川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

ヤマメ・アマゴ釣り/初めの一歩・渓流釣りスタートガイド:後編

ポイントの見極め方

まとめ◎つり人編集部
050-055keiryu-nyumon_cs6 (5)_1 初めて手にしたヤマメ・アマゴは誰だってうれしいものだ

谷の妖精とも称されるヤマメ・アマゴ。繊細で難易度の高い魚と思う人もいるが、釣り方はいたってシンプル。流れに合わせてエサをトレースするだけ。ここでは渓流で初めての1尾を手にするためのプロセスをご案内!

この記事は『つり人』2017年4月号に掲載したものを再編集しています。

ポイントの見方


 渓流釣りの基本は上流に釣り上がる。流れに対し魚は頭を上に向ける。釣り下れば釣り人やサオの影、物音に警戒しやすい。

 川の流れを大別すると瀬、淵、トロとなる。解禁初期のポイントは流れの緩い深みに多い。目安にするのは膝上以上の水深で見た目に水色が濃くなっているスポット。瀬の中にもこうした深みは点在するので、流れを細かく見ていきたい。ポイントはいくつかのパターンに分類できる。

050-055keiryu-nyumon_cs6 (6)
050-055keiryu-nyumon_cs6 (7)
1、流心
 白泡が立ち流速が速い。初期のポイントにはなりにくいが、大石底の川であれば話は別だ。流心の下に魚の定位しやすい流れの緩いスポットができる。石の前に魚は付きやすく底の流れにきっちりとエサが入れば釣果は有望である。

2、ヨレ(モミアワセ)
 流れが揉み合うような感じにシワができた部分がヨレだ。流速が緩く魚が定位しやすいスポット。流れが揉み合うように見える「モミアワセ」だ。石にぶつかった流れは分かれ、石裏で流れは淀む。その下流で分かれた流れが合わさるヨレができる。英語の『Y』をイメージして流れを見ると分かりやすく、この2つの流れのモミアワセを意識して釣るとよい。

050-055keiryu-nyumon_cs6 (4)_1 水色が濃く見える深み。目を凝らすと反転流と流心の流れのモミアワセがある

3、反転流
 石裏や流心の脇には流れが逆巻く反転流が生じる。その反転流に魚が定位していることも多々ある。ここでも注目したいのはヨレである。反転流と流心の境目にも流れが揉み合うヨレが生る。エサが流れてきやすいモミアワセスポットで魚も付く。

4、落ち込み
 落差がある川相では落ち込む流れと、壺状の深みがある。いかにも魚が付きそうな分かりやすいポイントで堰堤や滝もそうである。大きく深い落ち込みほど複雑な流れが生じ、下流に払い出す流れもあれば落ち込み直下に戻るような流れもある。表層の流れの押しが強いため、大きなオモリでしっかりと底付近を探ることが大切だ。

5、カケアガリ(ウケ)
 前述の落ち込みなど、淵および深みがあれば必ずカケアガリがある。このカケアガリの前に魚は定位しやすく大型魚が付きやすいポイントである。カケアガリや石の前など、流れがぶつかる部分を「ウケ」と呼ぶ名手も多い。

050-055keiryu-nyumon_cs6 (3)_1 流れの中のどんなポイントで当たるかはシーズンによっても変わる。解禁初期ならヨレに着目

 渓流釣りの盛んな岐阜県長良川郡上の名手は、ヤマメが捕食しやすい流れを「食い波」と呼んだ。そのスポットは「ウケ」や「モミアワセ」が絡む。図示したので参考にしてほしい。

立ち位置、流し方の基本


 ポイントへのアプローチは立ち位置が重要だ。下流から上流に釣り上がるのだが、ポイントの正面に立てると理想的。というのもミャク釣りは流れに合わせて仕掛けを通す。穂先の真下付近を釣ったほうが流れの筋から外れにくい。仕掛けを上流に振り込んで正面で底付近に馴染ませてアタリを出す。エサが底付近を流れているかどうかは目印を見る。

 オモリとエサが底付近の流れに馴染むと、目印が表層の流れよりもゆっくりと流れる。川の流れは表層ほど速く、底層ほどゆるやかだ。目印がサーッと素早く流れてしまう場合は、底流れをとらえていない。ここでオモリ選びが重要になる。仕掛けが底に馴染むまでオモリを重くするのだが、根掛かりが頻発するオモリでは重すぎる。仕掛けの太さもまたオモリを選ぶうえで考慮したい要素だ。イトが太いほど水切り抵抗が強いため重いオモリが必要だ。

 ヤマメは基本的に流下するエサを食べるといわれる。川底に落ちているエサを吸い込むようなことはない。理想のアタリは目印が止まりモゾモゾと震えるような感じで出る。これは魚の正面にエサが流れ、違和感なくくわえた証拠である。鋭くツンと引き込まれたり、スーッと横にずれるアタリは、渓魚の定位する筋からエサが外れて流れている。よって食い込みが悪くフッキングしにくい。

050-055keiryu-nyumon_cs6 (5)g
エサをしっかりと食い込んでいる理想的なアタリパターン 050-055keiryu-nyumon_cs6 (5)a
050-055keiryu-nyumon_cs6 (5)b
050-055keiryu-nyumon_cs6 (5)c
掛かりにくい悪いアタリのパターン 050-055keiryu-nyumon_cs6 (5)d
050-055keiryu-nyumon_cs6 (5)e
大もののアタリ 050-055keiryu-nyumon_cs6 (5)f
050-055keiryu-nyumon_cs6 (6)_1 ヤマメやアマゴはサオの弾力をしっかりと効かせていれば浮いてくる

 アワセ方はサオを真上に抜くような感じで行なう。使うエサによってもアワセのタイミングは違う。川虫などの小さいエサであれば即アワセ、キヂのように大きめのエサを使う場合は一拍置いてから合わせるとよいだろう。

 掛かった魚は重みや引きでサイズを測る。魚が暴れないようにするには上流側にサオを倒して思いきり絞り込む。抜けると判断できるならポイントを荒らさないためにもすぐさま抜き上げたほうがよい。大型魚であれば緩い流れに導いて取る。

050-055keiryu-nyumon_cs6 (2)_1 多くの渓流ファンはこの艶やかな魚体に魅せられる

渓流釣り入門 050-055keiryu-nyumon_cs6 (20) 渓流・アユ釣りの聖地と呼ばれる長良川水系をホームグラウンドにするエキスパートの著者が、渓流釣りに必要なノウハウを基礎からひとつひとつていねいに解説。また「釣れるチカラ」の基礎が身につくDVD では、仕掛け作りに必須となる結び等を収録。初心者がもっとも苦手とする部分を動画収録することで、完全無欠の入門書に仕上がっています。

価格:本体1800 円+ 税
著者:白滝治郎
A5 判並製160 ページ・DVD 付き












2018/3/7

つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…

最新号 2019年4月号

特集は『渓流釣りなんでもQ&A』。これから始めたい入門者から、もう一歩上へのステップアップを果たしたい中級者まで、今号は、みんなに役立つ「渓流釣り」の悩み解決を大特集。宝石のようなヤマメやイワナが、いよいよ動きだす季節。楽しき渓流ワールドへ、読んでスッキリの回答で案内。
そのほか、岩手県・岩洞湖のワカサギ釣り、これから好機を迎える投げ釣りでねらうカレイ、へっぽこ編集部員が名手に弟子入りするタナゴ釣り道場など旬の釣りをお伝え。今号から短期で連載がスタートする「池の水ぜんぶ“は”は抜くな!」も必見。第1回は池田清彦先生に外来種問題の現在を聞いた。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中