川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

メジナ、アオリイカ釣り/神奈川県小田原市/江の浦港

メジナ&アオリねらいの2釣が面白い

レポート◎上坂哲史
090-101_zenkokutsuriba07_cs6 (27) 江の浦港の出口付近に釣り座を取る。船道の水深はサオ1本半ほど


この記事は『つり人』2017年7月号に掲載したものを再編集しています。

侮れないお手軽釣り場


 連休が過ぎた頃から、風にほんのりと夏の匂いを感じるようになった。人間は衣替えに忙しい季節だが、海の中も同様。水温が上がるにつれて、釣り物もグッと増えてきた。

 今回ご紹介するのは、伊豆箱根の玄関口ともいえる小田原エリア。案内役はR135沿いにある「小田原マリンターミナル」を営む久保野孝太郎さんである。メジナ釣りファンなら察しが付くかもしれない。かのG杯で関東初の栄冠を勝ち取ったメジナ釣りの名手である。先代の中之澤磯人さんも石もの釣りの名人であり、客層は伊豆半島へ向かう磯釣り師が目立つ。

090-101_zenkokutsuriba07_cs6 (28) 「小田原マリンターミナル」を営む久保野孝太郎さんはG杯グレで優勝した実力者。新鮮なエサと情報に加え、釣り方のアドバイスもしてもらえる

 湘南方面から西へ車を走らせると、小田原を過ぎたあたりから、それまでの砂浜が主体の海岸線が磯場混じりのゴロタ浜へと一変し、そのままの地形が真鶴半島まで続く。そのなかで、気軽にサオをだせる貴重な港といえるのが、小田原マリンターミナルの真下に位置する江の浦港である。港内に有料駐車場が完備し、ここで料金を払えば隣接する「ベッセルエノウラ」のトイレを使用することができる。ベッセルエノウラでは食事をすることもでき、堤防釣り場としてこの上ない環境といえるだろう。

「釣り物も豊富です。GW以降はアオリイカがよく釣れています。メジナはここにきて下火になりましたが、過去には50㎝、2㎏の大ものの実績もあります。潮が澄んでいる時には40㎝クラスがコマセに寄ってきているのが見えますからね。これを食わせるのはなかなか難しいのですが、おもしろいですよ」

090-101_zenkokutsuriba07_cs6 (36) 堤防の一段高くなった部分がメインの釣り座。足場がよく釣り物も豊富とあって、常に釣り人の姿が見受けられる

090-101_zenkokutsuriba07_cs6 (33) 表層で寄せエサに群がるのは小サバ。数が多いときはなかなか厄介なエサ取りだ


 このほかウキ釣りではクロダイ、秋はカゴ釣りやルアーで回遊魚もねらえる。2016年は港内でタコがよく釣れたそうだ。水温が上がるこれからは、日並みによってサビキ釣りでイワシやサバ、アジが釣れるので家族連れでも楽しめる。厳寒期はエサ巻き餌木でヤリイカをねらう人もいる。

キロオーバーのアオリが連発


 この日、久保野さんはウキ釣りでメジナをねらってみたが、早朝に小サバとコッパサイズのメジナが連発しただけで、その後はアタリが遠のき、付けエサがずっと残るという状況が続いた。ナッパ潮らしき緑がかった濁りが入っており、この日のメジナの活性は今ひとつ。本来ならばサイトフィッシングを楽しめる場所なのだ。

090-101_zenkokutsuriba07_cs6 (32) エサ取りをかわして見えるメジナを食わせるには、的確な寄せエサワークが不可欠。久保野さんの攻めは実に頭脳的だ

090-101_zenkokutsuriba07_cs6 (35) 快調にサオを曲げる久保野さん。しかし、数尾メジナを釣ったところでアタリが遠のいてしまった

090-101_zenkokutsuriba07_cs6 (34) 寄せエサで小サバの動きをコントロールし、中層で食わせたのは手の平サイズのメジナ。江の浦港は過去に50㎝オーバーの実績もある

