編集部2020年9月2日

ルアーパラダイス九州TV最新話、AbemaTV釣りチャンネルにて9月2日(水)夜21時00分放送

釣り番組 ルアーパラダイス九州

AbemaTV釣りチャンネルにて毎週水曜夜21時00分から絶賛放送中の『ルアーパラダイス九州TV』! 9月2日(水)放送は、岡公一郎さん、SHUNさん出演の『五島列島ヒラマサゲーム』と植田マスオさん、山﨑泰史さんら出演の『長崎県角力灘のタイラバ』との2本立てでお送りします!

『五島列島ヒラマサゲーム』と『長崎県角力灘のタイラバ』との2本立て

ルアパラ九州=文

 AbemaTV釣りチャンネルにて毎週水曜夜21時00分から絶賛放送中の『ルアーパラダイス九州TV』! 9月2日(水)放送は、岡公一郎さん、SHUNさん出演の『五島列島ヒラマサゲーム』と植田マスオさん、山﨑泰史さんら出演の『長崎県角力灘のタイラバ』との2本立てでお送りします!

見逃しが心配な方には視聴予約が便利です。AbemaTV釣りチャンネルの番組表で番組名をタップし、「通知を受け取る」を選択してください。放送開始前にスマートフォン/タブレットに通知が届きます。

◆視聴予約はこちら
五島列島ヒラマサゲーム

長崎県角力灘のタイラバ


21時00分より
出演:岡公一郎(おかともいちろう)、SHUN(シュン)
ロケ地:長崎県上五島野崎島
ターゲット:ヒラマサ

内容:ショアのヒラマサプラッギングは狭き門。上五島の沖磯で勝負をかけたのは、岡公一郎さんとSHUNさんコンビだ。ヒラマサは夏になると釣れるサイズに大小のムラが出る。同時に、ヒラマサが食うエサにもキビナゴからペンペンシイラまでサイズムラが出る時期だ。大型のエサを食っているヒラマサがヒットすればサイズも期待できる。希望を胸にキャストを続けていると、ベイトや潮など、条件が整っていまにも食いそうな緊張感が漂い、待望の瞬間が到来した。SHUNさんがヒットさせたヒラマサを取り込んだのを皮切りに岡さんも続き、ヤズを交えたバイトラッシュへと盛り上がっていった。



01-Aug-21-2020-09-00-46-83-AM
豪快な引きをロッドパワーでいなす。こんなスリリングなファイトを楽しめるのが上五島のポテンシャルだ


21時30分より
出演:植田マスオ(うえだますお)、山﨑泰史(やまざきたいじ)、藤永一(ふじながはじめ)、大石学(おおいしまなぶ)、大石キクミ(おおいしきくみ)、浦里英二(うらざとえいじ)船長
ロケ地:長崎県長崎市沖角力灘
ターゲット:マダイ

内容:水温が高く推移する夏から秋のマダイは、この魚ならではの雑食性が顕著に出る時期だ。エビやカニの甲殻類やタコやイソギンチャクなどを食うケースが増え、そうした個体は底層中心に位置する。一方、イワシなどの小魚を食っている個体は下層から中層までに照準を合わせるのが要領のよい組み立てである。長崎県西彼杵半島の西に広がる角力灘を舞台に、植田マスオさんや山﨑泰史さんらは、ベイトとスピニングのタックルを使い分けながら、手分けして使うタイラバの重さやアタるレンジ、巻きスピードを探り、やがてヒットパターンを見つけ出した。



01-Aug-14-2020-09-24-17-46-AM
本命のマダイ特有の引きに嬉しそうな植田さん。「やっぱ完全に底を意識してるわ」と夏のセオリーに沿って的中させた

◆AbemaTV釣りチャンネルの「ルアーパラダイス九州TV特設ページ」はこちら! 過去の放送もAbemaTVビデオで見ることができます
https://abema.tv/video/title/236-4

九州のルアーフィッシングを発信する地域密着型釣り雑誌『ルアーパラダイス九州
ルアーパラダイスKyushu 2020年盛夏号(NO.37)好評発売中!
9784864475327
特集は「ハンドメイド&アレンジマニュアル 自宅でTRY! セルフビルド!!」
エギングに使う餌木を自作するにはどういうプロセスを踏めばよいか。ライギョに使うフロッグは、買ってきただけでは使えず、自分でチューニングするのが大前提だ。してそのチューニング方法は。じっくりとモノ作りに専念して自宅時間を充実させるハンドメイドプロセスのほか、タイラバやメタルジグのリペアやアレンジ術も紹介する。

そのほか、オフショアヒラマサキャスティングのパイオニアとして知られ、多忙を極める玄界灘の遊漁船サンライズ田代誠一郎船長のインタビュー。今後大注目のキジハタクランクの動き。シーズナルな視点で編集したポッパーの実力を知る。好評の秋丸美帆さんの連載。ダイワSFAほちこ&ゆかちりの手軽で楽しい夏のオフショアフルコースの模様など、九州の夏を釣りで満たす充実の1冊。


◆オフィシャルFacebookはこちら

 

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。