川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

カサゴ、ムラソイ釣り
静岡県沼津市・長浜 

昼夜を問わず根魚ねらい

新保明弘◎レポート
月刊つり人の精鋭ライターが自信をもってオススメする厳選釣り場

レポーター=新保明弘
昭和52年生まれ。静岡県在住。伊豆半島から御前崎までをホームグラウンドにする。オフショア、ショアともにルアーフィッシングならば何でもこなすが、特にエギング、シーバス、メバル、回遊魚の釣りが得意

この記事は『つり人』2016年6月号に掲載したものを再編集しています。

tokai_hotto (2) 船舶周辺は影になっておりねらいめだが、係留ロープが張られているので注意したい


 内浦の長浜は湾奥に位置するため、悪天候に強く非常に穏やかである。水深のある駿河湾奥の複雑な流れの影響か、カサゴ、ムラソイといった根魚も多い。昼夜を問わず楽しめるのが魅力だ。

 用意するのは7フィートクラスのメバリングタックル。感度、操作性、パワーとバランスがよく使いやすい。また、夜間にはメバルも高確率でヒットするのでぴったりだ。

 昼間のねらい方は、ジグヘッドリグを使い目視で確認できる範囲をねらうと根掛かりを抑えられてよい。小型船舶、ボートが密集しているところではロープなどに気を付けよう。使用するジグヘッドは1・6~2・5g。組み合わせるワームはオレンジ、ピンクといった見やすいものがおすすめ。

 駐車スペースから東の口野方面の岸壁はブロックを積み上げた形状で、隙間が見られる。その隙間にはムラソイが多い。潮が高い時間帯から下げ潮をねらう。その隙間を専門にねらうのであれば、6フィート前半のバスロッドが使いやすい。

 夜間になるとムラソイは少ないものの、カサゴの活性が上がる。1g台の軽めのジグヘッドリグでねらうと根掛かりが少ない。キャストしたら底まで沈める。着底の合図であるラインの弛みを見逃さないこと。分かりにくければ、ジグヘッドを重くしてカーブフォールさせるとよい。着底したら、軽くロッドをあおってジグヘッドリグを跳ね上げ、それから、スローリトリーブ。なるべく、底付近をねらうイメージだが、夜のカサゴは浮いて食ってくるので中層ねらいも効果的。バイトした後は元いた場所に戻ろうとするため、アタリは明確に出る。できる限りロッドを曲げるように寄せ、根に潜られないように注意したい。

 足場がよい釣り場だが、フローテイングベストは必ず着用。岸壁では足もとの隙間に充分注意したい。船のロープに注意し、初めての際は必ず明るい時間帯に下見しておくこと。過度なキープは避けて楽しんでいただきたい。

09nagahamabeten 交通●東名高速道路・沼津ICから市街地を抜けてR414を南下。口野交差点を大瀬崎方面へ右折し海沿いを進む
問合先●イシグロ沼津店(℡055・927・1496)






2017/4/25

つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…

最新号 2018年11月号

特集は『タナゴ マブナ オイカワ カジカ ハゼ シンプル×奥深い「小さい秋」の釣り大集合』。
観測史上、最高となった今夏の猛暑。台風と地震という自然の猛威も改めて想像を超えた。そんな時だからこそ、穏やかなニッポンの釣り風景を、いまいちど全身で味わってみたい。身近な風景の中を泳ぐ小魚との出会いには、心休まる笑顔の元がたくさん詰まっている。
そのほかの特集は『回遊魚シーズン到来! 青もの釣り超思考法』。
秋の海中はまだまだ熱気に満ちている。ヒットに至る思考法を身に付ければ、海面が沸き立つ騒がしい海を存分に味わえる。その他、『荒食い好機が本格化 山上湖の大ゴイ戦略』も見逃せない。この秋は記憶に残る大ゴイをねらいたい。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中