090-101_zenkokutsuriba07_cs6 (9) 090-101_zenkokutsuriba07_cs6 (30) リールは指一本でミチイトを送り出せるLBタイプが便利。堤防でテクニカルなメジナ釣りを楽しむため、ミチイトは風の抵抗を受けにくいナイロン1.35号を選択した

090-101_zenkokutsuriba07_cs6 (31) サオは取り回しのよい4.7mがお気に入り。中小型が主体ならば軟らかめの1号クラスだと魚の引きを楽しめる

090-101_zenkokutsuriba07_cs6 (29) 寄せエサは半日分としてオキアミ6㎏に配合エサ2袋が目安。左下のパックは久保野さん特製の加工オキアミ


 しかし、そのぶんアオリイカがすこぶる元気だった。ウキフカセの釣り人がスレで掛けた1.7~1.8㎏クラスを皮切りに、ヤエンでねらっていた釣り人に1.5㎏級、港内をエギングでねらっていた釣り人は2㎏級の大ものを釣りあげていた。

090-101_zenkokutsuriba07_cs6 (37) ヤエンの釣り人に1.5㎏クラスのアオリイカがヒット。アオリイカは連休明けから釣果が急上昇。目下イチ押しのターゲットだ

090-101_zenkokutsuriba07_cs6 (38) エギングの釣り人が2㎏級のビッグサイズを釣りあげた。このクラスになると引きもかなりのもの。ドラグはきちんと調節しておこう

 4月まではパッとしなかった江の浦港のアオリイカだが、連休が明けてから産卵を控えた大型の群れが周辺に入ってきたようだ。目測で2㎏近いペアが悠々と泳いでいる姿も見られたし、ヤエン、エギング、ウキ釣りと、どんな釣り方でも釣果が出ているので、今後も充分に期待できそうだ。

イチオシギア
フィッシンググローブ
090-101_zenkokutsuriba07_cs6 (39) 気軽な釣りでは見た目が仰々しいのか、数ある釣りグッズのなかでも軽視されがちなのがグローブ。サオや釣った魚をつかんでも滑りにくいうえ、転んで手を着いたときにもフジツボや貝殻から手を守ってくれるので、ぜひとも着用したいところだ。

小田原マリンターミナル
090-101_zenkokutsuriba07_cs6 (40) 住所=神奈川県小田原市江之浦184
営業時間=24時間(年中無休)
問合先=℡0465・29・0239
090-101_zenkokutsuriba07_cs6 (3) 交通●西湘バイパス石橋ICよりR135へ入り、熱海方面へ道なりに進んだ左側。店のすぐ先に港への入口がある。車は有料駐車場(料金=1000円)に停めると便利



レポート◎上坂哲史
昭和42年生まれ。神奈川県茅ヶ崎市在住。好きな釣りは磯の上もの釣りとアユ釣り。興味を持った釣りにはすぐ手を出すが、いずれにおいてもセンスはゼロ。売れないバンドマン、釣り雑誌の編集部勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中

2018/6/5

つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…

最新号 2019年1月号

特集は“寒さますほど面白い「陸」と「海」を自在に冒険! たっぷり遊ぶ、水郷or地磯”。まず水郷は「なるほどディープな釣りの原点 郷愁の国のマブナ釣り」と題して、マブナを特集。これからの季節、誰もの心の中にある懐かしい土の匂いを感じながら、時を忘れて遊べるのが、昔ながらの小ブナ・マブナ釣り。たまにはほっこり、心安らぐ釣り場へ出かけてみよう。続いて、地磯は「足で釣るから満たされる地磯で、まんぷく」。アクセスしやすい堤防に比べ、混雑の少ない地磯。そこに至る道のりが険しい場所もあるが、自分の足でたどり着付いて、釣った時の達成感はひとしお。その魅力をとことん見ていきたい。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中