編集部2020年10月22日

相模湾をきれいに! WE LOVE FISHINGマナーも腕のうちキャンペーン始動!(協力:JT)

月刊つり人ブログ PICKUP NEWS

2020年から釣り関連施設様(釣具店、船宿、管理釣り場など)を対象に開始し、ご好評をいただいた、つり人社の「オリジナルスタンド灰皿・無償提供」キャンペーン。今回、新たに「相模湾エリア(神奈川県)」を対象として、さらなる釣りマナー向上キャンペーンを実施することにいたしました。目印はこのポスター。ぜひご注目ください。

みんなで守ろう相模湾の恵み!
釣り人にうれしいオリジナルマナーグッズを配布


2020年から釣り関連施設様(釣具店、船宿、管理釣り場など)を対象に開始し、ご好評をいただいた、つり人社の「オリジナルスタンド灰皿・無償提供」キャンペーン。今回、新たに「相模湾エリア(神奈川県)」を対象として、さらなる釣りマナー向上キャンペーンを実施することにいたしました。目印はこのポスター。ぜひご注目ください。

このポスターが目印!

poster-saisyu
 西に真鶴半島、東に三浦半島、中央には人気の湘南エリアを擁し、豊かな自然と釣り場が広がる相模湾。船で沖に出れば、キハダ、マダイ、アジ、イナダ、ワラサ、ヒラメ、アマダイ、カワハギ、アオリイカなど、四季折々の魚たちが迎えてくれ、そのほかにも、穏やかな内湾で楽しめるレンタルボートやカヤックの釣り、砂浜でのサーフキャスティングゲーム、磯からのウキフカセ釣り、河口域のシーバスフィッシング、堤防のサビキ釣り、さらには海上釣り堀など、実に多彩な釣りが私たちを楽しませてくれます。

 新型コロナという大波を経て、新しい生活様式が求められる中で、三密を避けられるレジャーとしての釣りは、今まで以上に多くの人から注目されています。それだけに、こうした豊かさを将来も保つには、釣りファン一人一人のマナーや環境に対する配慮が欠かせません。

 今回、つり人社では、年初に実施してご好評をいただいた「オリジナルスタンド灰皿」の無償提供キャンペーンに続き、さらなる釣り場マナーの向上促進企画として、「WE LOVE FISHING マナーも腕のうちキャンペーン」(協力:JT)を実施することにしました。

 11月上旬より、相模湾エリアの釣り関連施設様(釣具店、船宿、管理釣り場など)、商工会、飲食店、地域団体などに、『マナーも腕のうち』のポスターを配布。あわせて、来店者様・来場者様にオリジナルデザインの「携帯灰皿」や、「防臭素材ゴミ袋(BOS製)」を無料配布します。ぜひご注目ください。
(※ポスター、携帯灰皿、防臭素材ゴミ袋はいずれも数に限りがございます。配布数がなくなりしだい終了となりますので、あらかじめご了承ください)

Item1/オリジナル携帯灰皿

ボタンのある表面には「マナーも腕のうち」のキャンペーンロゴ、裏面にも「WE LOVE SAGAMI/WE LOVE FISHING」の英ロゴをあしらった、おしゃれな携帯用灰皿です。丈夫な素材を使用していますので、中身を所定の灰皿に捨てていただくことで、繰り返し使用できます。

keitaihaizara-saisyua
表面:携帯灰皿のサイズはタテ79mm×ヨコ68mm

keitaihaizara-saisyub
裏面:英ロゴに加えてキハダが泳ぐ釣り心をくすぐるデザイン

Item2/防臭素材ゴミ袋(BOS製)

驚異的な防臭力を有する高機能素材「BOS(ボス)」を使ったゴミ袋です。LLサイズ(35×50㎝)が2枚入っており、袋の口をしっかりねじって閉めれば、使い残しのエサや魚をさばいたあとの生ゴミの嫌な臭いが外に漏れません。ご家庭でも喜ばれること請け合いです。

b-1-2
オリジナルデザインのパッケージに2枚入り。袋の色は白(写真はたたんだ状態)

gomibukuro-saisyu-2
家庭用に普及し始めているBOSは、釣り人にも注目の新素材です

私たちも参加します!

平塚港「庄三郎丸」様、相模原市「相模屋」様など、神奈川県内の釣り関連施設様から、さっそく「いいですね!」とご賛同の声をいただいています。夏の暑さが一段落する秋は釣りにもいい季節。お出かけ先でぜひポスターをチェックしてみてください。なお、オリジナルマナーグッズについては、配布数に限りがございます。なくなりしだい終了となりますので、あらかじめご了承ください。

IMG_0254
平塚港「庄三郎丸」様

IMG_0181
相模原市「相模屋」様

01-1-DSC05807
前回のキャンペーンでご好評をいただいた、オリジナルスタンド灰皿。お蔭様で複数の釣り関連施設様に設置いただきました

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。