テンカラ」。テンカラは渓流釣りナンバー1のシンプル装備。けれどもいざ毛バリを振ってみると、思うように飛ばないし、どこを流れているのかも分からない。今号ではドライフライ使用のスタイルを提案! 魚がバシャリと飛びつけば興奮度はMAX。羽虫が飛び交う盛期は今! 風薫る新緑の渓へ身軽にダッシュ。第2特集は「スタートダッシュの入れ掛かり河川! アユ釣り開幕2019」。今期は全国的に渇水傾向といわれる中、気になるアユのソ上状況はいかに? 名手たち注目のアユ釣り河川は? いよいよ本格的なアユシーズンに向けてカウントダウン。今年も熱くニッポンの香魚を追う、待望の季節がやって来た。



2019/6/5

つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…
釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店


つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…
釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店

最新号 2019年10月号

特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう! そのほか、読めば一気にクールダウン、水辺の怪談、東京湾タチウオ最新事情、今が好機の多摩川&涸沼ハゼなど旬の釣りをお届け。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中