編集部2021年5月15日

ルアーパラダイス九州TV 「玄界灘のスーパーライトジギング」5月22日(土)放送!

釣り番組 ルアーパラダイス九州

TVQ九州放送(毎週土曜朝5時30分)とAbemaTV(毎週水曜夜21時)より放送中のルアーパラダイス九州TV! ルアーフィッシングのパラダイス・九州に密着した釣り番組です。

TVQ九州放送にて5月22日(土)6時00分より放送。出演:村上晴彦

ルアパラ九州=文

 TVQ九州放送(毎週土曜朝5時30分)とAbemaTV釣りチャンネル(毎週水曜夜21時)より放送中のルアーパラダイス九州TV! ルアーフィッシングのパラダイス・九州に密着した釣り番組です。

「玄界灘のスーパーライトジギング」



放送日時:2021年5月22日(土)6時00分より
※番組編成上の都合で30分繰り下げになっています。
出演:村上晴彦(むらかみはるひこ)
ロケ地:福岡市沖玄界灘
ターゲット:根魚ほか

通称SLJ、スーパーライトジギングは人気沸騰の要注目ジャンル。海域は主に20〜40mの浅場だが、状況によってはそれよりも深い海域も釣るため、ジグやタックルもそれに備えていたほうが釣りは充実する。この釣りの魅力は、手軽なのに釣果も魚種も期待が大きいところだ。必見は村上晴彦さんの読みが光るアプローチだった。誘いの強弱、流す長さ、ライン角度など、一見単調な動作の繰り返しに映るSLJの誘いだが、釣れないときほど細かな変化を加えることがヒットの確率の向上につながる。定番の根魚のほか、どうにも止まらないヒラマサにも襲われた村上さんは「このサイズもくるから重いジグやそれに適したタックルも用意しといたほうがエエね」と玄界灘の魅力を語っていた。



01-S__30408743
プリップリのキジハタをキャッチ


02-6-1
鳴り響くドラグ音。回収中のジグを手に追えない魚が襲ってくる。これが玄界灘だ


03-S__30408717
クエの多い海域で、的中させた。まだ大きくなってほしいサイズやね、と即リリース

04-S__30408721
いいサイズヒット。カサゴもSLJのターゲット

05-S__30408726
キジハタはSLJの定番ターゲット。小型や持ち帰る必要のない個体は積極的にリリースする


インターネットテレビ局「AbemaTV」でも放送!!


今回の放送内容はインターネットテレビ局「AbemaTV」の釣りチャンネルでも放送予定です。
九州以外の地域にお住まいの方にもご覧いただくことができます!

5月12日(水)21時00分より
「玄界灘のスーパーライトジギング」放送

◆AbemaTV釣りチャンネルの「ルアーパラダイス九州TV特設ページ」はこちら! 過去の放送もAbemaTVビデオで見ることができます
https://abema.tv/video/title/236-4




「教えて!後藤店長!」の質問も大募集!

応募方法
番組では後藤店長への質問を募集しています。質問内容は釣りに関するものなら何でもOK!
メールの件名は「教えて!後藤店長!」とし、お名前(ペンネーム可)・年齢・性別・ご住所(県名・市町村のみ)を書いてお送りください。 お待ちしています!
gotou-banner

「ルアーパラダイス九州TV」とは


 九州のルアー釣りの専門番組、『ルアーパラダイス九州TV』!本誌と同じく九州の海、川、湖をルアーで攻略がコンセプト。おなじみの多彩なアングラーが躍動します!文章では伝わりにくい臨場感やルアーの動き、ロッドワークを視てください。丁寧な解説、意外な肉声、思わず漏れる本音、感動の叫びを聴いてください。誌面の味わいとはまた異なるTVならではのルアパラをお見逃しなく!

前回放送、「上五島エリアのヒラマサジギング」はこちら
01_DSC9160
九州のルアーフィッシングを発信する地域密着型釣り雑誌『ルアーパラダイス九州
ルアーパラダイスKyushu 2021年初夏号(NO.42) 好評発売中!
2LAPR_keiryo_-3a

特集1は、橋で全島つながった鹿児島県薩摩川内市沖に浮かぶ甑島の釣り場を総力取材したほか甑島を代表する大人気魚種のスジアラに効くプラグをピックアップ。 特集2のSLJはこれからおすすめのお手軽ジャンルでありながら、高級魚もキャッチできる強みがある。なかでもアマダイはSLJによるアプローチが確立しようとしている。大分県の豊後水道、長崎県の対馬沖、北九州沖の響灘での動きとアプローチに迫った。
特集3は年々注目度が増すキャンピングカーについて、軽キャンピングカーの元祖と呼ばれる「テントムシ」を製造する鹿児島県のガレージを取材し、初めての1台、釣り向きの1台のほか、維持の面での普通車との違いなどを取材した。


◆オフィシャルFacebookはこちら



おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。