編集部2020年5月20日

ルアーパラダイス九州TV最新話、AbemaTV釣りチャンネルにて5月20日(水)夜21時00分放送

釣り番組 ルアーパラダイス九州

AbemaTV釣りチャンネルにて毎週水曜夜21時00分から絶賛放送中の『ルアーパラダイス九州TV』! 5月20日(水)放送は、川上英佑さん、柘植学さん出演の『長崎県平戸のエギング』と植田マスオさん出演の『串木野沖のタイラバ』との2本立てでお送りします!

『長崎県平戸のエギング』と『串木野沖のタイラバ』との2本立て

ルアパラ九州=文

 AbemaTV釣りチャンネルにて毎週水曜夜21時00分から絶賛放送中の『ルアーパラダイス九州TV』! 5月20日(水)放送は、川上英佑さん、柘植学さん出演の『長崎県平戸のエギング』と植田マスオさん出演の『串木野沖のタイラバ』との2本立てでお送りします!

見逃しが心配な方には視聴予約が便利です。AbemaTV釣りチャンネルの番組表で番組名をタップし、「通知を受け取る」を選択してください。放送開始前にスマートフォン/タブレットに通知が届きます。

◆視聴予約はこちら
長崎県平戸のエギング

串木野沖のタイラバ


21時00分より
出演:川上英佑(かわかみえいすけ)、柘植学(つげまなぶ)
ロケ地:長崎県平戸市宮ノ浦・高島〜平戸島南部一帯
ターゲット:アオリイカ(エギング)

内容:長崎県平戸市宮ノ浦から瀬渡し船で高島へ渡り、早春のエギングを楽しんだのは福岡県在住の柘植学さんと神奈川県在住の川上英佑さん。アオリイカは春から初夏にかけて段々と上向いていくため、今後を占う釣りに位置づけられた。
 2人は本土との水道に面した潮どおしのよい漁港の入口を入念に探る。潮は沖へ払い出しながらも複雑な流れに揉まれており、餌木の操作に技術を要する局面であったが、反転流のなかへ餌木を差し込ませていった柘植さんが殊勲の1パイをキャッチした。海面に姿を見せた1㎏近くある良型に、「これからひと潮ごとに大きくなりますね」と明るい兆しも見て取った。
 ロケ日はベイトっ気のないタフコンディションの1日だったが、川上さんも小さいながら本命をキャッチし、2人して釣果が得られたことに安堵の笑みを浮かべていた。



01-27
透きとおる海を高所から見ると海底のようすがはっきりとわかる。海藻が生えている場所など、イカが好みきそうなポイントを把握し、きちんと攻めていくことが大切だ


21時30分より
出演:植田マスオ(うえだますお)、入部陽介(いりべようすけ)、上田祐二(うえだゆうじ)、菅村正仁(すがむらまさひと)、谷口義人(たにぐちよしと)、平田俊也(ひらたしゅんや)、吉村大志(よしむらたいし)
ロケ地:東シナ海(鹿児島県いちき串木野市串木野港出船)
ターゲット:マダイ(タイラバ)

内容:釣り場となった鹿児島県北西部のいちき串木野市沖の水深は、およそ50〜60m。それほど深くなく、かと言って浅いわけでもないため、選択肢の観点からはいろいろな戦術が出てくる。だが、釣り始めは極端にアタリが出ない、いわゆる食い渋りの時間帯が続いた。そこで、亜海丸に乗船したマスオさんをリーダーとする7人の釣り人は、各々の手法を繰り出すことに。鍵となったのは潮の流れの変化を見逃さない観察力と順応力だった。結果的に7人はみんなでマダイをキャッチし、全員安打で気持ちよく釣りを満喫した。


01_DSC9092
釣りの中盤には何が有効か見失ったマスオさんだったが、終盤にこうして釣果に到達し、いつもの笑顔を見せてくれた

◆AbemaTV釣りチャンネルの「ルアーパラダイス九州TV特設ページ」はこちら! 過去の放送もAbemaTVビデオで見ることができます
https://abema.tv/video/title/236-4

九州のルアーフィッシングを発信する地域密着型釣り雑誌『ルアーパラダイス九州
ルアーパラダイスKyushu 2020年初夏号(NO.36)好評発売中!
lurepara34
春のタイラバを大特集! 
手軽にチャレンジできるのがタイラバのよさだが、タイラバはシンプルな釣りだからこそ、要点を押さえていないと攻め手を見失ってしまう。タイラバで大切にしたいのは、巻きを極める意識、そして潮流に応じた戦術で、そこから巻き上げレンジ、巻き上げスピード、ライン角度の3要素を絞っていくと突破口が見えてくる!
そのほか、ヒラマサ、ブリ、ヒラスズキ、マダイ、イサキ、シーバスなど厳寒期を抜けて水温上昇期に転じた九州のショアを熱くするエキサイティングなショアゲームをピックアップ!


◆オフィシャルFacebookはこちら

 

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。