編集部2019年4月22日

青木大介が絶大な信頼をおくレインギア:GORE-TEXハイドロマスタービブの実力 

Basser バス釣り

せっかくの休日の釣りが土砂降り……。 サンデーアングラーにつきもののそんな状況を喜べるようになるレインギアが登場します。 GORE-TEXハイドロマスタービブ。 青木大介さんのインプレッションをお届けします。

2018年のJB TOP50七色貯水池戦にて。バケツをひっくり返したような雨の中、ハイドロマスタービブを着用した青木大介さんのインナーは乾いたままだった

「まったく濡れない」 日本で、アメリカで青木大介を守る防水ビブパンツ【動画あり】

サイト・ビー=まとめ

青木大介さん本人によるインプレッション動画はこちら


せっかくの休日の釣りが土砂降り……。
サンデーアングラーにつきもののそんな状況を喜べるようになるレインギアが登場します。
GORE-TEXハイドロマスタービブ。
青木大介さんのインプレッションをお届けします。


青木大介さんの「GORE-TEX ハイドロマスタービブ」インプレッション


「GORE-TEX ハイドロマスタービブ」が発売されました。
このビブパンツ、見覚えがあると思ったら青木大介さんが2018年にテストを兼ねてずっと着用していたモデルでした。

最も印象に残っているのはその年のJB TOP50七色貯水池戦。
初日に1時間10mmを超える豪雨が降ったのですが、青木さんはこのビブをはいて平然と釣りをしていました。

帰着後、「全然濡れなかったよ。このビブすごいんだよ」とひと言。
取材で湖上に出ていた記者は下着まで濡れましたし、多くの選手も同じ状態でした。

ビブやサロペットタイプのレインパンツは腰の部分からの浸水が防げるのが特徴です。
とくに釣りの場合、ボートとオカッパリを問わず、しゃがんだり座ったりする動作が多いため、曲がった腰の部分からの浸水は宿命ともいえるものでした。

青木大介さんの「GORE-TEX ハイドロマスタービブ」インプレッション:雨中ボートドライブ 座ったりしゃがんだりする動作が多いのが釣りの特徴。股の部分が濡れがちなタイミングだが、ビブパンツであれば防げる

しかし、そのメリットを知りつつ、この年以前の青木さんはショルダーベルト付きのパンツを避けていました。
「ショルダーベルトで肩が凝るのがストレスだった」と青木さん。

ではなぜ青木さんは「GORE-TEX ハイドロマスタービブ」に乗り換えたのか。
その理由は非常にシンプルなものでした。

「まずまったく濡れない。そして肩がこらない」。

ハイドロマスタービブは腰のベルトをしめることでズレない仕組みになっており、ショルダーベルトはゆるめに付けてもズボンがズレるストレスがないと青木さん。

青木大介さんの「GORE-TEX ハイドロマスタービブ」インプレッション:ベルクロ仕様のウエストベルト ベルクロ仕様のウエストベルト。ここで腰との一体感を作り出してくれるためショルダーベルトをキツく締める必要がない

青木大介さんの「GORE-TEX ハイドロマスタービブ」インプレッション:ショルダーベルトしてもリラックス 「ショルダーベルトをキツく締める必要がないのが本当に助かる。肩がこらないし、それでもベルトがズレにくい作りなのも気に入っている点です」

青木大介さんの「GORE-TEX ハイドロマスタービブ」インプレッション:防水マチが股部からの浸水を防ぐ フロントファスナー内側の防水マチが股部からの浸水をシャットアウト

「ハイドロマスタービブを1年間テストで着用してみて、まず第一にまったく濡れなかった。僕たちは試合や取材で湖に出ることがほとんどなので、状況は選べません。『今日は雨がひどいからお休み』というわけにはいかないんです。

そういう前提で1年間使用してみて、一度も中が濡れることがなかった。とくに股の部分が濡れるのはこれまで避けようがありませんでした。釣りをしている最中は大丈夫でも、座ったタイミングでやられてしまう。

ハイドロマスタービブにしてからそのケースもなくなりました」

青木大介さんの「GORE-TEX ハイドロマスタービブ」インプレッション:尻部の縫い目がなく座ったときも浸水ゼロ 座った際に水圧がかかり浸水が起きがちな尻部だが、ハイドロマスタービブはこの部分の縫い目をゼロにして問題を解決

「そのうえで肩が凝らなくて、釣りをしていてベルトがズレるストレスもないのであればビブパンツを選ばない理由がありません。

2019年からは日本だけではなくアメリカでの試合がメインになります。雨が降っていなくてもバスボートで走行中に波をかぶったりすることがザラにある環境なので、ますます手放せない存在になると思います」

青木大介さんの「GORE-TEX ハイドロマスタービブ」インプレッション:雨でなくても着用 雨でなくてもハイドロマスタービブを着て釣りをすることが多い。予報にない雨や波によって濡れることが釣りでは日常茶飯事だからだ

青木大介さんの「GORE-TEX ハイドロマスタービブ」インプレッション:立体裁断 立体裁断を採用しているため座ったりする際の動きにストレスがない

着用のストレスがなく、なおかつ濡れない……。
レインギアにとってこれ以上の誉め言葉はありません。

そして、釣りの日のコンディションを選べないのは実はサンデーアングラーも同じです。
「雨がすごいからやめておこう」ではもったいない。
雨の日はいい釣りをするチャンスなのです。

もうすぐ梅雨。
ハイドロマスタービブがあれば、天気予報の雨マークが待ち遠しくなるはずです。

青木大介さんの「GORE-TEX ハイドロマスタービブ」インプレッション:周りをよく見る 湖上に出ると周りをよく見るのが青木さんのルーティン。ビブに手を入れて心地よさそうだった

青木大介さんの「GORE-TEX ハイドロマスタービブ」インプレッション:GORE-TEXファブリクス3レイヤーを採用 GORE-TEXファブリクス3レイヤーを採用している。防水性、防風性、透湿性に優れた信頼の素材だ。濡れにくく、蒸れにくく、そして冷たい風から身体を守ってくれる

青木大介さんの「GORE-TEX ハイドロマスタービブ」インプレッション:立ち絵
青木大介さんの「GORE-TEX ハイドロマスタービブ」インプレッション:ボート作業
青木大介さんの「GORE-TEX ハイドロマスタービブ」インプレッション:ローアングルあおり
青木大介さんの「GORE-TEX ハイドロマスタービブ」インプレッション:実釣風景
青木大介さんの「GORE-TEX ハイドロマスタービブ」インプレッション:バスボートドライブ
青木大介さんの「GORE-TEX ハイドロマスタービブ」インプレッション:商品画像 GORE-TEX ハイドロマスタービブ商品ページはこちら
https://www.foxfire.jp/onlinestore/groups/2762

2019/04/22

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。