編集部2017年10月26日

アオリイカ釣り/静岡県沼津市・原海岸放水路

アオリイカ 全国おすすめ釣り場 静岡

今シーズンの駿河湾沿岸、伊豆半島沿岸はアオリイカが多い。特に駿河湾奥、沼津市沿岸は10月に入り、300~500gのサイズが数釣れている。しかし、情報は早いもので、エギングファンも多くなり、港回り、防波堤は先行者が多く入れないこともしばしば。

サーフから突き出た突堤のようなものが放水口

混雑知らずのサーフで秋アオリ

新保明弘◎文・写真


新保明弘
昭和52年生まれ。静岡県在住。伊豆半島から御前崎までをホームグラウンドにする。オフショア、ショアともにルアーフィッシングならば何でもこなすが、特にエギング、シーバス、メバル、回遊魚の釣りが得意

この記事は『つり人』2016年12月号に掲載したものを再編集しています。


ねらいを絞りやすい放水路周り


今シーズンの駿河湾沿岸、伊豆半島沿岸はアオリイカが多い。特に駿河湾奥、沼津市沿岸は10月に入り、300~500gのサイズが数釣れている。しかし、情報は早いもので、エギングファンも多くなり、港回り、防波堤は先行者が多く入れないこともしばしば。ただ、そんなことも全く苦にならないエギングポイントがある。それはサーフだ。

駿河湾奥には、千本浜から片浜、今沢、原海岸と西に向かって砂礫の広いサーフが広がっている。今回紹介するのはその西寄りに存在する原海岸・放水路周辺である。

前述した沼津のサーフであればどこに入っても釣果は望めるが、サーフでエギングを経験されたことない方は、何を基準にポイントを選んでよいのか悩むはず。どうしても疑問や不安が先行し、釣りに集中できなくなってしまう。

その点、放水路周辺は、放水路に当たる潮流や流れ込んで来る水流の影響で、大小規模はあるものの潮目が形成されやすい。

海に向かって左側のサーフは比較的水深が浅い。それに対して右側は深い傾向にある。左右、どちらでも実績充分だが、真水が放水路の左側から横に流れているため、降雨後などは右側を優先的にねらうとよい。

キモは長めの間


使用するロッドは、ロングキャストと大きなシャクリアクションが付けやすいように、長めの9フィートクラスがよい。ロッドの振り幅に巻き取り量がマッチするのは4000番のHGやXG。ラインは0・8号~1・2号で、リーダーはフロロカーボンの2・5号~3・0号と太めのセッテイング。本誌が発売される頃には、アオリイカは700g~1㎏と大型化するものの、警戒心もアップしてくる。そのため、シャクリアクションの間は20~60秒は取りたい。

そのため、餌木は3・5号のノーマル、もしくはシャロータイプのものを中心に選択する。ロングキャストしたら、餌木の姿勢を整えフリーフォール。

30秒~1分沈めたら、大きくシャクリアクション。そしてフォール。長めに間を取ったら、軽くロッドを立てて、乗りを確認する。乗ってなければ再びアクションさせる。最初のアクションはなるべく大きく行なうのは基本だが、その後のアクションはスローなものも交え、変化させるとよい。手前の海底に餌木が触れるとコツコツと感触がある。巻きあげるが、50㎝くらいは底を引きずってみる。追尾してきたアオリイカがそこで乗ってくることも多い。

はっきりした潮目がある前などは同じ立ち位置でもよいが、広いフィールドのため、キャスト毎に、左右へ5歩、10歩と移動しながら探ると、より高確率で釣果が得られる。

最後に、駿河湾奥は、南、西寄りの風の際は釣りが成り立たないので注意。東から北寄りの風ならば、後ろから受ける形になるため、釣りやすい。マナーに注意して広々としたフィールドのアオリイカ釣りを堪能していただきたい。

tokai (1) 300~500gがアベレージだが、1kgクラスも充分にねらえる

交通●千本松原沿いの旧国道1号線を沼津市街から富士方面に向かい、原放水路を越えたすぐの信号を千本松原内に向けて入る
問合先●イシグロ沼津店(℡055・927・1496)


2017/10/26

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!