編集部2021年11月8日

ショアジギング入門 メタルジグ カテゴリー別解説~重心による使い分け~ その3(最終回)

海の岸釣り 魚種別釣りガイド

多彩なフィッシュイーターを誘惑する生命感あふれる金属、それがメタルジグである。 タイプを分ける決め手となるのが重心のバランスだ。動かし方やメリットをタイプ別にまとめた。第2回目はセンタータイプとジグの動かし方についてご紹介!

フロント、センター、リアその他…!?メタルジグの種類を知ろう!

写真と文◎編集部

多彩なフィッシュイーターを誘惑する生命感あふれる金属、それがメタルジグである。
タイプを分ける決め手となるのが重心のバランスだ。動かし方やメリットをタイプ別にまとめた。最終回はその他カテゴリーのメタルジグをご紹介!

 

01-Nov-08-2021-07-18-58-12-AM

取材協力◎伊志原一星

1990 年生まれ。釣具のポイント藤沢長後店店長。ソルトルアーに精通し、マルチに釣りを楽しむ。タチウオの刺身とマダイのあら煮が大好き。

この記事は『つり人』2021年12月号に掲載したものを再編集しています。

スロー系ジグ

分厚いボディーでゆっくりフォール。根魚ねらいで威力を発揮!

jig-slow-illust

 ボディーが平らで短く、ゆっくりフォーリングで誘うことのできる形状をスロー系と呼ぶ。ヒラメやマゴチ、アカハタやオオモンハタをねらう時に有効だ。ジグを跳ね上げ、フォールの間をたっぷり作って着底を待つ。フォール中や着底前に「ゴン」とアタリがくることが多い。

 

代表的なスロー系のショアジグ

ドラッグメタルキャストスロー(デュオ)

drugmetalcast-slow

絶妙なスローフォールとスイミングアクションが持ち味

重さ:15 ~ 40g

 

ファルケンR ランダムウォークスロー( タカミヤ)

rundumwalk-slow

ゆっくりとしたアクションで誘い、フォールで食わせる高バランス設計

重さ:20 ~ 60g

 

ジグパラ スロー( メジャークラフト)

jig-color02

引き重りを抑えつつしっかりとした水押しでアピール(※本製品にはフックが付いています)

重さ:10 ~ 60g

ブレード系

底を取って巻くだけと操作簡単!食い渋った時に有効

jig-blade-illust

 ブレードが付いたメタルジグは、根魚や青物など幅広い魚種に有効だ。キラキラというブレードによってただ巻きでもフォール時もアピール度が高い。使い方は簡単で底を取ったらゆっくり焦らすように巻くだけ。食い渋った時に有効なルアーで、日が昇りきって反応が悪くなった時は試していただきたい。ボトムが取れる重さの中でなるべく軽いウエイトを選ぶと、底付近をゆっくりと巻きやすい。

 

代表的なブレード系のショアジグ

 

サムライジグ暴れん棒侍(ダイワ)

samuraijigu

ただ巻きはもちろん、スリムロング形状による水平フォールでゆっくりアピール

重さ:20 ~ 50g 

 

マキジグ スロー(メジャークラフト)

makijig-slow

コンパクトボディーがマイクロベイトパターンに最適。水平フォールが食い渋りに効果抜群

重さ:20 ~ 60g 

 

MAKIPPA(メガバス)

makippa

名のとおり!投げて巻くだけの新感覚キャスティング・ブレードジグ

重さ:3 ~ 40g

 

ウルトラライト系

ライトゲーム感覚で遊べるジグ

jig-ul-illust

 10g以下がメインの小型ジグでメバルやアジ用としてラインナップされている製品も多い。いわゆるアジングやメバリング用のライトゲームロッドでの使用が適している。

 ウエイトが軽いため、必然的に近距離戦になる。このため飛距離重視のリアバランスタイプはなく、センターバランスかフロントバランスの製品がほとんど。

 ただ巻きでも効果はあるが、特に有効なアクションは「階段を1段1段登るようなイメージ」でチョンチョンチョンと動かすとよい。

 スロー系のタイプもあり、こちらはアジがよく釣れる。なぜならアジはフォール時に食ってくることが多いからだ。

代表的なウルトラライト系のショアジグ

ファルケン R モズフラット(タカミヤ)

mozflat

フラットなボディーが面で水を受け、横移動しながらゆっくり沈む小型メタルジグ

重さ:1~ 8g

 

ジグパラ マイクロ(メジャークラフト)

jigpara-micro

ジグパラシリーズのスーパーライトゲーム専用メタルジグ(※本製品にはフックが付いています)

重さ:1.5 ~ 15g 

 

タングステン系

小さくて重い!ベイトが小さい時や潮が速い状況で使いやすい

タングステン素材のメタルジグは、鉛に比べて比重が重いため、同じ重さでもルアーサイズを小さくすることができる。マイクロベイトパターンやシラスパターンなどのベイトが極端に小さい時や、潮が速い時に使いやすい。ただ1つネックなのは高価であること。

 

代表的なタングステン素材のショアジグ

TGベイト SLJ(ダイワ)

tgbait

スーパーライトジギングに対応したタングステンモデル

重さ:30 ~ 80g 

 

プリズナーTG デカアジ・デカメバルSPEC(ダイワ)

prisnertg

重さ:10 ~ 40g 

小型ジグだが、デカアジ・デカメバルねらいに特化

重さ:7 ~ 13g 

 

ラスパティーンTG(ジャッカル)

rapateen

水を鋭く切り裂く動きと激しいフラッシング

重さ:10 ~ 40g 

 

お店紹介

 

釣具のポイント藤沢長後店

point

●営業時間:月~金 10 ~ 21 時 土 9 ~ 21 時 日・祝 9 ~ 20 時

●問合先:☎ 0466・43・6491

●住所:神奈川県藤沢市長後1066-1

 

 

 

 

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。