川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

クチボソ・ヘラブナ釣り
埼玉県大宮市・大宮第二公園

開放的な芝生でのびのび小もの釣り

編集部◎まとめ
道具立てがシンプルでコンパクトな小もの釣り。
電車釣行ができたり、ちょっと隙間時間を見つけて楽しめるのも魅力だ。
気構えせずにふらっと行きたくなるような都会や住宅街のオアシスを紹介。


この記事は『つり人』2016年5月号に掲載したものを再編集しています。

046-049kouen_cs6 (13) 広大な芝生のなかに広がるひょうたん型の遊水池。ヘラブナファンが多い

小ものは調整池がおすすめ


 大宮第二公園は、昭和55年にオープン。園内にはテニスコート、軟式野球場といったスポーツ施設をはじめ、茶室や展示ギャラリーなどさまざまな施設がある。園内の見どころは520本の梅。2月には毎年恒例となっている梅まつりが盛大に開催される。またサクラ、アジサイなど季節を彩る花が楽しめる。

 釣りは園内の北東にある遊水池と芝川を挟んだ向こう側にある調節池で楽しめる。台風や梅雨前線などの大雨の時、芝川の氾濫を防ぐために一時的に川の水をこれらの池に導き、水量を調整する役割を担っている。

 遊水池はヘラブナがメインだが、小ものをねらうなら、北側にある水門周りがよさそうだ。ボサや杭があり好ポイントが見られた。

 クチボソなどの小ものをねらうなら、芝川の向こう側にある調整池がよいだろう。2月下旬に下見に行ってきたところ、小ものファンがクチボソ釣りを楽しんでいた。なお、調整池の周りにはサクラが植えられている。サクラの季節に足を運んだら最高だ。

046-049kouen_cs6 (17) 芝川を挟んで向こう側にある調整池。こちらはクチボソねらいの小ものファンがサオをだしていた

046-049kouen_cs6 (14) 遊水池でサオをだす場合、北側の水門周りは変化があってよさそうであった

046-049kouen_cs6 (15) 芝川ではマブナが釣れそうな雰囲気

046-049kouen_cs6 (12) 管理事務所もあるので何かあったらこちらへ

046-049kouen_cs6 (16) 調整池の周りにはサクラがズラリと。満開の時に来たい

046-049kouen_cs6 (18) 毎年2月には梅まつりが開催される

問合先●大宮第二・第三公園管理事務所(℡048・642・2228)
ルール等●リールの使用は禁止
入漁料●無料
交通●首都埼玉新都心線・新都心西を下りて県道35号で大宮第二公園へ
駐車場●無料(利用時間=4~9月:8~19 時、10~3月:8~17時

2017/3/25

つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…
釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店


つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…
釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店

最新号 2019年11月号

「これで分かる! 秋の素朴な釣り 始め方Q&A」。暑さが一段落し、どこかほっとすると、心癒される身近な釣りに出かけたくなる。タナゴ、マブナ、オイカワ、ワカサギ、コイ、ハゼ。今号の特集は、行きたい水辺がきっと見つかるシンプルで奥深い釣りのベーシック集。その釣りの基本的な知識、道具選び、仕掛け作り、釣り方、生態などを幅広く紹介。 そのほか、秋シーズンを迎えたカワハギ釣り、タチウオ入門、キハダマグロ挑戦記、秋磯入門などをお伝え。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中