編集部2021年11月12日

『ABU for LIFE』発売記念POP UPイベントを開催!

月刊つり人ブログ PICKUP NEWS

『ABU for LIFE』の発売に合わせた11月19~20日(金土)の2日間、渋谷区神宮前にあります株式会社パドル様のスペースをお借りして、本の販売と限定アパレル商品の販売を行ないます。歴史をモノ語るカタログ展示などアブファンの集うイベントを用意してお待ちしております。


11月19~20日(金土)、渋谷区神宮前・株式会社パドル様にて


   ABU100周年を迎え、この度ファン待望の1冊が誕生しました!

『ABU for LIFE』 11月15日発売!
9784864476133


 本誌では世界のリール史に刻まれた数々に名機の強い思い入れを抱くアブフリークはもちろん、新たに味わいあふれるフィッシングライフをおくりたいすべてアングラーにアブとともに歩むフィッシングライフの楽しみ方を新提案。

 アブとの付き合い方、アブ鑑定術、古アブ購入&メンテナンスガイド、アブのあるフィッシングライフ……など、この1冊からさらなる世界が広がります。

 この発売に合わせた11月19~20日(金土)の2日間、渋谷区神宮前にあります株式会社パドル様のスペースをお借りして、本の販売と限定アパレル商品の販売を行ないます。

 また、販売以外にもアンバサダーの展示、abugariciaの歴史をモノ語るカタログ展示などアブファンの集うイベントを用意してお待ちしております。

開催日時:
2021年11月19日(金)15:00~20:00※最終入場19:30
2021年11月20日(土)12:00~18:00※最終入場17:30

開催場所:
東京都渋谷区神宮前2-21-14-B1F
※会場は地下となります。

販売商品:

Ambassadeur 6500 CDL 展開図 print Big TEE

DSC_1661DSC_1677DSC_1677a
100周年限定リリースのアンバサダー6500CDLの展開図をプリントしたビックシルエットTシャツ
Color:White.Black
Size:S.M.L
販売価格 5,500円

     

1954 Ambassadeur Ad Hoodie

DSC_1664
DSC_1679DSC_1664a
スウエーデン工場に保管されていた1954年のアンバサダー広告のグラフィックをプリントしたフ―ディー
Color:Black,Mix Grey
Size:M.L.XL
販売価格 11,000円

     

Tight Line 71 Jubilee Year Print Long Sleeve T

DSC_1667
DSC_1667DSC_1667-1
今からちょうど50年前の1971年に刊行されたABUカタログTight Linesの表紙をプリントした長袖Tシャツ
Color:White.Mix Grey
Size:M.L.XL
販売価格 6,600円

     

1954 Ambassadeur Ad Tote

DSC_1656
DSC_1658
スウエーデン工場に保管されていたアンバサダー広告のグラフィックをプリントしたトートバック
Color:Natural.Camel
Size:Free
販売価格 3,300円

『ABU for LIFE』 11月15日発売!

abu-banner

 世界のリール史に刻まれた数々に名機の強い思い入れを抱くアブフリークはもちろん、新たに味わいあふれるフィッシングライフをおくりたいすべてアングラーにアブとともに歩むフィッシングライフの楽しみ方を新提案。アブとの付き合い方、アブ鑑定術、古アブ購入&メンテナンスガイド、アブとともに楽しむ極上のフィッシングライフ……など、この1冊からさらなる世界が広がります。

定価:1,980円(税込)
A4変型判132ページ

CONTENTS

005 「ABU100年史」 写真と文=立原資朗

018 「アンバサダー兄弟の絆」 文=堀田昌寛
   ブレることなく釣りに熱中していた兄の存在が今の自分を形づくったと思う
CS-001-ABUforLIFE

026 「アンバサダーを作る、そしてライギョを釣る」 写真と文=伊藤巧
   珠玉のカバーゲームを堪能するためフレーム&メインギアを強化する

032 「珠玉のOLD Ambassadeur コレクション」文=山中康嗣
   趣き深き丸型リールの世界

039 「本流のサクラマスはアンバサダーで釣る」 写真と文=伊藤巧
   強風時のフルキャストは太号柄PEラインが鍵

042 「ABUの伝道師 開高健を知っていますか?」 談=菊池治男 写真=高橋曻
   釣りザオをかついだ小説家を想う
CS-002-ABUforLIFE

048 「2500Cを主役に抜擢した渓流ベイトフィネスの仕掛人」 写真と文=手島浩志
   軽量ミノーが流れるように飛ぶ衝撃と感動、そして確信。
CS-003-ABUforLIFE

054 「もどかしさと格闘して喜ぶ」 写真と文=新名啓一郎
   SUPからバス用プラグを投げてシーバスとクロダイをねらう

058 「ゼロかイチの本流トラウト」 写真と文=伊藤巧
   すべては格好いいに帰着する こだわり丸型アンバサダーの愉しみ

066 「我が相棒ambassadeur2500C」 文=浅野学
   初任給で手に入れた黒の2500Cは今なお現役

074 「素晴らしきカーディナルの世界」 写真と文=荒川大悟
   33&3、そして44&4。オリジナルカーディナルを味わう。
CS-004-ABUforLIFE

080 「夢追い人と50シリーズ。」 写真と文=宇野章則
   80年代の大鱒釣りを牽引したアウトスプールを、本波幸一が語る。

082 「機能美に昂る、熱狂のカーディナルカスタム。」
   パーツの換装でパフォーマンスをブースト。手軽にカスタムを楽しもう。

083 「我流カーディナルC3。」 文=羽田幸史
085 「かっこいいリールを作りたい」、その衝動から誕生したWCS。 写真と文=宇野章則
087 「素晴らしい釣りになりますように」、モノに命を吹き込むNSクラフト。 写真と文=宇野章則

089 「日本生まれの『クラシック』カーディナル。」 写真と文=宇野章則 取材協力=金澤慶浩

090 「カーディナルチューンの極北。」写真と文=宇野章則
   このスムーズな巻き心地、別次元。パワーズファクトリーの究極チューンナップ。

092 「ABUが生んだ傑作スプーン。」 写真と文=宇野章則 取材協力=齋藤進
   トビー、ウトー、フラミンゴ。オールドスプーンの輝きに見惚れる。

096 「待望のAmbassadeur CDL 100th Anniversary」
   山型プレートが金に映える左右6モデルのラインナップ

097 「実用的サムバーモデルAmbassadeur 5600/6600CA FACTORY TUNED」
   駆動系の軸すべてにボールベアリング搭載

098 「特別なAmbassadeur 2500C」
   渓流で使ってみたい軽量モデルの進化型

099 「Ambassadeur チューニング術 For Beginners」実演=友森茂

106 「クリスマス島の巨大ロウニンアジ」 写真と文=丸橋英三
   Ambassadeur7000と日本人初のIGFA世界記録樹立

112 「日本で活躍した名機たち」 写真と文=立原資朗
   80年代前半から90年代にリールは劇的に進化した

116 「僕らをアンバサダーへと導いた矢口高雄と釣りキチ三平」 文=伊藤巧
   巨大イトウとの激しい攻防は少年たちの脳裏に焼き付いた
CS-005-ABUforLIFE

120 「HOW TO OLD Ambassadeur」 写真と文=山中康嗣
   古アブライフを楽しむために知っておくべき知識と注意事項

127 「Cクリップの溝があるAmbassadeur6500C-BigA FN/067200」 文=山中康嗣
   レアなアンバサダーはパーツの整合性を確認

128 「今日から始める日常メンテナンス」実演=山中康嗣



おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。