編集部2017年9月25日

ハゼ釣り/神奈川・相模川河口

ハゼ 全国おすすめ釣り場 河川/湖沼 神奈川

ハゼは都市部でも気軽に楽しめるターゲット。足場がよく良型もねらえる首都圏のチョイ投げ釣り場をセレクト。歩いて探る、置きザオで構える、どちらもよし。次の週末は童心に返れる心地よいアタリを堪能しよう。

湘南大橋の下に広がる足場のよい護岸帯が釣り場になる

豊かな汽水域が育てるハゼ

時田眞吉◎文・写真


ハゼは都市部でも気軽に楽しめるターゲット。足場がよく良型もねらえる首都圏のチョイ投げ釣り場をセレクト。歩いて探る、置きザオで構える、どちらもよし。次の週末は童心に返れる心地よいアタリを堪能しよう。

この記事は『つり人』2016年10月号に掲載したものを再編集しています。


 神奈川県のほぼ中央を走り、相模湾に流れ込む相模川。全長115㎞にも及ぶ大きな川の河口付近は茨城の水郷地帯である潮来(いたこ)に自然が似ていることから「湘南潮来」の別名を持つ。その「潮来」は、海から潮が差してくることが呼び名の由来とされる。

 周囲は川と海、真水と潮水が接する広大な汽水域で、秋には地元のハゼ釣り大会も盛ん。ハゼは栄養豊富な潮間帯の泥底や浅瀬で成長する年魚だが、ここ相模川河口はその生息に適した環境が今も残ることからハゼが大きくなる。

 なかでも成長したハゼが釣れるようになるのが秋の彼岸を過ぎた頃から。

 デキハゼの時期ほど数は伸びにくいが、チョイ投げでねらえば20㎝級の良型が期待できる。

 釣り場となるのは右岸側。こちらはきれいに護岸され、付近には有料駐車場や公衆トイレも整備されている。休日には大勢の釣り人で賑わいを見せるが、できれば川の流れが緩くなる上げ潮時から満潮までを本命の時間帯にしてねらいたい。下げ潮時は流れが速くなり、チョイ投げのオモリでは仕掛けが止まらなくなる。そんな時は、足もとを探ってみてもよいだろう。


047-048-choinage-tsuriba_cs6 (11) チョイ投げ釣りで良型ハゼの連掛けも期待できる


047-048-choinage-tsuriba_cs6 (5) ●交通:東名高速・厚木IC からR129 で平塚方面に向かい、競輪場を過ぎたところで歩道橋のある交差点を斜め左に入り須賀港方面へ進む。河口沿いを通って平塚新港の有料駐車場へ
●近隣の釣具店:かめや・平塚店(℡ 0463・54・9141)


2017/9/25

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!