編集部2022年5月11日

『ルアーパラダイスKyushu 2022年初夏号(NO.48)』 5月12日発売!

月刊つり人ブログ ルアーパラダイス九州

潮の動きや複雑な地形によってさまざまなフィッシュイーターを呼び寄せる磯をルアーで攻略する際、どこに着目しておくべきかを次の4視点で迫る。

特集 磯ルアーを成功させる4視点

maxresdefaulta

定価:1,100円(税込)
出版年度:2022
A4変型判132ページ

風、潮、地形、流れ、ベイト、エリア、タックル、ターゲットを4つの視点から考える。
潮の動きや複雑な地形によってさまざまなフィッシュイーターを呼び寄せる磯をルアーで攻略する際、どこに着目しておくべきかを次の4視点で迫る。

#1 エリアとタックルとターゲットの適正化
#2 軽視できないカラーローテの妙
#3 磯のポテンシャルを引き出す
#4 流れと地形とベイトポジションへの意識

The Vision
〜2つのボートシーバスゲーム〜
本州と九州を繋ぐ北九州の関門海峡は、コノシロパターンのショアシーバスで名を馳せるエリア。しかし、ボートゲームはこれまでほとんどスポットを浴びることがなかった。ところが、取材してみると非常に高いゲーム性を秘めていた。
一方、ヒラスズキはシケがつきものだが、凪でもボートからアプローチして釣られてくれるゲーム船が鹿児島県串木野市に登場した。
関門海峡と鹿児島県串木野の2つのボートシーバスゲームの魅力を追った。

エギング四天王のひとり、重見典宏さんが本誌初登場。
端的に語られる重見さんの言葉には、長い年月をかけて培われた彼のエギングスタイルを読み取ることができた。してその言葉を傍らで聞いていたエギング3回目のアングラーが人生2ハイ目のアオリイカをキャッチしたが、なんとそれが2.7kg超えだった。

オフショアジギングでいまジワジワと注目されているのが〝セミロングジグ〟。セミロングジグの特徴とポテンシャルを探った。

常設のグッズぎょ〜かいは、サイレントアサシン業界と題してシマノがリリースするシーバスど定番ミノーのサイレントアサシンを、もちろん使い分けを含めてピックアップ。

連載陣は、みっぴが渓流のヤマメ、津留崎義孝さんが北大東島をソースに遠征、植田マスオさんはタイラバで最後に繰り出す必殺技(Ⅰ)について取り上げている。

ルアーパラダイスKyushu 2022年初夏号(NO.48)
4864476233


楽天ブックスでのご注文はこちら!
ヨドバシ.comでのご注文はこちら!

コンテンツ

CS-001-lurepara48
CS-002-lurepara48
CS-003-lurepara48
CS-004-lurepara48
CS-005-lurepara48
【ピックアップ】
009 アイテムキャプチャ スペクトラ®ロックトレックPFD
011 フクオカキャプチャ パタゴニア新店OPEN

【特集】
078 磯ルアーを成功させる4視点
風、潮、地形、流れ、ベイト、エリア、タックル、ターゲットを 4つの視点から考える。
080 #1 エリアとタックルとターゲットの適正化
086 #2 軽視できないカラーローテの妙
090 #3 磯のポテンシャルを引き出す
094 #4 流れと地形とベイトポジションへの意識

【特別企画】The Vision
〜2つのボートシーバスゲーム〜
048 海峡の潮流と明暗とこの魚の真実
056 凪でも釣れるボートヒラスズキ

【ショア】
012 本誌初登場! 重見典宏 エギングの言霊
018 春でも粘らずラン&ガン
022 今夜、橋脚明暗オンリー
028 離島のゴロタとシャローに潜むドラマ
032 万能アプローチで大型カマス奪取

【渓流】
036 トラウト解禁時の二択
036 みっぴのちかっぱ釣っとんしゃ〜 第14回

【オフショア】
060 悩めるマイクロベイト春マサの処方箋
066 平政ハイ&ロー
110 セミロングジグの特徴と可能性

【連載】
070 マスオD・T・I タイラバ基本のキ(8)
074 連載 津留崎義孝 第14回 現在の青ものジギング
116 コツコツ積み上げるショアヒラマサ その11
119 102zip #14 福岡近郊転ばぬ先の船釣りワンポイント4回 新サザンウインドぅ#4
120 軟体娯楽 14
121 対馬専科 13
122 9stride #14  バス釣り、あの頃14
123 いま、気になる人13 上園歩美
124 Tuber File 14

【常設】
099 グッズぎょ〜かい14 〜サイレントアサシン〜
104【ルアパラTVダイジェスト】
115 コミコミPress
125 読者プレゼント
127 読者アンケート&プレゼント応募
129 知っトクと得するルアーフィッシングのアレコレ
130 奥付

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。