編集部2021年9月19日

O.S.P並木敏成さんが語る、影響を受けたルアー・スティックベイト編

ブラックバス Basser バス釣り

 O.S.P代表の並木敏成さんに、影響を受けたスティックベイトを伺いました。

合体させたかった2つのスティックベイト

 

 O.S.P代表の並木敏成さんに、影響を受けたスティックベイトを伺いました。

この記事は「俺たちのヘビロテBASSルアー大全」を再編集しています

 

namiki-musontaku

並木敏成(なみき・としなり)

1966年生まれ。日本国内およびアメリカのトーナメントで数々の輝
かしい成績を残す生粋のプロアングラー。O.S.P.代表

O.S.P https://www.o-s-p.net/

 

こちらの記事は 「俺たちのヘビロテBASSルアー大全」に掲載されています。バスプロ、ルアービルダー、釣具店の方々が自信を持っておすすめするヘビロテルアーを忖度なしで大掲載!!!本当に釣れるルアー教えます↓↓↓

 

センコー+フルーク=???

 ソフトスティックベイトというカテゴリーは、1990年にスラッゴーの登場で確立された、比較的新しいジャンルだ。その後、さまざまなモデルが出現したが、並木のお気に入りはフルークだった。

「スティックベイトには明らかに異なる2つのタイプがあって、一方はフリーフォール時の自発的なアクションが特徴のヤマセンコータイプ。もう一方はトゥイッチした時のダート性能が高いフルークタイプでしたね。フルークのV型フィンはいいダートを生む効果もあるし、ジグヘッドリグで使うとピリピリ動いてくれましたね。I字引きする時はスタビライザー効果まで果たしてくれます」

 並木はヤマセンコーとフルークの2種類を使い分けていたが、やがて両者を合体させたようなスティックベイトを欲するようになった。こうして開発に着手したのがドライブスティックだった。フルークのような、厚みのあるフラットサイドボディーが切れ味のよいダートを生み出し、フォールさせると、ヤマセンコーとは一線を画す自発的ローリングアクションを披露。今やスティックベイトの代名詞ともいえる定番ワームだ。

「あのアクションを出す際も物理学的な理論を応用しましたね。上下で塩の配合を変えて、下を重くすることで、フォール時に自発的なアクションを出せるようにしました。もともと、同じコンセプトのシャッドテールワームはあったんですけど、それはスイミング時の回転を防ぐためでしたね」

 こうして、O.S.P.の傑作ルアーの出自をたどると、2つの名作ルアーがモチーフとなっているケースが多い。本来、相反する2つの能力を、持ち前の物理学的思考で1つのルアーに凝縮させる。それが他の追随を許さない、並木敏成ならではの能力ではないかと思う。

 

ZBC /フルーク
musontaku_058-059Namiki_fluke

テイルには水平のV字型フィンが付いていて、ダートアクションをアシストする。水中での姿勢もよく、細かいアクションも出せる。リグを選ばないダート系スティックベイトの雄だ

 

O.S.P. /ドライブスティック

musontaku_058-059Namiki_03dlivestick-1

フリーフォール時の自発的ローリングアクションと、存在感のあるダートアクションが自慢のスティックベイト。バックスライドする「逆付けノーシンカー」でも驚異的な威力を発揮する

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。