編集部2020年6月3日

ルアーパラダイス九州TV最新話、AbemaTV釣りチャンネルにて6月3日(水)夜21時00分放送

釣り番組 ルアーパラダイス九州

AbemaTV釣りチャンネルにて毎週水曜夜21時00分から絶賛放送中の『ルアーパラダイス九州TV』! 6月3日(水)放送は、萩原徹さん出演の『長崎県野母崎沖のS・L・J』と村上祥悟さん出演の『北九州市のチヌゲーム』との2本立てでお送りします!

『長崎県野母崎沖のS・L・J』と『北九州市のチヌゲーム』の2本立て

ルアパラ九州=文

 AbemaTV釣りチャンネルにて毎週水曜夜21時00分から絶賛放送中の『ルアーパラダイス九州TV』! 6月3日(水)放送は、萩原徹さん出演の『長崎県野母崎沖のS・L・J』と村上祥悟さん出演の『北九州市のチヌゲーム』との2本立てでお送りします!

見逃しが心配な方には視聴予約が便利です。AbemaTV釣りチャンネルの番組表で番組名をタップし、「通知を受け取る」を選択してください。放送開始前にスマートフォン/タブレットに通知が届きます。

◆視聴予約はこちら
長崎県野母崎沖のS・L・J

北九州市のチヌゲーム


21時00分より
出演:萩原徹(はぎはらとおる)
ロケ地:長崎県野母崎沖
ターゲット:イサキ、根魚

内容:手にしたのはなんと11魚種。2019年7月放送の野母崎沖SLJの実釣内容に、今回新たにDUOスタッフによる最新のジグ解説を収めた傑作選で構成。
 実釣編は、多魚種に彩られる九州の夏の近海を舞台にしたスーパーライトジギング。
 この釣りは通称SLJと呼ばれ、近海の比較的に浅い水深における多魚種ゲームに抜群の相性を誇る近年急速に発展しているジャンルだ。
 ロケでは長崎県野母半島沖の世界遺産・端島(軍艦島)を間近に眺めつつ、いろいろな魚をキャッチするなかで、色合わせやアクションなど、手軽な釣りのコツが紹介されていく。さらに、新たに撮影されたDUOスタッフによる最新ジグの解説も見応えがあり、今後の釣行の参考にできる。




122-a
イサキはSLJの主役とも言えるターゲット。初夏のイサキはとても美味で大人気だ


21時30分より
出演:村上祥悟(むらかみしょうご)
ロケ地:福岡県北九州市洞海湾
ターゲット:クロダイ

内容:福岡県北九州市の洞海湾でクロダイルアーに挑んだのは大分県在住の村上祥悟さん。大分県にもクロダイは多いが、大都市のなかで行なう釣りに関心を持ち、3月下旬というクロダイを釣るにはまだ厳しい季節ながら、しかもデイゲームで挑戦した。
 リグはジグヘッド+ワームのボトムリグで、底にコンタクトしながらしっかりとクロダイにアプローチ。歩いては打ち返しながら誘いをかけていった。
 釣りのヒントはシャローエリアのゴロタ周りに見えたたくさんのカニ。これがベイトと見立て、底を転がすようにリグを操作し、探っていった。特に、橋脚などのストラクチャー周りは念入りにキャスト。しかし、この日は雨が降り続き、水温も低下するという過酷とも言える悪条件だった。だが、突然その時が訪れる。クロダイ特有のコン!と手元に響く金属的な硬いアタリに見舞われた。フッキングも決まり、クロダイの強い引きをうまくしのいで40㎝級のキャッチに成功した。この一帯は、浅瀬に居着いた黒々とした体色のクロダイが多いが、村上さんがキャッチしたのは、沖で見るようなきれいな模様の個体だった。



01-30
ロケ地となった洞海湾。一帯はあまり深さもなく、底は砂地メイン。岩がところどころあり、そこがストラクチャーとなってクロダイが付いている

◆AbemaTV釣りチャンネルの「ルアーパラダイス九州TV特設ページ」はこちら! 過去の放送もAbemaTVビデオで見ることができます
https://abema.tv/video/title/236-4

九州のルアーフィッシングを発信する地域密着型釣り雑誌『ルアーパラダイス九州
ルアーパラダイスKyushu 2020年初夏号(NO.36)好評発売中!
lurepara34
春のタイラバを大特集! 
手軽にチャレンジできるのがタイラバのよさだが、タイラバはシンプルな釣りだからこそ、要点を押さえていないと攻め手を見失ってしまう。タイラバで大切にしたいのは、巻きを極める意識、そして潮流に応じた戦術で、そこから巻き上げレンジ、巻き上げスピード、ライン角度の3要素を絞っていくと突破口が見えてくる!
そのほか、ヒラマサ、ブリ、ヒラスズキ、マダイ、イサキ、シーバスなど厳寒期を抜けて水温上昇期に転じた九州のショアを熱くするエキサイティングなショアゲームをピックアップ!


◆オフィシャルFacebookはこちら

 

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。